サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~3/31

読書一生分プレゼントキャンペーン ~5/31

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 158件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 発売日:2017/10/16
  • 出版社: 小学館
  • サイズ:19cm/253p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:978-4-09-386484-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

紙の本

さよなら、田中さん

著者 鈴木 るりか (著)

田中花実は小学6年生。ビンボーな母子家庭だけれど、底抜けに明るいたくましいお母さんと、毎日大笑い、大食らいで生きている…。母娘を中心とした日常の事件を、鮮やかな筆致で描い...

もっと見る

さよなら、田中さん

税込 1,320 12pt

さよなら、田中さん

税込 1,188 10pt

さよなら、田中さん

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 6.1MB
Android EPUB 6.1MB
Win EPUB 6.1MB
Mac EPUB 6.1MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
ブラウザ EPUB 無制限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

田中花実は小学6年生。ビンボーな母子家庭だけれど、底抜けに明るいたくましいお母さんと、毎日大笑い、大食らいで生きている…。母娘を中心とした日常の事件を、鮮やかな筆致で描いた連作短編集。全5編を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

14歳スーパー中学生作家、待望のデビュー

田中花実は小学6年生。ビンボーな母子家庭だけれど、底抜けに明るいお母さんと、毎日大笑い、大食らいで過ごしている。そんな花実とお母さんを中心とした日常の大事件やささいな出来事を、時に可笑しく、時にはホロッと泣かせる筆致で描ききる。今までにないみずみずしい目線と鮮やかな感性で綴られた文章には、新鮮な驚きが。
友人とお父さんのほろ苦い交流を描く「いつかどこかで」、
お母さんの再婚劇に奔走する花実の姿が切ない「花も実もある」、
小学4年生時の初受賞作を大幅改稿した「Dランドは遠い」、
田中母娘らしい七五三の思い出を綴った「銀杏拾い」、
中学受験と、そこにまつわる現代の毒親を子供の目線でみずみずしく描ききった「さよなら、田中さん」。
全5編収録。


【編集担当からのおすすめ情報】
この秋、出版界の話題をさらう新人作家がデビューします。その名は、鈴木るりか。平成15年生まれの中学二年生。小学館が主催する「12歳の文学賞」史上初3年連続大賞受賞。その際、あさのあつこ氏、石田衣良氏、西原理恵子氏ら先生方から大絶賛を受けましたが、すごいのはその先です。受賞作をもとに、連作短編集に仕上げるため書き下ろし原稿を依頼したのですが、その進化がめざましく、3編の素晴らしい原稿が上がって来ました。
著者14歳の誕生日に、待望のデビュー作を刊行します。
是非、この新しい才能を感じてください。【商品解説】

目次

  • 目次
  • いつかどこかで・・・・・・・・・・5
  • 花も実もある・・・・・・・・・・・58
  • Dランドは遠い・・・・・・・・・152
  • 銀杏拾い・・・・・・・・・・・・・163
  • さよなら、田中さん・・・・・・182

収録作品一覧

いつかどこかで 5−57
花も実もある 58−151
Dランドは遠い 152−162

著者紹介

鈴木 るりか

略歴
〈鈴木るりか〉2003年東京都生まれ。3年連続で小学館主宰『12歳の文学賞』大賞を受賞。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー158件

みんなの評価4.4

評価内訳

紙の本

読んでいたら、元気になるんですから。

2019/08/08 19:27

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:佐々木 なおこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

読みながら思い切り笑って、ドキッとして、一緒にしゅんとなって、
何度かぐぐっときて、付箋を貼り続けた。
読んだあと、しみじみ「いい本だったなぁ」と思った。

噂には聞いてました。
小学生作家のるりかちゃん。
ほんと、すごいんだぁ。

タイトルの「さよなら、田中さん」
ああ、ここで登場するんだと妙に心がざわめきました。

母子家庭の花実ちゃん親子。
お母さんは天涯孤独(と本人が言っている)なので、この世の中でたった二人きりの家族なんです。

その花実ちゃんがしっかりしていてすごく良い子で、
お母さんは生計を立てるために男の人に交じって工事現場で力仕事をしている。
「蟻のように働き、犬のように食らう」って、そのお母さんが言ってました。

母子家庭の二人は貧しいながらも、実に楽しそうに暮らしている。
楽しさを見つけるのがうまい。
心に余裕がある。
いつもの暮らしに楽しさを生み出している。
なんでも面白がる。
大事なことはちゃんとわかっている。

そうして、こんな感じで二人で笑っているのです。


お母さんが、カカカカっと笑った。
私も笑った。
そうだ、笑いとばせばいい。
どうにもならないことは笑いとばせ。

私が心揺さぶられたのは、娘の卒業式に、お母さんが新聞紙で作った水色のコサージュを
胸につけていたこと。
それを娘の花実ちゃんが友だちにすごいでしょと自慢していたこと。
そのセンス、その行動、たまらなくかっこいい。

死んでしまいたいくらい辛い思いをしている花実ちゃんの同級生男子に、
このお母さんが言うのだ。

「もし死にたいくらい悲しいことがあったら、
とりあえずメシを食え。
そして一食食ったら、その一食分だけ生きてみろ」

そして最後にガハハと笑えるようなことも付け加える。
いやぁーいい話です。
心にぽっと灯りがともる感じです。

花実ちゃんとお母さんの続編ってあるのかな?
あるなら、読みたいです。
なにしろ、読んでいたら、ほんと元気になるんですから。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

驚き

2017/12/14 17:11

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひかっち - この投稿者のレビュー一覧を見る

最初は、中学生が書いた作品とはとても思えませんでした。しかし、実際に本を読んで見ると、中学生らしさが見えた文章でした。読んで見ないとわからないこともあるので、ぜひ読んでみてください。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

中学生とは思えない

2021/01/31 16:04

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:akb49484800 - この投稿者のレビュー一覧を見る

まさか中学生が書いたとは思えない、とても感動的で奥深い作品だった。他の作品も読んで見たくなりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

泣けます

2019/11/12 01:42

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:コアラ - この投稿者のレビュー一覧を見る

西原理恵子をはじめとして,多くの人々が激賞していたので読んでみた。結果,泣けました。確かに文章に稚拙なところはある。心理描写も甘い。しかし説明したくなるところを情景描写で感情を描くなど素晴らしい。なによりも汚れてしまった大人にない感性が瑞々しい。ファンになりました。立派な作家になって,多くの名作を世に出してください。娘を星美学園に入れて同窓生にしたい…(笑)。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

さよなら

2019/03/02 09:49

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なま - この投稿者のレビュー一覧を見る

文章が分かりやすく、一気に読めました。金銭的には恵まれない環境に育っても、愛情で豊かな子どもに育っていくというのは、やっぱり良いなあと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

中学生の作品

2018/05/28 18:50

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なつめ - この投稿者のレビュー一覧を見る

小学校六年生の娘と母の母子家庭の日常が、生き生きと描かれていてよかったです。中学生の作品とは、驚きです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/10/17 09:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/03/20 18:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/07/18 14:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/02/20 19:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/04/18 06:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/09/12 16:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/06/04 22:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/01/17 12:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/03/01 10:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。