サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree ~今の気分で探す新しい本~ ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 小説・文学
  4. 小説
  5. 集英社
  6. 琥珀の夢 小説鳥井信治郎 上

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

琥珀の夢 小説鳥井信治郎 上
琥珀の夢 小説鳥井信治郎 上 琥珀の夢 小説鳥井信治郎 上

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 16件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/10/05
  • 出版社: 集英社
  • サイズ:20cm/341p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-08-771123-3
  • 国内送料無料

紙の本

琥珀の夢 小説鳥井信治郎 上

著者 伊集院静 (著)

日本初の国産ウイスキー造りに精魂をかけた鳥井信治郎。明治・大正・昭和を駆け抜けたサントリー創業者と、その「やってみなはれ」の精神を受け継ぐ末裔を描く。『日本経済新聞』連載...

もっと見る

琥珀の夢 小説鳥井信治郎 上

1,728(税込)

琥珀の夢 小説 鳥井信治郎 上

1,555 (税込)

琥珀の夢 小説 鳥井信治郎 上

ポイント :14pt / 紙の本より173おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

日本初の国産ウイスキー造りに精魂をかけた鳥井信治郎。明治・大正・昭和を駆け抜けたサントリー創業者と、その「やってみなはれ」の精神を受け継ぐ末裔を描く。『日本経済新聞』連載に加筆し単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

ええもんには底力があるんや。品物も、人も底力や! 13歳で丁稚奉公に入り、大阪船場商人の魂を叩きこまれた信治郎。20歳の春、鳥井商店を開業し、葡萄酒の製造販売に情熱を傾ける――。サントリーの創業者・鳥井信治郎のひたむきな日々。


【商品解説】

松下幸之助が商いの師として敬愛した男。
サントリー創業者・鳥井信治郎の戦い

<大阪船場、丁稚奉公編>
明治12年1月30日夜明け。大阪船場、薬問屋が並ぶ道修町に近い釣鐘町で一人の男児が産声を上げた。両替商、鳥井忠兵衛の次男信治郎、後に日本初の国産ウイスキーを作り、今や日本を代表する企業サントリーの創業者の誕生であった。次男坊の宿命で信治郎は13歳で薬種問屋小西儀助商店に丁稚奉公に入る。小西商店では薬以外にウイスキーも輸入して扱っていたが、儀助は国産の葡萄酒造りを考えていた。しかし当時の葡萄酒はアルコールに香料など様々なものを混ぜ合わせた合成酒。信治郎は夜毎、儀助と葡萄酒造りに励んだ――。【本の内容】

著者紹介

伊集院静

略歴
〈伊集院静〉1950年山口県生まれ。立教大学文学部卒業。CMディレクター等を経て、作家。「乳房」で吉川英治文学新人賞、「受け月」で直木賞、「機関車先生」で柴田錬三郎賞受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー16件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (8件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

琥珀の夢

2017/11/05 23:04

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:エクスカリバー - この投稿者のレビュー一覧を見る

サントリーの『やってみなはれ』は、佐治氏の口癖ではなく、創業者の精神だったのですね。
 大阪では、昔から何かと話題の多い、世界企業のひとつサントリー。その歴史を人情味溢れるエピソードを折り込みながらの、なにわの商人(あきんど)物語。いやぁ、読みながらなんか懐かしい、船場言葉もちらほら。テンポもよく、いいお話しでした。
 是非『読んでみなはれ』。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/03/11 19:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/03/20 20:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/01/22 18:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/03/22 09:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/10/05 07:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/03/04 17:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/01/28 21:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/04/16 13:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/02/17 13:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/09/07 07:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/12/06 13:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/02/24 02:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/03/16 11:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/11/03 21:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る