サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー  懐かしくて新しい "昭和"に遊ぶ ~8/24

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 自然科学・環境の通販
  4. 植物学・森林の通販
  5. 築地書館の通販
  6. 雑草は軽やかに進化する 染色体・形態変化から読み解く雑草の多様性の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/10/20
  • 出版社: 築地書館
  • サイズ:19cm/273p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8067-1546-7

紙の本

雑草は軽やかに進化する 染色体・形態変化から読み解く雑草の多様性

著者 藤島 弘純 (著)

オオバコはなぜ農地に侵入しないのか。ツユクサは雑草になるためにどんな戦略をとっているか。花・葉・種子などの形態的変化や染色体数の変異をたんねんに読み解き、地理的・生態的分...

もっと見る

雑草は軽やかに進化する 染色体・形態変化から読み解く雑草の多様性

税込 2,640 24pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

オオバコはなぜ農地に侵入しないのか。ツユクサは雑草になるためにどんな戦略をとっているか。花・葉・種子などの形態的変化や染色体数の変異をたんねんに読み解き、地理的・生態的分布から、雑草たちの進化の謎に迫る。【「TRC MARC」の商品解説】

雑草たちはそれぞれ個性的な種分化(進化)の歴史を抱え、大地を支えて生きている。

オオバコはなぜ耕地に侵入しないのか。
ツユクサは雑草になるためにどんな戦略をとっているか。
人がつくり出す空間で生きることを選択した雑草たちの生存戦略は?

花・葉・種子などの形態的変化や染色体数の変異をたんねんに読み解き、
地理的・生態的分布から、雑草たちの進化の謎に迫る。【商品解説】

目次

  • はじめに
  • 序章 雑草とはどんな草たち?
  • 雑草の定義
  •  タイプ1 農地から路傍に広く生える雑草
  •  タイプ2 路傍に生える雑草
  •  タイプ3 農地の作付け面に限定的に生える雑草
  •  「雑草のようにたくましく」は、ほんとうか
  • 雑草とは野草との生存競争に負けた草本たち
  •  オオバコたちが消えた

著者紹介

藤島 弘純

略歴
〈藤島弘純〉1933年愛媛県生まれ。愛知大学教育学部卒業。理学博士。高校教諭を経て、鳥取大学教授、99年定年退官。著書に「雑草の自然史」など。

関連キーワード

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

スイバの性染色体の話など。

2017/12/29 15:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:銀の皿 - この投稿者のレビュー一覧を見る

前著「雑草の自然史」を踏まえての、植物染色体の話である。

雑草は人の生活に近いところに生きている。人が自然に手を加えるようになったのは生きものの時間からすれば「最近」だ。その「最近」の生きものの変化を調べる対象として「雑草」に注目した研究といってよいだろう。

スイバの性染色体の話は、日本人の研究の話としても面白い。植物にも「雌雄異株」というものがあることは知っていても染色体まで違いがあるものがあることは知らない人もいるだろう。雄雌の決まり方の仕組みなども、動物の場合と比較して読んでも興味深いと思う。

「染色体の研究」の話なので、若い人にもわかりやすく書いたとあるがそれでも「核型」とか「倍数体」とかちょっと聞きなれない言葉もある。

素人でも驚くのは「同じ種(例えばツユクサ)と分類されていても、染色体から見ると違っていて交配しても種子ができない場合もある」というところ。染色体の転座などがおこると、交雑しても上手く分配できずに子孫にはつながらないと思うが、植物には自家受精などの一個体からでも増殖できる手段がある。そのためにこういった「交雑しないグループが形態的に同じ種に存在する」ことを起こしたのだろうか。なにか「植物ならでは」の繁殖方法に思えて興味深い。

このような違いは、DNAの解析などではわからないのかもしれない(染色体の位置が違うだけで内容は変わらないだろうから。)古典的、とおいて行かれそうな手法に思える染色体研究でしかわからないこともあるのだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2021/03/11 21:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。