サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

「e-hon」キャンペーン 本の購入でe-honポイントが4%もらえる ~7/31

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 社会・時事・政治・行政の通販
  4. 社会・時事の通販
  5. 合同フォレストの通販
  6. 実践!復興まちづくり 陸前高田・長洞元気村復興の闘いと支援2011〜2017の通販

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/10/20
  • 出版社: 合同フォレスト
  • サイズ:21cm/231p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7726-6096-9

紙の本

実践!復興まちづくり 陸前高田・長洞元気村復興の闘いと支援2011〜2017

著者 復興まちづくり研究所 (編)

陸前高田市長洞集落は、被災者がまとまって住める仮設住宅団地・長洞元気村を実現。被災者が主体となり、魅力的な地域づくりへと活動を発展させてきた。三陸地域の被災集落のトップラ...

もっと見る

実践!復興まちづくり 陸前高田・長洞元気村復興の闘いと支援2011〜2017

税込 1,980 18pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

陸前高田市長洞集落は、被災者がまとまって住める仮設住宅団地・長洞元気村を実現。被災者が主体となり、魅力的な地域づくりへと活動を発展させてきた。三陸地域の被災集落のトップランナーの闘いをまとめたドキュメント。【「TRC MARC」の商品解説】

これは津波で甚大な被害を被った長洞元気村復興のドキュメントだ!!
東日本大震災では、多くの仮設住宅が建設された。
しかし住まいを供与するだけでは、被災者は孤立した日々を送らざるをえない。
岩手県陸前高田市長洞集落は、被災者がまとまって住み、助け合い、復興に向けた話し合いを重ねることができる地域づくりを進めていた。
復興まちづくり研究所は、その活動を支援し、住民と連携して行政と交渉、被災者が分散しないで住める仮設住宅団地「長洞元気村」を実現させた。
このコミュニティ依存型の地域づくりは、NHK「週刊ニュース深読み」、朝日新聞などでも紹介され、復興まちづくりの先駆者として話題となる。【商品解説】

目次

  • 第1章 長洞元気村の誕生
  • 第2章 復興協議と高台移転
  • 第3章 なでしこ会と好齢ビジネス事業
  • 第4章 「なでしこ工房&番屋」の建設
  • 第5章 提言から復興まちづくりへ
  • 第6章 陸前高田市へのエール

著者紹介

復興まちづくり研究所

略歴
●濱田  甚三郎(はまだ・じんざぶろう)
 理事長/都市プランナー
 阪神・淡路大地震で神戸市に仮設住宅の代用としてコンテナハウスの活用を提案。「仮設市街地」の概念を生み出す。その後、東京都の震災復興マニュアルに「仮設市街地」の考え方を盛り込む。
●原 昭夫(はら・あきお)
 副理事長/自治体まちづくり研究所所長
●山谷 明(やまたに・あきら)
 理事(事務局長)/株式会社ETプランニング代表
●鳥山 千尋(とりやま・ちひろ)
 理事/まちづくりプランナー
●大熊 喜昌(おおくま・よしまさ)
 理事/都市プランナー
●江田 隆三(えだ・りゅうぞう)
 理事/株式会社地域計画連合代表取締役
●平野 正秀(ひらの・まさひで)
 理事/東京都都市整備局勤務(非常勤)
●戸羽 貢(とば・みつぐ)
 一般社団法人長洞元気村代表
●村上 誠二(むらかみ・せいじ)
 一般社団法人長洞元気村事務局長

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2021/06/23 16:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。