サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree第三弾 ポイント5倍キャンペーン(~11/5)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

たゆたえども沈まず

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 194件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/10/25
  • 出版社: 幻冬舎
  • サイズ:20cm/408p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-344-03194-4

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

紙の本

たゆたえども沈まず

著者 原田マハ (著)

売れない画家のフィンセント・ファン・ゴッホは、パリにいる画商の弟テオドルスの家に転がり込んでいた。そんな二人の前に、浮世絵を売りさばく日本人、林忠正が現れ…。『パピルス』...

もっと見る

たゆたえども沈まず

1,728(税込)

たゆたえども沈まず

1,382 (税込)

たゆたえども沈まず

ポイント :12pt / 紙の本より346おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 6.9MB 無制限
Android EPUB 6.9MB 無制限
Win EPUB 6.9MB 無制限
Mac EPUB 6.9MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

売れない画家のフィンセント・ファン・ゴッホは、パリにいる画商の弟テオドルスの家に転がり込んでいた。そんな二人の前に、浮世絵を売りさばく日本人、林忠正が現れ…。『パピルス』『小説幻冬』連載に加筆修正して単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

誰も知らない、ゴッホの真実。

天才画家フィンセント・ファン・ゴッホと、商才溢れる日本人画商・林忠正。
二人の出会いが、〈世界を変える一枚〉を生んだ。

1886年、栄華を極めたパリの美術界に、流暢なフランス語で浮世絵を売りさばく一人の日本人がいた。彼の名は、林忠正。その頃、売れない画家のフィンセント・ファン・ゴッホは、放浪の末、パリにいる画商の弟・テオの家に転がり込んでいた。兄の才能を信じ献身的に支え続けるテオ。そんな二人の前に忠正が現れ、大きく運命が動き出すーー。『楽園のカンヴァス』『暗幕のゲルニカ』の著者による
アート小説の最高傑作、誕生!【本の内容】

著者紹介

原田マハ

略歴
〈原田マハ〉1962年東京生まれ。作家。「カフーを待ちわびて」で日本ラブストーリー大賞を受賞、デビュー。「楽園のカンヴァス」で山本周五郎賞、「リーチ先生」で新田次郎文学賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー194件

みんなの評価4.3

評価内訳

紙の本

原田マハがゴッホを書いたとなると読まずにいられない

2017/12/21 15:31

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ゴッホといえば世界中の人が知っている画家であることは間違いないが、日本人ほど彼を好きな国民はいないのではないだろうか。
 もしかしたら日本のどこかでいつもゴッホの絵が公開され、人々は長い列をなしているような気さえする。
 おそらく日本人がどんな日本画家よりもその名を知っているゴッホをアート小説の旗手原田マハがどのように描いてみせるか、この作品ほど読む前から興味をひいたことはない。
 そんな期待は多くの読者が抱いたと思うが、原田は単にゴッホとその弟テオ(そういえば日本人はこの兄弟の往復書簡も大好きだ)の関係だけでなく、そこの日本人の画商林忠正を配することで、ゴッホが愛した浮世絵との関係も浮かび上がらせることに成功した。

 おそらく原田の創作と思われる林の部下である重吉という人物が、ゴッホ兄弟と林との仲介と林が持っていた野望と熱情を描くのに必要であったのであろう。
 創作上のそんな構成は見事であっても、原田もまたゴッホの持っている悲劇性から脱却することはできなかったといえる。
 もちろん画家ゴッホの生涯は確かに悲劇であるし、その弟テオも兄の死から半年で死んでしまうのであるからそれもまた悲劇であるが、もし純粋にゴッホという画家を評価するならば、そういう悲劇性から切り離れた描き方もあってもよかったような気がする。
 それは画商林忠正をどう描くかによって違ってきたはずである。

 ゴッホを描いた原田マハの次なるアートは何だろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

パリ市の紋章Fluctuat nec mergiturがタイトルに

2018/05/08 22:23

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぴんさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

