サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~2/28)

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~2/28)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

いとも優雅な意地悪の教本(集英社新書)
いとも優雅な意地悪の教本(集英社新書) いとも優雅な意地悪の教本(集英社新書) いとも優雅な意地悪の教本(集英社新書)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/09/15
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: 集英社新書
  • サイズ:18cm/228p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-08-720899-3
  • 国内送料無料
新書

紙の本

いとも優雅な意地悪の教本 (集英社新書)

著者 橋本治 (著)

意地悪とは、洗練を必要とする「知的かつ優雅な行為」。むきだしの悪意が蔓延する現代社会の処方箋を「みなが意地悪になること」だとする著者が、古今東西の例を挙げてその技術を具体...

もっと見る

いとも優雅な意地悪の教本 (集英社新書)

821(税込)

いとも優雅な意地悪の教本

734 (税込)

いとも優雅な意地悪の教本

ポイント :6pt / 紙の本より87おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

意地悪とは、洗練を必要とする「知的かつ優雅な行為」。むきだしの悪意が蔓延する現代社会の処方箋を「みなが意地悪になること」だとする著者が、古今東西の例を挙げてその技術を具体的に解説する。『すばる』連載に加筆修正。【「TRC MARC」の商品解説】

意地悪は洗練を必要とする知的かつ優雅な行為。だからこそ、むき出しの悪意が蔓延する現代日本への処方箋たりうる。夏目漱石からメリル・ストリープまで。古今東西の例から意地悪の効用と技術を解説。


【商品解説】

意地悪は洗練を必要とする知的かつ優雅な行為。だからこそ、むき出しの悪意が蔓延する現代日本への処方箋たりうる。夏目漱石からメリル・ストリープまで。古今東西の例から意地悪の効用と技術を解説。【本の内容】

著者紹介

橋本治

略歴
〈橋本治〉1948年東京生まれ。東京大学文学部国文科卒業。小説、評論、戯曲、エッセイと幅広く文筆活動を行う。「宗教なんかこわくない!」で新潮学芸賞、「蝶のゆくえ」で柴田錬三郎賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.6

評価内訳

紙の本

本当に意地悪

2017/11/20 13:10

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ヤマキヨ - この投稿者のレビュー一覧を見る

意地悪であるためにはソフィステイケーとされている必要がある。「バカ」とか「ブス」とか思ったことがそのまま口に出るのは、児戯に等しいことである。こんなことを筆者らしく自由気ままに1冊書き連ねたのが本書ではないか。結論をはっきり言わずに、婉曲な言い回しにしたり、例え話で話をそらしたりするのは、実に意地悪である。
意地悪であることはこんなエネルギーがいることなら、平々凡々とおとなしく生きていこうと思った一冊だった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

いったもん勝ち

2017/11/09 11:24

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:とめ - この投稿者のレビュー一覧を見る

「完全犯罪を計画するに人間は頭がいい以前に意地悪」と言っておきながら自分を意地悪だという作者。つまり、自称”天才”の他愛もない作品?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/09/24 21:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/12/02 10:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/01/28 13:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/02/11 11:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む