サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】9/1~ 最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン~買えば買うほど当選確率アップ~(~9/30)

アウトレットブック ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 歴史・地理・民俗の通販
  4. 歴史の通販
  5. 勉誠出版の通販
  6. 踊る裸体生活 ドイツ健康身体論とナチスの文化史の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

踊る裸体生活 ドイツ健康身体論とナチスの文化史
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/09/30
  • 出版社: 勉誠出版
  • サイズ:19cm/303,6p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-585-22190-6
  • 国内送料無料

紙の本

踊る裸体生活 ドイツ健康身体論とナチスの文化史

著者 森 貴史 (著)

19世紀末、ドイツを中心に広がった裸体文化は、新しい生活様式として受容されていった一方で、ナチズムとも密接にかかわっていく。裸体文化の思想と歴史、実践を追い、人類における...

もっと見る

踊る裸体生活 ドイツ健康身体論とナチスの文化史

2,592(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

本の通販ストア 全商品対象
3,000円以上のご注文で
3%OFFクーポンプレゼント!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3,000円以上のご注文で、10月から使える3%OFFクーポンプレゼントキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間

2018年9月1日(土)~2018年9月30日(日)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

19世紀末、ドイツを中心に広がった裸体文化は、新しい生活様式として受容されていった一方で、ナチズムとも密接にかかわっていく。裸体文化の思想と歴史、実践を追い、人類における〈裸〉の意味を探る。裸体写真多数あり。【「TRC MARC」の商品解説】

健康で清潔な身体は美しい―。そんな価値観は、いつどのように生まれたのか。
19世紀末、ドイツを中心に広がった〈裸体文化〉は、自然療法などの医学や、モダンダンスなどの芸術とともに、新しい生活様式として受容されていった。一方で、優性思想や民族主義にも結びついて、ナチズムとも密接にかかわっていく…。 
自然愛好・菜食主義・健康志向など、今にいたる様々な潮流の淵源ともなった〈裸体文化〉の思想と歴史、実践を200点以上の貴重な写真資料とともに追い、人類における〈裸〉の意味を探る。【商品解説】

目次

  • はじめに
  • ドイツ裸体文化とは/「裸体文化」ということば/生活改革運動と「衛生」/菜食主義と自然療法/不健康な都市と健康な田園/進化と進歩の影としての神秘主義―神智学、人智学、アリオゾフィー/ナショナリズム台頭の思想的背景/母権論と宇宙論サークル/裸体文化運動の推移
  • 第1章 裸体文化運動の先駆者たち
  • 裸体生活の起源/ゴダイヴァ夫人の伝説/啓蒙主義時代の裸体讃美者たち/リヒテンベルクの『空気浴』/「ドイツ体操の父」ヤーンと体操運動/ヤーンによる国民運動の展開/『ドイツ体操術』/身体とナショナリズムの融合/アメリカ西海岸地域の自然讃美者たち/プリースニッツとクナイプの水治療法/リークリの空気療法/ロリエの日光浴治療/世紀転換期の前夜
  • 第2章 山野の自然を愛する者たち
  • 『ハイジ』と山地の日光と空気/ワンダーフォーゲル運動/マイスナー祭典/登山家たちの誕生/山岳映画/山岳映画女優レニ・リーフェンシュタール/『オリンピア』が提示する裸体

著者紹介

森 貴史

略歴
〈森貴史〉1970年大阪府生まれ。Dr.phil.(ベルリン・フンボルト大学)。関西大学文学部(文化共生学専修)教授。著書に「ドイツ王侯コレクションの文化史」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

現代社会とナチス世界との連続性

2018/03/16 14:38

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kapa - この投稿者のレビュー一覧を見る

ナチス・ドイツと現代との連続性については、つとに指摘されているところであり、ナチスは現代社会への橋渡しとなる「革命」を実現した体制である、という主張もある。例えば、このレビューを書いている今は確定申告シーズン。確定申告の基礎である「源泉徴収」システムは、ナチスが戦費調達を効率化するために考案した制度である。民間人を源泉徴収義務者という疑似公務員に見立て、当時は戦費調達のために効率的に徴税する仕組で、戦前日本も1940年輸入して戦後も制度は存続している。野口悠紀雄先生が「1940年体制」と呼び、戦後日本にも受け継がれた制度には、同じ時期のナチス・ドイツから輸入した制度も多い。
経済に限らず、私たちの日常生活を取り巻く法律・制度にもそのようなものは多い。とりわけ、自然保護・動物愛護・健康志向の分野では、驚くほどナチス・ドイツとの連続性が見られる。例えば、「動物愛護法」は、動物を殺傷する時には苦痛を与えてはならない、という「動物」の視点からの規制を定め、動物実験の制限などを定めている。また、「帝国自然保護法」では、現在にも通ずる「景観保護地区」の設定、自然保護部局の開発計画への関与、さらには、自然保護区域設定のための土地収用など当時としては最先端で高く評価された法律であった。もっとも外見はそのように見えても、人種論のアナロジーによる動物の分類とか「公益は私益に優先する」として正当な補償なしの収用など、裏にはナチズムの思想は反映されている。
本書はそのような流れの一つとして、「健康な身体」、現在の健康管理システム・ダイエット志向などに通ずる流れを、ドイツを中心とした「裸体文化」について研究した著書である。著者の森貴史には、直近では「アイアンスカイ~月面に蟠踞するドイツ第四帝国のリアリティ」(「想起する帝国 ナチス・ドイツ「記憶」の文化史」所載)や「ドイツ王侯コレクションの文化史-禁断の知とモノの世界」「エロスの庭-愛の園の文化史」「ビールを“読む”-ドイツの文化史と都市史のはざまで」などのように、ドイツ圏のニッチな文化(悪く言えばキッチュ)を通して近現代史を読み解く、という研究をされているようである。
ドイツ体操の父ヤーンのような、ナチズムへの流れでつとに登場する人物のほかに、「裸体文化」に通ずる思想家・運動家など、初めて知る人物やその数の多さや、R●●●Pのような現代でも盛んなビジネスもあったことも紹介されてり、この分野での多様な活動・ビジネスの存在には驚かかされる。豊富な写真・資料をもとに、丹念に当時の社会現象を整理しており、これらの動きの全てまたは一部がナチズムとの関連性・連続性は持つようになったのか、その理由・背景は何だったのか、を期待したのだが、最終章の記述はあっさりして肩透かしの感があった。
おそらく本書が整理した菜食主義、裸体運動、禁酒運動などを全て飲み込んだ生活改革運動だけでは、ナチズムとのつながりは乏しいだろう。この新しい潮流に、「男らしさ」のイデオロギー(『男のイメージ 男性性の創造と近代社会』ジョージ・L.モッセ著、作品社2005、『男たちの帝国 ヴィルヘルム2世からナチスへ』星乃治彦著、岩波書店2006)と世紀末から勃興する「民族至上主義」(『帰依する世紀末』竹中亨著、ミネルヴァ書房2004)と「人種論」「オカルティズム」(『聖別された肉体―オカルト人種論とナチズム』横山茂雄著ロサ・ミスティカ叢書1990)という二つの伝統的な要素が融合すると、ナチズムはすぐそこにあるということだ。
なお、世紀転換期を対象にしているためか、明らかな年の記載ミスが目立つことが気になる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ヨーロッパ史 ランキング

ヨーロッパ史のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む