サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイント最大100倍キャンペーン(~3/31)

翔泳社祭2019 全品ポイント10倍 ~4/15

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 芸術・アートの通販
  4. 芸術・美術の通販
  5. ありな書房の通販
  6. フォンテーヌブローの饗宴 イタリア・マニエリスムからフランス美術の官能世界への通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

フォンテーヌブローの饗宴 イタリア・マニエリスムからフランス美術の官能世界へ
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/09/07
  • 出版社: ありな書房
  • サイズ:22cm/278p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7566-1756-9
  • 国内送料無料

紙の本

フォンテーヌブローの饗宴 イタリア・マニエリスムからフランス美術の官能世界へ

著者 田中 久美子 (著),石井 朗 (企画構成)

しなやかに弧を描く曲線への愛着、異教の女神たちの官能的な姿態、イタリア人文主義に色濃く染められた難解な寓意表現…。フォンテーヌブロー派が切り拓いた美的世界から、フランス近...

もっと見る

フォンテーヌブローの饗宴 イタリア・マニエリスムからフランス美術の官能世界へ

税込 5,184 48pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

しなやかに弧を描く曲線への愛着、異教の女神たちの官能的な姿態、イタリア人文主義に色濃く染められた難解な寓意表現…。フォンテーヌブロー派が切り拓いた美的世界から、フランス近世美術の誕生と発展と精華を明らかにする。【「TRC MARC」の商品解説】

本書は、散逸しながらも現存する視覚資料や断片的な記録をたぐり寄せ、フォンテーヌブロー宮殿で展開した美術活動を再構築しようとするものである。留意したのは単なる断片的な証拠の集積にとどまるのではなく、イメージの形態/形式、そこに託された意味、受容や流通のあり方を、フランソワ一世の理念や野望を視野に入れながら、彼の生きた時代や文化、社会の網の目の中で多様にとらえ、当時の美術自体がはらんでいるさまざまな問題をも明らかにしていくことであった。〈フランソワ一世のギャラリー〉の室内装飾は国王儀礼の象徴機能と結びつき、フランソワ一世を称揚し、その理念と理想を高らかに謳いあげていた。〈フランソワ一世のギャラリー〉を写しとった版画やタピスリーは、媒体それぞれの機能と受容のあり方が当時の社会を映しだし、とりわけ版画は試行錯誤する〈フランソワ一世のギャラリー〉の制作の過程の一端を垣間見せる。イタリア絵画の傑作がくりひろげる饗宴が訪れた人々を驚嘆させたにちがいない国王のコレクションもまた、フランス美術の動向を決定していく大きな推進力となった。しかも、信じがたいことにそれらの名作は「浴室の間」で享受されていたと考えられている。〈「浴室の間」ギャラリー〉は、思いもよらぬ当時の宮廷生活の実相を浮きぼりにしている。フランソワ一世の理念を映しだしながら、フォンテーヌブロー宮殿でイタリアのマニエリスムの画家たちに主導され展開された美術活動が、やがてフランス人画家たちへと重心を移し、フォンテーヌブロー派と呼ばれる一群の画家たちを育むことになる。フォンテーヌブロー派に通底する独自な美意識に裏打ちされ、ひときわ生彩を放つのが魅惑的で独創的な女性の表象である。官能性を秘めた女性たちの表象がどのように生まれ、またどのように継承され展開していったのか、本書ではフォンテーヌブロー派の特徴をなす女性の表象の系譜に光をあてた。フォンテーヌブロー派の女性表象の口火を切るのは、フランスにおける最初の裸体女性像を描いたジャン・クーザンの《エヴァ・プリマ・パンドラ》であった。この横臥する女性裸体像は、フォンテーヌブロー宮殿にコレクションされたイタリア絵画の女性裸体像が演じた饗宴と、イタリアから移植されたマニエリスムの異教の女神たちの官能的な姿態なしには考えることはできない。それらが変容し、冷たい官能性を秘めた独自な美意識を体現し、フォンテーヌブロー派の女性の表象の端緒を開いた。第二次フォンテーヌ派を代表する忘れがたい作品《ガブリエル・デストレとその妹》は、宮廷で織りなされる女性たちの生に色濃く染められた「化粧する女性」や「湯あみする女性」の表象が融合し、最終的にたどりついた官能世界である。そして、フォンテーヌブロー派が連綿と生みだし続けた女性の表象は、フランス美術の女性表象の祖型となり、一八世紀および新古典主義の女性像に引き継がれていくことになる。【商品解説】

目次

  • プロローグ フォンテーヌブロー宮殿の美的世界──フランソワ一世からナポレオンへ
  • 第1章 〈フランソワ一世のギャラリー〉──フォンテーヌブロー派の揺籃
  • 第2章 フランソワ一世の〈「浴室の間」ギャラリー〉──エロスとヴィータの絢爛豪華な世界
  • 第3章 宮殿から解き放たれた〈フランソワ一世のギャラリー〉──版画とタピスリー
  • 第4章 ジャン・クーザン《エヴァ・プリマ・パンドラ》──神話とアレゴリー
  • 第5章 《ガブリエル・デストレとその妹》──フォンテーヌブロー派の女性表象
  • エピローグ フォンテーヌブロー派の成熟に向かって──あとがきにかえて
  • 人名索引

著者紹介

田中 久美子

略歴
文星芸術大学教授/フランス近世美術史

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

芸術・美術 ランキング

芸術・美術のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。