サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

児童書・絵本・文房具 全品ポイント2倍キャンペーン (~12/26)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

サラバ! 上(小学館文庫)

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 30件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/10/06
  • 出版社: 小学館
  • レーベル: 小学館文庫
  • サイズ:16cm/331p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-09-406442-1
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

サラバ! 上 (小学館文庫)

著者 西加奈子 (著)

【直木賞(152(2014下半期))】1977年、歩は父の海外赴任先のイランで生まれた。イラン革命のあと、小学生になった彼は、父の新たな赴任先であるエジプトへ向かう。そこ...

もっと見る

サラバ! 上 (小学館文庫)

680(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【直木賞(152(2014下半期))】1977年、歩は父の海外赴任先のイランで生まれた。イラン革命のあと、小学生になった彼は、父の新たな赴任先であるエジプトへ向かう。そこで、ヤコブというエジプト人の少年と出会い…。【「TRC MARC」の商品解説】

累計百万部突破!第152回直木賞受賞作

僕はこの世界に左足から登場した――。
圷歩は、父の海外赴任先であるイランの病院で生を受けた。その後、父母、そして問題児の姉とともに、イラン革命のために帰国を余儀なくされた歩は、大阪での新生活を始める。幼稚園、小学校で周囲にすぐに溶け込めた歩と違って姉は「ご神木」と呼ばれ、孤立を深めていった。
そんな折り、父の新たな赴任先がエジプトに決まる。メイド付きの豪華なマンション住まい。初めてのピラミッド。日本人学校に通うことになった歩は、ある日、ヤコブというエジプト人の少年と出会うことになる。

【商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー30件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

歩君の物語

2017/10/27 14:16

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:maki - この投稿者のレビュー一覧を見る

圷歩くんの物語。
エキセントリックなお姉さんやお母さん。
偏狭での外国暮らし。エジプシャンのヤコブ。
いろんな刺激要素はあるんだけれど、淡々と進む彼の物語。
このまま中下とまだまだ続くの?ちょっとつらいかも。
なんて思ったら。。。
はぁ??巨大な生物!!????
これから起こる出来事にちょっとした興味!?
とりあえず、中につづきまましょうか→

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

誕生~小学生

2017/11/04 12:09

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:tomtom - この投稿者のレビュー一覧を見る

読んだことのある作家さんなので気になって購入しました。
「傍観に寄り添う」こと、決して荒波を立てないことを「得意技」として過ごした子ども時代。主人公は姉をもつ"弟"。兄をもつ僕としては、弟小説には感情移入してしまうところがあります。自分も心を開陳せずに流れにただ身を任せ「対立」を避けて生きてきたような感じがあります。
さぁ、この先どうなるのか。彼の行く末が気になります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

歩君はとってもいい子

2017/11/16 18:47

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ヤマキヨ - この投稿者のレビュー一覧を見る

主人公歩は圷家の中で、唯一バランス感覚を持った常識人。母はミーイズム、父は寡黙なアスリートで、姉はエキセントリックなトラブルメーカー。こんな家族の中にいたら、空気を読んで目立たぬようによい子を演じるキャラになっていくのだろう。
しかし、上巻後半に登場した親友ヤコブとの交友から何やら、そんな読み方は表面をなぞっているだけの気配が。
とりあえず上巻だけ購入したのですが、続きが気になり下巻まで購入して一気読みしてしまいました。最後まで読んでみて、「そういうことだったんだね」

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

後半に期待

2017/12/14 00:18

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ワンファン - この投稿者のレビュー一覧を見る

個性的な登場人物の描写が続き、ストーリーとしては強くひきこまれるほどでもないが、好きな作家さんなので後半に期待。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

面白い予感が始めからあり

2017/12/16 22:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:てつ - この投稿者のレビュー一覧を見る

この本、面白いかもと最初の数ページから感じられます。読書の時ってこの感覚が大事。まずは、イランやエジプトのイスラムについてが面白い。雑学が増えました。垰歩という長男の自叙伝みたいに話しは進みます。貴子ねえさんは私は苦手だなあ。上巻で断念せず、中巻、下巻へ続こう!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/10/23 07:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/10/13 10:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/12/01 16:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/10/21 12:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/12/03 23:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/10/15 08:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/12/01 01:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/11/17 22:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/10/13 16:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/11/19 11:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

小学館文庫 ランキング

小学館文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む