サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

アウトレットブック ポイント4倍キャンペーン(~2/28)

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~2/28)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

陶芸への道 そして瑞浪芸術館へ
  • みんなの評価 5つ星のうち 5
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/09/08
  • 出版社: 里文出版
  • サイズ:21cm/237p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-89806-457-3
  • 国内送料無料

紙の本

陶芸への道 そして瑞浪芸術館へ

著者 近藤 精宏 (著)

青春彷徨の後、見出した陶芸への道−。著者が陶芸家になるまでの苦闘を赤裸々に語る。瑞浪芸術館創立までの経緯、忘れ得ぬ人や弟子たち、陶芸観についても綴る。【「TRC MARC...

もっと見る

陶芸への道 そして瑞浪芸術館へ

1,944(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

青春彷徨の後、見出した陶芸への道−。著者が陶芸家になるまでの苦闘を赤裸々に語る。瑞浪芸術館創立までの経緯、忘れ得ぬ人や弟子たち、陶芸観についても綴る。【「TRC MARC」の商品解説】

目次

  • 著者は世界的な陶磁学者で陶芸家の小山冨士夫の内弟子となって修業の後、独立・開窯した。本書は、著者が陶芸作家になるまでの苦闘を赤裸々に語り、夢を捨てない生き様を描く。また著者は地域の人々の協力でNPO法人「瑞浪芸術館」を設立し、館長として文化活動に取り組み様々な分野の芸術家とも交友する。その興味深い活動も語られる。
  • 《主な内容》
  •  第一章 陶芸への道
  •   幼がたり╱旅立ち╱小山冨士夫先生に師事╱独立・開窯╱ 初窯の苦闘と初商い╱窯場の整備╱火事╱瑞浪芸術館の創立╱私の陶芸観
  •  第二章 忘れ得ぬ人とことども
  •   サム・フランシス氏╱荒川豊蔵氏╱新井英一氏╱宮城まり子さん╱ソンコ・マージュ氏╱出口直日さま╱ルーシーリーさん╱石黒宗麿氏╱鎌田真吾氏╱久田勘鷗氏╱中村嘉津雄氏╱横井照子さん╱浜美枝さん   

著者紹介

近藤 精宏

略歴
〈近藤精宏〉1945年新潟県生まれ。小山富士夫(陶芸家・陶磁学者)の内弟子を経て、独立、榛沢窯を開窯。2000年NPO法人瑞浪芸術館理事長就任。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)