サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree ~今の気分で探す新しい本~ 第二弾 ポイント5倍キャンペーン(~6/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. エッセイ・自伝・ノンフィクション
  4. エッセイ
  5. 世界文化クリエイティブ
  6. 久米宏です。 ニュースステーションはザ・ベストテンだった

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

久米宏です。 ニュースステーションはザ・ベストテンだった
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 20件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/09/13
  • 出版社: 世界文化クリエイティブ
  • サイズ:19cm/337p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-418-17506-2
  • 国内送料無料

紙の本

久米宏です。 ニュースステーションはザ・ベストテンだった

著者 久米 宏 (著)

「土曜ワイドラジオTOKYO」「ぴったしカン・カン」「料理天国」「ザ・ベストテン」そして「ニュースステーション」…。テレビを変えた男・久米宏が、メディア人生50年の舞台裏...

もっと見る

久米宏です。 ニュースステーションはザ・ベストテンだった

1,728(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「土曜ワイドラジオTOKYO」「ぴったしカン・カン」「料理天国」「ザ・ベストテン」そして「ニュースステーション」…。テレビを変えた男・久米宏が、メディア人生50年の舞台裏を語り明かす。【「TRC MARC」の商品解説】

久米宏さん、初の書き下ろし自叙伝。TBS入社から50周年を迎える今年、メディアに生きた日々を振り返ります。入社試験の顛末から、病気に苦しんだ新人時代。永六輔さんに「拾われた」『土曜ワイドラジオTOKYO』、『ぴったし カン・カン』『ザ・ベストテン』『久米宏のTVスクランブル』『ニュースステーション』の18年半、『久米宏 ラジオなんですけど』の現在まで。久米宏の歴史=メディア史の意味もあり、時代の証言として、なによりも「ない番組」を切り開いてきた、一人の人間の成長物語として、読み応えのある1冊です。初日の惨敗からニュース番組の革命といわれるまでの『ニュースステーション』は、圧巻のドキュメント。伝説の番組は、時代の空気を鮮やかに甦らせます。【商品解説】

著者紹介

久米 宏

略歴
〈久米宏〉1944年埼玉県生まれ。TBSを退社後、フリーに。TBSラジオ「久米宏ラジオなんですけど」にレギュラー出演。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー20件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (7件)
  • 星 4 (8件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

30代中頃から、どストライク。

2017/12/12 18:07

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:こしがやさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

ニュースステーションを観ていた方だけなら、もう少し年齢幅は広がりますが、久米さんが出演(司会)されていた「ザ・ベストテン」「ぴったしカンカン」などの話題になってくると、タイトルに書いた年代(もう少し上かも。)が、一番接してした世代かなと。

40代のテレビっ子だった、オッサンにとっては当時の裏話等豊富で、とてもおもしろかったですよ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

久米さんありがとう

2017/11/06 21:32

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者: - この投稿者のレビュー一覧を見る

ぴったしカンカン、ザベストテン、そして、ニュースステーション。テレビを変えた番組ばかりですね。そのすべてにからんでいるのが久米さんです。テレビっ子の私にとって、今のテレビは残念な状況ばかりです。もっと、ほんとうに、私たちを楽しませてほしい。コント55号、欽ちゃんには、今も楽しませてもらっています。ニュースが身近になったのは、ニュースステーションの偉大な功績です。そして、そのあたりのことを、久米さんが本音そのまんまでつづってくれました。おもしろかった。楽しめた。ありがとう、久米さん。欽ちゃんも次々と新しい挑戦をしています。久米さんも、また、私たちに向き合ってほしいです。お互いにがんばりましょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

TV業界のパイオニアの自分史

2018/03/20 09:40

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ジル - この投稿者のレビュー一覧を見る

TV業界のパイオニアの自分史。Nステは出演者と思っていたが企画および作り手の一員であることを再認識した。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/05/12 01:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/06/16 21:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/05/16 23:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/03/04 11:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/12/16 16:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/03/12 18:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/02/20 18:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/01/22 22:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/04/11 23:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/11/28 20:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/10/09 17:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/01/12 17:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

日本のエッセイ ランキング

日本のエッセイのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む