サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

お買い物金額分全額還元祭(~1/6)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 第4回 丸善ビジネススクール~12人の先達に学ぶ~ ポイント5倍キャンペーン(~1/13)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

珈琲の世界史(講談社現代新書)
珈琲の世界史(講談社現代新書) 珈琲の世界史(講談社現代新書) 珈琲の世界史(講談社現代新書)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 26件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/10/18
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社現代新書
  • サイズ:18cm/254p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-288445-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

新書

紙の本

珈琲の世界史 (講談社現代新書)

著者 旦部幸博 (著)

コーヒーブームを生んだのはナポレオン!? モカ港はなぜ衰退した? 日本最大のブームはいつ? 先史時代から現代に至るまで、コーヒーが辿った歴史を、起源に関する最新仮説等も交...

もっと見る

珈琲の世界史 (講談社現代新書)

864(税込)

珈琲の世界史

810 (税込)

珈琲の世界史

ポイント :7pt / 紙の本より54おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 10.7MB 無制限
Android EPUB 10.7MB 無制限
Win EPUB 10.7MB 無制限
Mac EPUB 10.7MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

コーヒーブームを生んだのはナポレオン!? モカ港はなぜ衰退した? 日本最大のブームはいつ? 先史時代から現代に至るまで、コーヒーが辿った歴史を、起源に関する最新仮説等も交えながらわかりやすく紹介する。【「TRC MARC」の商品解説】

 ヒトが何かを食べるとき、その食べ物に込められた「物語」も一緒に味わっている――そんなセリフを聞いたことはないでしょうか。

 コーヒーはまさにその最たる例です。カップ一杯のコーヒーの中には、芳醇なロマンに満ちた「物語」の数々が溶け込んでいます。その液体を口にするとき、私たちはその中の「物語」も同時に味わっているのです。コーヒーの歴史を知ることは、その「物語」を読み解くことに他なりません。歴史のロマンを玩味するにせよ、知識欲の渇きを潤すにせよ、深く知れば知るほどに、その味わいもまた深まるというもの。一杯のコーヒーに潜んだその歴史を、この本で一緒に辿ってみましょう。

 先史時代から今現在に至るまで、コーヒーが辿った歴史を、起源に関する最新仮説なども交えながら、できるだけわかりやすく本書にまとめました。近年話題の「スペシャルティ」「サードウェーブ」「純喫茶」なども、じつは混乱の多い言葉なのですが、それぞれの歴史をきちんと知れば、「なるほど、そうだったのか!」と目からウロコが落ちて、すっきり理解できることでしょう。
 
 「イギリス近代化の陰にコーヒーあり」「フランス革命の陰にもコーヒーあり?!」「世界のコーヒーをナポレオンが変えた?」「コーヒーで成り上がった億万長者たち」「東西冷戦とコーヒーの意外な関係」……などなど、学校で歴史の時間に習ったいろんな出来事が、じつは意外なかたちでコーヒーとつながっていることに、きっと驚かされるでしょう。

――「はじめに」より、一部抜粋


<目次>
 序章 コーヒーの基礎知識
 1章 コーヒー前史
 2章 コーヒーはじまりの物語
 3章 イスラーム世界からヨーロッパへ
 4章 コーヒーハウスとカフェの時代
 5章 コーヒーノキ、世界にはばたく
 6章 コーヒーブームはナポレオンが生んだ?
 7章 19世紀の生産事情あれこれ
 8章 黄金時代の終わり
 9章 コーヒーの日本史
 10章 スペシャルティコーヒーをめぐって
 終章 コーヒー新世紀の到来【商品解説】

コーヒーブームを生んだのはナポレオン!?モカ港はなぜ衰退した?日本最大のブームはいつ?誰も書かなかったコーヒー1200年史!【本の内容】

目次

  • 序章 コーヒーの基礎知識
  • コーヒーは世界第3位の飲み物/コーヒーの語源は? ほか
  • 1章 コーヒー前史
  • コーヒーとの最初の出会い/コーヒーは「禁断の果実」?/動物の●●●から採れる最高級コーヒー ほか
  • 2章 コーヒーはじまりの物語
  • 『医学典範』にも収載/『東方見聞録』が語るエチオピア情勢/イエメンのカフワ/カフワからコーヒーへ ほか
  • 3章 イスラーム世界からヨーロッパへ

著者紹介

旦部幸博

略歴
〈旦部幸博〉1969年長崎県生まれ。滋賀医科大学助教。医学博士。専門はがんに関する遺伝子学、微生物学。コーヒーサイト『百珈苑』主宰。著書に「コーヒーの科学」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー26件

みんなの評価4.1

評価内訳

紙の本

カフェのお供にお似合いの1冊

2018/05/31 13:37

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぴんさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

コーヒーの起源から世界各地への伝播、商品としての重要性や現在の状況に至るまで、綿密な文献の調査を通じて、コーヒーの辿った歴史を網羅的にわかりやすくまとめている。また、随所にはさみ込まれた逸話にも著者の博識が生かされており、読んで楽しめる作品になっている。著者は滋賀医科大学講師。医学博士。著書に『コーヒーの科学』(講談社ブルーバックス)、『コーヒー おいしさの方程式』(共著、NHK出版)がある。商品作物としてのコーヒーノキの伝播と消費国におけるコーヒー飲用の歴史を、世界的規模で通観した力作。文献渉猟により導きだした精緻な歴史的考察は説得力があり、嗜好品の枠にとどまらず食文化研究の優れた業績として、長く参照される基礎文献となるだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

