サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ブックオフ宅本便ページ修正(2018/1/1~1/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

神と革命 ロシア革命の知られざる真実(筑摩選書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/10/12
  • 出版社: 筑摩書房
  • レーベル: 筑摩選書
  • サイズ:19cm/382p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-480-01657-7
  • 国内送料無料

紙の本

神と革命 ロシア革命の知られざる真実 (筑摩選書)

著者 下斗米伸夫 (著)

ロシア革命の成功には、ロシア正教の異端派、古儀式派が深くかかわっていた。この宗派が革命に関与したのはなぜか? 古儀式派の一大拠点である都市イワノボに定位し、ソビエト制度の...

もっと見る

神と革命 ロシア革命の知られざる真実 (筑摩選書)

1,944(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ロシア革命の成功には、ロシア正教の異端派、古儀式派が深くかかわっていた。この宗派が革命に関与したのはなぜか? 古儀式派の一大拠点である都市イワノボに定位し、ソビエト制度の誕生から終焉にいたるソ連史を描く。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

下斗米伸夫

略歴
〈下斗米伸夫〉1948年生まれ。東京大学法学部卒業、同大学法学博士。法政大学法学部国際政治学科教授。ロシア政治を専攻。著書に「ソビエト政治と労働組合」「ソ連現代政治」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

ロシア革命の底にある心象風景

2017/12/12 21:00

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Takeshita - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者の前作「ソビエト連邦史」も面白いが、本書も力作である。ロシア革命の原因のひとつにロシア世界に伏在する「メシア待望」とも言うべき独特の心的風景があること、またそれは東方キリスト教成立以来の古い歴史があることが説かれている。ドストエフスキーやトルストイの小説にも「分離派」の話は出てくるが、革命を担った群像にも分離派出身者は多い。ロシアの「精神的古層」と革命を併せ論じた下斗米さんでなければ書けない秀れた論考である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ロシア革命後の神の行方

2017/10/14 10:36

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ニッキー - この投稿者のレビュー一覧を見る

ロシア革命の主体であるボリシェヴィキは、神を否定した。それは、共産主義という神の王国を作り為に、他の神は邪魔なのであった。そこで、ロシア革命後、ロシアの神はどうなったのであろうか。革命前、ロシアにはロシア正教だけでなく、いろいろな宗派やアニミズムがあった。それらの宗教はどのような運命をたどったのであろうか。本書は、その問いにかなり答えてくれる一冊である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

キリスト教 ランキング

キリスト教のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む