サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

春の全額ポイント還元キャンペーン  ~4/18

春の全額ポイント還元キャンペーン  ~4/18

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 社会・時事・政治・行政の通販
  4. 社会・時事の通販
  5. dZEROの通販
  6. 日本一醜い親への手紙 そんな親なら捨てちゃえば?の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/10/05
  • 出版社: dZERO
  • サイズ:19cm/260p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-907623-24-1

紙の本

日本一醜い親への手紙 そんな親なら捨てちゃえば?

著者 Create Media (編)

「東大出のクズ」「死んでも許さない」「あんたたちとは違う」…。親からの虐待を生き延びたサバイバーたちが書いた訣別と希望と勇気の手紙100通を収録する。東小雪、信田さよ子に...

もっと見る

日本一醜い親への手紙 そんな親なら捨てちゃえば?

税込 1,980 18pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「東大出のクズ」「死んでも許さない」「あんたたちとは違う」…。親からの虐待を生き延びたサバイバーたちが書いた訣別と希望と勇気の手紙100通を収録する。東小雪、信田さよ子による解説も掲載。【「TRC MARC」の商品解説】

「東大出のクズ」「死んでも許さない」「墓参りには行かないから」「じゃあね、お母さん」「幸せになってみせます」
親からの虐待を生き延びたサバイバーたちが書いた訣別と希望と勇気の100通です。【商品解説】

目次

  • はじめに 不当ながまんを強いられる子どもたち
  •   
  • Ⅰ 気づく
  •   
  • 私にも意志がある
  • いけにえ
  • プレゼントはゴミ箱に
  • 見えないんだよ
  • 衣食住の権力者
  • 殺し合う両親

著者紹介

Create Media

略歴
Create Media(クリエイトメディア)は、フリーライター今一生(こんいっしょう)が編集者として活動する際の名称。今一生は1965年、群馬県に生まれる。千葉県立木更津高校卒、早稲田大学第一文学部除籍。1997年、親から虐待された人たちから公募した手紙集『日本一醜い親への手紙』の三部作をCreate Mediaとして企画・編集。「アダルトチルドレン」ブームを牽引する。〔公式サイト〕www.createmedia.co.jp
Create Mediaの編著書には『子どもたちの3.11』(学事出版)、『パパとママからのラブレター』(ノンカフェブックス)、今一生の著書には、『社会起業家に学べ!』(アスキー新書)、『よのなかを変える技術 14歳からのソーシャルデザイン入門』(河出書房新社)、『プライドワーク 自分をつくる働き方』(春秋社)、『猫とビートルズ』(雨樹一期・写真、金曜日)などがある。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価3.8

評価内訳

紙の本

感謝

2020/08/24 05:11

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あいう - この投稿者のレビュー一覧を見る

この本に出会えて良かった。

まず、虐待を受けた「仲間」が自分以外にもこんなにいたんだ、と実感できた。虐待の専門家が書いた本は多くあり、それはそれで非常に有益なのだけれど、虐待被害者が被害経験を語った本は初めて見た。私の気持ちを代弁してくれたような手紙や、私よりも過酷な状況を生き延びられた方の手紙もあり、読んでいると自分の「仲間」と語り合っているような気持ちになってくる。

次に、多くの虐待ケースを見るうちに共通したテーマがあることに気づく。貧困、障害、世間体、学歴、離婚、不倫、再婚、アルコール依存症… これらが虐待の因子になりかねないということがよく分かった。親も人生に苦しみもがいているから、子供を傷つけたくなるのだろう。親と子供の両方への支援が必要だ。

最後に、私が罪悪感から口にすることのできなかった「苦しみながら死んで下さい」といった言葉を本で読み、「そう思っていいんだ!」とスッキリした。ありがとう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

かなり壮絶

2020/11/11 03:24

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:シゲル - この投稿者のレビュー一覧を見る

いかに家庭とは閉鎖的な戦場なのかがよく解ります。
自分は虐待なんかされてない、そう思っている人もこれを読めば"あれは虐待だったんだ"と気づくかもしれません。
とはいえ、編集がダメ。最初から順番に読むとオチのない真っ暗な話が延々と・・・緩急が感じられず「つまらない」と途中で読むのをやめてしまう人もいるかもしれません。なぜこの状態でリリース決定したのか甚だ疑問。
前半は虐待問題の玄人向け。真ん中から後半は素人でも読みやすいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2019/04/20 01:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/01/06 12:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/07/17 10:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/12/26 21:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/02/15 14:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/09/26 07:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。