サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】9/1~ 最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン~買えば買うほど当選確率アップ~(~9/30)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 意外な結末・奇妙な味わい ポイント5倍キャンペーン(~10/3)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 児童書・絵本の通販
  4. 生活の通販
  5. 平凡社の通販
  6. 食べるってどんなこと? あなたと考えたい命のつながりあいの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

食べるってどんなこと? あなたと考えたい命のつながりあい
  • みんなの評価 5つ星のうち 2 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:中学生
  • 発売日:2017/11/25
  • 出版社: 平凡社
  • サイズ:19cm/223p
  • 利用対象:中学生
  • ISBN:978-4-582-83767-4

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

食べるってどんなこと? あなたと考えたい命のつながりあい (中学生の質問箱)

著者 古沢 広祐 (著)

食べ物はどこから来る? 日本の食糧自給率はなぜ低い? 食べ物の未来はどうなる? 日常の疑問にはじまり、生きる基本「食」を根っこから考える。「スローフードな日本!」の著者・...

もっと見る

食べるってどんなこと? あなたと考えたい命のつながりあい (中学生の質問箱)

1,512(税込)

食べるってどんなこと?

1,210 (税込)

食べるってどんなこと?

ポイント :11pt / 紙の本より302おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 10.2MB 無制限
Android EPUB 10.2MB 無制限
Win EPUB 10.2MB 無制限
Mac EPUB 10.2MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

本の通販ストア 全商品対象
3,000円以上のご注文で
3%OFFクーポンプレゼント!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3,000円以上のご注文で、10月から使える3%OFFクーポンプレゼントキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間

2018年9月1日(土)~2018年9月30日(日)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

食べ物はどこから来る? 日本の食糧自給率はなぜ低い? 食べ物の未来はどうなる? 日常の疑問にはじまり、生きる基本「食」を根っこから考える。「スローフードな日本!」の著者・島村菜津との対談も収録。【「TRC MARC」の商品解説】

食べないとなぜ死ぬの? 食べ物はどこから来る? 日本の食糧自給率はなぜ低い? 食べ物の未来はどうなる? 日常の疑問にはじまり、生きる基本「食」を根っこから考える。【本の内容】

目次

  • はじめに
  • 第1章 食べることが命の連鎖なの?
  • 第2章 農業と人間の関係って?
  • 第3章 私たちはどんなものを食べてるの?
    • 1 食べものはどこからきてるの?
    • 2 どうやって今の食生活になったの?
    • 3 どんな矛盾や弊害があるの?
  • 第4章 世界全体ではどうなってるの?
    • 1 どんなふうにつながりあってるの?
    • 2 これからどんなリスクがあるの?

著者紹介

古沢 広祐

略歴
〈古沢広祐〉1950年東京生まれ。農学博士。國學院大學経済学部教授。NPO法人「環境・持続社会」研究センター代表理事。著書に「地球文明ビジョン」「共生時代の食と農」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価2.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (1件)

紙の本

食べる物のほとんどは生きものだ。

2018/03/12 15:01

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:銀の皿 - この投稿者のレビュー一覧を見る

食べものから社会を考えるという視点を中学生ぐらいを対象とする講義形式で展開する。自給率や食物連鎖の話など少し難しそうな話にも触れられていくが「わからないところはそれでもいい」ぐらいの気持ちで読み進めるようになっている。こののちどこかで「ああ、あそこで読んだことがある」と思い出せるぐらいから入っていくということもアリなのだと思う。

原子力発電所の事故の問題や世界的な格差の問題などもあり、考え方はいろいろあって結論が出しづらいところもさらりと進んでいく。あとは自分で判断しなさい、というところだろう。

個人的には少し意見の異なるところがあると感じた。「スローフードを日本に紹介した」人との対談が載っていたりしている。そして最後にのっているのが「大地と食に出会えるパワースポット」というページ。このあたりに著者の立ち位置があるのだと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

他者の存在を無視する「ニッポンすごい」本

2018/01/25 09:30

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:hontokitty - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書で語られている食に関する習慣や慣行(「いただきます」、行事食、米食、神仏へのお供えなどなど)は、日本に暮らす人すべてが共有するものではないよね。アイヌの人々をあげるまでもなくさまざまな食文化の人々がいるし、中学の教室にだってベトナム、フィリピンそのほかそのほかものすごく多様なルーツの人々がいる。この人たちが、この本を読んでなんと感じるだろうか。それに人工臓器をつけた人を「サイボーグ」って。その人々の話を聞いたり調査したことはあるのだろうか。同じことは「拒食症」についての表現にも言えて、半端な思い込みで書かれていて、これを読んだ中学生の人工臓器を付けた人々や「拒食症」(かぎかっこつけた意味わかってね)の人々はますます悩んじゃうのではなかろうか。祭りの復活で地域の再生という話も出てくるけど、祭りからはじかれてきた人々、共有する思い出をもたない人々も地域にはいるよね。ある文化を称揚することの危険をこの本にもみました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する