さらに詳しく

2017/11/24 09:46

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Freiheit - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者はコーヒーに関する著書が何冊もある。コーヒーが世界で飲まれ、日本の茶文化に取り入られるようになった経緯など詳しい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

『珈琲の世界史』

2017/10/30 21:03

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:百書繚乱 - この投稿者のレビュー一覧を見る

先史時代から現在にいたるコーヒーの歴史を辿る

歴史をきちんと知ることで近年話題の「スペシャルティ」「サードウェーブ」もすっきり理解できる

著者はバイオ系の研究者
近著『コーヒーの科学』(ブルーバックス)が理系の入門書とすれば、本作は歴史好きな文系のためのコーヒー入門書

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

コーヒーの歴史がわかるお薦めの一冊。

2018/12/14 11:41

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:文学少年A - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書はコーヒーの歴史やそれにまつわるエピソードとコラムが分かりやすくかつ詳しく書かれているため、コーヒーが好きな方には面白くて読めるが、あまり飲まない人には読みづらい一冊である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

愛羅武珈琲

2018/07/31 17:34

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:KEY坊 - この投稿者のレビュー一覧を見る

珈琲が好きな私にとって普段あまり考えたことのない珈琲の語源や世界史・日本史などがわかりやすく書かれており、興味深く、飽きないようにコーヒーブレイクなどもありとても楽しく、読破できました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

嗜好

2018/05/26 16:47

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:イシカミハサミ - この投稿者のレビュー一覧を見る

こうやってひとつの軸を中心に、
歴史の流れを追っていくと整理しやすくていい。

そして「コーヒー」というテーマは歴史の流れの中でも
なかなかに中心にいるように見えた。
なかには、コーヒー自体が発端になる出来事もある。

日本という国は「世界史」という視点で見ると
中心になることがとても少ない。
だからどう世界のルールが作られているか
わかりにくいところがある気がするけれど、
きっと好悪が基準になっていることが少なくないのだろうな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

歴史を知れば、おいしさが変わる。

2018/05/21 18:03

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:野間丸男 - この投稿者のレビュー一覧を見る

珈琲に関する本は沢山あるが、歴史については少ない。
基礎医学の研究者である珈琲好きの筆者が、
珈琲の歴史ロマン、知的好奇心を揺さぶる。

歴史を知って、さらなる珈琲のおいしさを味わおう!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

珈琲

2018/10/13 07:51

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なま - この投稿者のレビュー一覧を見る

この本に出会うまで、毎朝飲んでいる珈琲の事を深く考えた事がなかった。歴史を知れば、おいしさが変わるという言葉に興味を持って読んでみた。独特の進化を遂げた日本の珈琲文化の話が特に面白い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

コーヒーの歴史を感じる

2018/07/29 22:55

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:アコ - この投稿者のレビュー一覧を見る

コーヒーの歴史を始まりから近現代まで追う事が出来る1冊。
中盤までは世界史に詳しい方がより楽しめる気がする。詳しくなくてもナポレオンも飲んでいたとかカルディがコーヒーを最初に発見したとか奴隷がコーヒーを栽培していたとか学校の授業で習って多くの人が知っているだろうエピソードや内容と繋がっていたりするのでそこまでの難しさは感じなかった。
カルディの話は史実ではないというのを今回初めて知ったし興味深かった。

後半の近現代の話になると喫茶店やスターバックスなど有名な企業の名前も出てきてより身近に感じてイメージしやすかった。
戦前のカフェーが今のカフェと随分違ったりなどそこまで遠い時代ではないのになと大きな変化が面白かった。

自分たちの生活に身近なコーヒーも世界で起こった出来事なんかの色々な要素が繋がって今になっているという流れを感じて不思議な気持ちになった。コーヒーを飲みながら読むのに最適だと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

初めて読んで

2018/07/06 18:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:りー - この投稿者のレビュー一覧を見る

誰でも読みやすく、役に立つ

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

コーヒー

2018/06/21 03:20

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひろ - この投稿者のレビュー一覧を見る

おいしいコーヒーをいれたくて、コーヒーの本をいろいろ読んでいるうちに、コーヒーの歴史にまでたどり着きました。おもしろかったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

コーヒーの歴史

2017/12/29 18:03

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なつめ - この投稿者のレビュー一覧を見る

何気なく飲んでいるコーヒーについて、さまざまな方面から書かれています。ナポレオンに関する部分が、興味深かったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

珈琲マーケットのレビュー

2018/03/20 09:57

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ジル - この投稿者のレビュー一覧を見る

真剣に読む内容ではない。終章「コーヒー新世紀の到来」という部分は日本を含む現状の珈琲マーケットの簡単なレビューにはなる

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

コーヒーと世界史

2017/11/29 13:33

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:でぃー - この投稿者のレビュー一覧を見る

「コーヒー」ひとつから世界史を読み解いていく。コーヒーの物語というより、コーヒーから世界史を学びなおすといったほうが適切かもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/11/20 01:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。