サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

アウトレットブック ポイント4倍キャンペーン(~2/28)

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~2/28)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

忘れられた巨人
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 41件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/10/14
  • 出版社: 早川書房
  • サイズ:16cm/490p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-15-120091-5
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

忘れられた巨人 (ハヤカワepi文庫)

著者 カズオ・イシグロ (著),土屋 政雄 (訳)

老夫婦は息子との再会を信じて、長年暮らした村を後にする。さまざまな人々に出会いながら荒れ野を渡り、森を抜け、謎の霧に満ちた大地を旅するふたりを待つものとは…。失われた記憶...

もっと見る

忘れられた巨人 (ハヤカワepi文庫)

1,058(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

老夫婦は息子との再会を信じて、長年暮らした村を後にする。さまざまな人々に出会いながら荒れ野を渡り、森を抜け、謎の霧に満ちた大地を旅するふたりを待つものとは…。失われた記憶や愛、戦いと復讐のこだまを静謐に描く。【「TRC MARC」の商品解説】

遠方の息子に会うため老夫婦は村を出た。戦士、少年、老騎士……様々な人々に出会いながら、ふたりは謎の霧に満ちた大地を旅する【商品解説】

『わたしを離さないで』以来10年ぶりの長篇。霧に覆われた世界を老夫婦は旅する。息子との再会を信じて……【本の内容】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー41件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (8件)
  • 星 4 (17件)
  • 星 3 (6件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

ノーベル賞受賞の報を受けて

2017/11/18 16:27

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:やもり - この投稿者のレビュー一覧を見る

単行本化された際に英語版で買っていたが、全然進んでなかった。こんなことを思い出していたら、三省堂が記念セールをやっていた。平積みの中から抜き出して購入。
アーサー物語をバックボーンに話が紡がれ、読んでいないことを後悔するも、まずは面白い。カズオイシグロらしい哀惜を感じさせる語りで最後まで一気読み。ラストの悲しさと余韻もまた良い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

深い物語

2017/12/12 17:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:名取の姫小松 - この投稿者のレビュー一覧を見る

霧に包まれるいにしえの時代のイギリス。アーサー王の活躍を知る者が老いて生きている頃、アクセルとベアトリスの夫婦は息子の住む村に行こうと決める。
何故か忘却が国も民も包み込む。
そういえばアーサー王が戦ったのはドラゴンや魔法使いばかりではなかった。ブリトン人、サクソン人、ピクト人、相争う民族がいた。
民族間や集落、果ては夫婦間が穏やかに暮らすには忘却が必要なのだろうか?
過去を忘れずに前進するのが、人間の叡智だろうか?
それを問う長編。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/11/23 10:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/12/27 19:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/01/02 17:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/10/28 07:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/12/15 22:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/11/28 18:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/12/03 23:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/10/30 23:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/02/04 22:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/11/06 21:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/12/06 21:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/01/25 23:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/12/23 00:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

ハヤカワ文庫 epi ランキング

ハヤカワ文庫 epiのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む