サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】<丸善丸の内本店+ジュンク堂池袋本店>×hontoブックツリー 大切な人に贈るこどもの本(~1/10)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. 物語ウェールズ抗戦史 ケルトの民とアーサー王伝説

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

物語ウェールズ抗戦史 ケルトの民とアーサー王伝説(集英社新書)
物語ウェールズ抗戦史 ケルトの民とアーサー王伝説(集英社新書) 物語ウェールズ抗戦史 ケルトの民とアーサー王伝説(集英社新書) 物語ウェールズ抗戦史 ケルトの民とアーサー王伝説(集英社新書)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/10/17
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: 集英社新書
  • サイズ:18cm/254p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-08-721004-0
  • 国内送料無料
新書

紙の本

物語ウェールズ抗戦史 ケルトの民とアーサー王伝説 (集英社新書)

著者 桜井 俊彰 (著)

5世紀のアングロサクソン人による侵入以来、外敵イングランドに抵抗を続けたブリトン人。救世主「アーサー王」の再来を信じ、1500年にわたり強大な敵に抗い続けた、ウェールズの...

もっと見る

物語ウェールズ抗戦史 ケルトの民とアーサー王伝説 (集英社新書)

821(税込)

物語 ウェールズ抗戦史 ケルトの民とアーサー王伝説

734 (税込)

物語 ウェールズ抗戦史 ケルトの民とアーサー王伝説

ポイント :6pt / 紙の本より87おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

5世紀のアングロサクソン人による侵入以来、外敵イングランドに抵抗を続けたブリトン人。救世主「アーサー王」の再来を信じ、1500年にわたり強大な敵に抗い続けた、ウェールズの誇りと栄光の物語。【「TRC MARC」の商品解説】

そのとき赤竜の軍旗を掲げ、アーサー王は甦った。

ケルトの民ブリトン人の島だったブリテン島をローマ軍が征服し、属州として支配を開始したのは一世紀中頃。五世紀に入るとローマは撤退、アングロサクソン人が侵入を始める。以来ブリトン人は、後にウェールズと呼ばれる島の西の隅に追いやられ蹂躙されながらも、外敵イングランドに抵抗を続けた。そして一四八五年、ついに“勝利”の日が訪れる。それはあまりにもドラマチックな大逆転劇だった――。
本書は、救世主「アーサー王」の再来を信じ、一五〇〇年にわたり強大な敵に抗い続けた、ウェールズの誇りと栄光の物語である。

「アーサー王伝説」の元ネタとなった歴史的背景がこの一冊で丸わかり
大ヒットスマホアプリ『キング・オブ・アバロン』も「アーサー王伝説」をモチーフにしているなど、これまで数多くのヒット映画や舞台などで世界中の多くの人に親しまれてきた「アーサー王伝説」。この伝説は、なぜ、どこで、どのように生まれ、育まれたのか…。歴史的な真実を知りたい読者には、感動的かつ格好の一冊だ。

●プロローグより
そして、ついに「ウェールズ人」がイングランドの王となるときを迎えます。一四八五年八月二二日。イングランド中部レスターシャー州で行われた戦い、世にいう「ボスワースの闘い」でウェールズのシンボル、赤竜を軍旗に掲げて兵を鼓舞し、シェイクスピアに大悪党として描かれたイングランド国王リチャード三世を葬った男、ヘンリー・テューダー。彼こそ、イギリスを世界に覇を唱える海洋国家へと導いていったあのエリザベス一世女王の祖父であり、近代英国史の幕を開けたテューダー朝の開祖ヘンリー七世でした。

【目次】
プロローグ 「よそ者」と呼ばれた人たち
第一章 ブリトン人から、ウェールズ人へ
第二章 ノルマン人西へ、ウェールズへ
第三章 独立を懸けた最後の戦い
第四章 赤龍の旗のもとに
エピローグ ウェールズよ、UKよ、何処へ

【本の内容】

著者紹介

桜井 俊彰

略歴
一九五二年、東京都生まれ。歴史家、エッセイスト。一九七五年、國學院大學文学部史学科卒業。一九九七年、ロンドン大学ユニバシティ・カレッジ・ロンドン(UCL)史学科大学院中世学専攻修士課程(M.A. in Medieval Studies)修了。主な著書に『消えたイングランド王国』『イングランド王国と闘った男』『イングランド王国前史』『英国中世ブンガク入門』『英語は40歳を過ぎてから』など

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む