サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

【店舗】初めての“店舗お受け取り”ご利用で50ポイントプレゼントキャンペーン(~10/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

スティール・キス
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 30件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/10/30
  • 出版社: 文藝春秋
  • サイズ:20cm/535p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-390744-4

紙の本

スティール・キス (「リンカーン・ライム」シリーズ)

著者 ジェフリー・ディーヴァー (著),池田 真紀子 (訳)

捜査中の刑事アメリアの眼前でエスカレーターが通行人を巻き込む惨事が。日常の機械を凶器に変える殺人犯を、科学捜査の天才が追う! リンカーン・ライム・シリーズ第12弾。【「T...

もっと見る

スティール・キス (「リンカーン・ライム」シリーズ)

2,700(税込)

スティール・キス

2,200 (税込)

スティール・キス

ポイント :20pt / 紙の本より500おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

このシリーズの最新巻を自動購入できます

続刊予約とは

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • ①お気に入りのシリーズは買い忘れしたくない
  • ②不定期の発売情報を得るのが面倒だ
  • シリーズ購読一覧から、いつでも簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 9.2MB 無制限
Android EPUB 9.2MB 無制限
Win EPUB 9.2MB 無制限
Mac EPUB 9.2MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

捜査中の刑事アメリアの眼前でエスカレーターが通行人を巻き込む惨事が。日常の機械を凶器に変える殺人犯を、科学捜査の天才が追う! リンカーン・ライム・シリーズ第12弾。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ジェフリー・ディーヴァー

略歴
〈ジェフリー・ディーヴァー〉1950年シカゴ生まれ。著書に「ボーン・コレクター」「ウォッチメイカー」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー30件

みんなの評価3.9

評価内訳

電子書籍

読み終えるにがもったいない

2017/11/11 21:16

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ミント - この投稿者のレビュー一覧を見る

やっとリンカーンとアメリアが帰って来た!前作は私的には今ひとつだったが、今作は壮快感疾走感謎解きの面白さに加えて、より一層登場人物たちが魅力的に書かれていると思った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ロン・セリットーの、その後。

2018/08/21 03:40

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かしこん - この投稿者のレビュー一覧を見る

リンカーン・ライムシリーズ、12作目。
前作で、「きゃーっ! ロン・セリットーはどうなったのよ!」と叫んで終わった私。
いくらジェフリー・ディーヴァーでも、最初から今まで続いてるレギュラーメンバーを殺すことはしないだろう(シリーズ初期の頃ならば十分あり得ることだが)!、とわかってはいても、ほんとに心から信用しているわけじゃないし(読者の気持ちをどん底に叩き込むためにそういうことをやりかねない、という不安もあり)、だから本作を読むのはとても勇気のいることでした。
そしたらば、<主な登場人物>欄にロン・セリットーの名前がない!
しかもリンカーンは犯罪捜査から手を引いている!
・・・ちょっとーっ、やめてよ~。

“ある出来事”をきっかけに、ニューヨーク市警との特別顧問契約を解消したリンカーン・ライムに対して、アメリア・サックスは怒っている。<未詳40号>と名付けられた殺人犯の捜査にライムの力を借りられないから、これまでのような素晴らしいラボとチームを手放さなければならなくなったから。
その日も<未詳40号>を追いかけていたアメリアだが、ショッピングモールのエスカレーターの踏み板が突然はずれて通行人が中に落ち、エスカレーターを動かしている機械に巻き込まれ、出血多量とショック状態で死亡してしまう。その場に居合わせたアメリアは被害者を救えないうえ、<未詳40号>の逃走を許してしまう・・・という話。

リンカーンが犯罪捜査から手を引いた理由はロン・セリットーだと当然思うじゃない?
でも違うんだよ! ほんと意地悪だよね! そりゃアメリアも怒るさ! 確かにそれだとわかりやすすぎるけど、まるでロン・セリットーを心配しているのは読者である自分だけ、みたいな気持ちになるじゃないか(それもまんまと作者の術中かもしれないんだけどさ)。
犯罪捜査から引退したリンカーンは大学で教え始めて、元疫学研究者のジュリエット・アーチャーを助手見習いにするなど、新キャラ登場。アメリアの元恋人(リンカーンと出会う前のね)ニックまで登場し、<未詳40号>のインパクトは意外に弱い。
とはいえ、ひどいことが起こりそうな予兆に満ちた部分を読まされるのはこっちもハラハラドキドキだ。スマート機器に潜む危険はリアルではあるんだけど、特別新しい視点というわけでもないところが微妙だが。
恒例のどんでん返しもありますが、意外と小振りというか、『SAW』シリーズ後半の巻き戻し種明かしにちょっと雰囲気が似ている感じがしないでもない。
いつのまにかプラスキーがお笑い担当になってしまっているようで・・・。
まぁ、読み始めると読んでしまうんですけどね。レギュラーメンバーへの愛着が、その近況報告で満足してしまう部分もなきにしもあらずで(それはシリーズものの宿命)。
そして出番は少ないですが、ロン・セリットーは帰ってきます! それだけで、私はうれしかったよ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/12/03 10:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/02/10 18:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/01/21 23:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/12/03 11:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/04/10 22:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/04/12 18:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/01/27 19:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/12/06 18:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/12/10 22:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/06/02 16:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/11/15 13:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/12/13 12:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/08/25 16:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る