サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 編集者がオススメする他社の本!(~12/10)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. 60歳からの外国語修行 メキシコに学ぶ

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

60歳からの外国語修行 メキシコに学ぶ(岩波新書 新赤版)
60歳からの外国語修行 メキシコに学ぶ(岩波新書 新赤版) 60歳からの外国語修行 メキシコに学ぶ(岩波新書 新赤版)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/09/20
  • 出版社: 岩波書店
  • レーベル: 岩波新書 新赤版
  • サイズ:18cm/236,10p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-00-431678-7
  • 国内送料無料
新書

紙の本

60歳からの外国語修行 メキシコに学ぶ (岩波新書 新赤版)

著者 青山 南 (著)

ラジオ講座の挫折の果て、60歳にして決意したメキシコへの語学留学。若者にまじって授業を受け、大家さんのゴミ出しを手伝い、街角でタコスを買う…。翻訳家・エッセイストによるス...

もっと見る

60歳からの外国語修行 メキシコに学ぶ (岩波新書 新赤版)

886(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ラジオ講座の挫折の果て、60歳にして決意したメキシコへの語学留学。若者にまじって授業を受け、大家さんのゴミ出しを手伝い、街角でタコスを買う…。翻訳家・エッセイストによるスペイン語修行奮闘記。【「TRC MARC」の商品解説】

挫折を繰り返したスペイン語、ついに初の語学留学! 名翻訳家・エッセイストによる最高に面白い語学留学記。【本の内容】

著者紹介

青山 南

略歴
〈青山南〉1949年福島県生まれ。翻訳家、エッセイスト。著書に「短編小説のアメリカ52講」「ネットと戦争」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

ただの語学入門書じゃないですよ。

2017/10/13 08:03

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くりくり - この投稿者のレビュー一覧を見る

ケルアックの「オンザロード」などアメリカ文学の翻訳者である青山さんが、60歳からスペイン語修行のためにメキシコの短期留学を繰り返す。
本書のタイトルにもある通り、他言語習得の過程が一つの柱であるが、サブタイトルの「メキシコの学ぶ」が通奏低音となって、本書の幅を広げている。
あの、青山さんでさえ、NHKのラジオスペイン語口座に挫折するんだ・・・という新鮮な驚き。スペインでホームステイしながら、現地の人と触れ合う中で一つ一つ言葉を獲得していく過程は、ご本人が「幼児の言葉の習得過程はこんな風だったのだろう」という推測に示されていて、興味深い。そして、同じスペイン語でも、スペインと南米各国で違っているんだということも面白い。しかし、私は、英語で「過去分詞」とか「三人称単数現在の活用形」などの言葉にすぐにイメージができなかったことで、「英語は不得意」であったので、そうした部分が出てくるとちょっと読む速度がゆっくりとなる。でもスペイン語の活用って不思議。とおもうとそれもあらたな発見で楽しい。そして、言語学校の先生の教え方も面白い。
しかし、秀逸なのは、メキシコのふつうの人の生活の切り取り方が「文学」である。
「ささやかな報酬を求めて」はたらく車の洗車をする人の立ち居振る舞い。決して小銭を稼いでせこせことしているのではないし、「爆走するカミオン」ではメキシコの車中心の社会のありようから、ピックアップトラックの荷台に乗って貧しい地域から富める地域へ働きに出る労働者の様子から、メキシコの現状が語られる。
かんきつ系の街路樹の実が落ちる描写は果実の香りが香って来るように美しい。
自らの旅を書き著すものである、旅文学の一面も本書の特徴だろう。
また、随所に語られるメキシコの歴史。メキシコオリンピック直前に軍が250人の学生を殺害した事実やメキシコ革命、はてはメキシコの発見によるインディオの大量殺害、さかのぼればメキシコの慟哭の歴史の紹介される。
とにかく多面的な魅力にあふれた本である。文章がキラキラと輝いている。ただの語学入門書じゃないですよ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

スペイン語学習万歳!

2017/10/13 22:47

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Don Juan - この投稿者のレビュー一覧を見る

英語の学習情報は巷に溢れていますが、スペイン語の学習情報はなかなかありません。しかも、岩波新書で読めるなんて!スペイン語学習者としては、スペイン語の基礎知識が盛り込まれたり、大変満足な内容でした。又、米文学の翻訳者である青山氏がスペイン語の必要性を感じ、60歳にして留学を決意したくだりは素晴らしいと思います。トランプ大統領がメキシコ・米国国境に壁を築こうと画策したり、不法移民として中南米からの米国住民を排除しようとているようですが、米国文学への中南米スペイン語の影響の大きさがよくわかりました。是非、スペイン語留学に出かけてみたいと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/10/04 06:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/10/14 19:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む