日本人ってゴッホのことが大好きでしょう。もちろん彼の作品は素晴らしいし、人生そのものが小説的でもある。ただ、ここまで私たちがゴッホに惹かれるのは、何か他の理由があるんじゃないかとずっと考えてきた。ゴッホの弟で画商のテオは破天荒な生活をしながら絵を描いているゴッホを経済的精神的に支える。画商の林忠正はパリに浮世絵を広めゴッホは浮世絵に強く惹かれる。ゴッホとテオ兄弟愛と忠正との関係をリアリティ溢れる文章で描いていてマハさん渾身の一作になっているのでは。ゴッホの絵画に日本人が深くか関わっていたことは驚き。弟テオを通して語られるゴッホは、「銀河鉄道の父」で父の目から描かれた宮沢賢治を思い出した。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ゴッホ兄弟

2018/05/05 22:54

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:咲耶子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

今でこそ評価の高いゴッホも生きてる間は不遇で、そんな兄を献身的に支えた弟の存在は広く知られてます。
そんなゴッホ兄弟を題材に、親交のあった日本人画商たちの姿を描いてます。
少しずつ壊れて行くゴッホ、兄を愛しながらも天才に付いて行けない弟の苦悩や寂しさが描かれてます。
緊張感ある展開に一気に読んでしまいました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

読んで良かった

2018/09/28 22:42

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:さくら - この投稿者のレビュー一覧を見る

前半の北斎の絵の世界も、後半のゴッホの絵の世界もありありと浮かんできました。実際の絵を見たくなって、ネットで何度も確認したほど。
人間の創り出す芸術のはかなさと深さに触れ、心に染みました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

原田ワールドのゴッホ!!でも史実!!

2018/05/07 23:30

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あっちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

読み応えがあります。どこまでが史実…???良いじゃありませんか!!だって共鳴できるんだもん。林氏とテオ、そしてフィンセントの出会いはこの本の中では史実にしちゃって良いんです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

色に溢れる作品

2017/11/30 01:24

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:りん - この投稿者のレビュー一覧を見る

原田マハさんの作品を初めて読みました。正直場面の移り変わりが突然過ぎてついていけない部分も多々ありましたが、全体的に読みやすく、何よりも表現に色が溢れていました。文章の間に一切の絵はないのに、どうしてか、風景やオーラのようなものが自然と心に描かれているような。目の前に常にキャンバスがあるような。特にゴッホがアルルヘ旅立った後の兄弟の心の交流、以降の怒濤の切ない運命的表現については、唸る他ないほどの色の奔流でした。とても素晴らしかったです。
あくまでフィクションのはずなのに、まるで本当に忠正さんとゴッホ兄弟が交流していたかのようなリアルさ、特に自分が同じ日本人だからというのもあるのかもしれませんが、私自身が林商会の一員としてそばにあるかのように感じました。また、余計な推測を入れずただあるがまま(それもフィクションですが)を描く原田さんの表現力には驚かされました。あらゆる感情が風景や登場人物を通して表現され、ただの美しい物語として完結させるのではなく読者の想像力に任せるような、そんな描写に踊らされていたようにも思います(もちろん良い意味です)。
絵というのは心を写す鏡とは言いますが、これほどまでに純粋に心を写した(移した)画家はいないと思います。優しく激しく切なくて脆い。生前心を形にして、今現在も多くの人間に愛され形を変えて生きている。そして生れた時からそれをそばで見守り続け、信じ続けた弟テオ。彼の想いはやっと叶ったのかな。今生きていたらきっと「ほら絶対世界中に認められるって言っただろ、兄さん!」って言うんだろうな。そしてそれを隣で照れ臭そうにして聞くゴッホがいて、またキャンバスに向かうんだろう。
改めてゴッホが大好きになりました。原田先生、ありがとうございます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

カフェでの時間つぶしに

2018/07/03 20:55

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:とらちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

原田マハさんの小説初めて読みました。
いい意味で裏切られた感じ。
もう少し理屈っぽいのかと勝手に想像していましたが。映像的で映画を見えいるような感覚でさらりと読み終わりました。
カフェで時間潰しに読むのにちょうどいい程度の重さの小説でした

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

物語に入り込めなかった

2017/11/09 07:29

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Hdylw? - この投稿者のレビュー一覧を見る

「楽園のカンヴァス」「旅屋おかえり」「本日は、お日柄もよく」が面白かったので今回購入しましたが、残念ながら全く物語に入って行けず終了。
ゴッホ展には行きたいな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/09/26 08:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/01/28 11:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/08/11 03:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/06/01 10:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/07/05 09:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/03/08 09:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/04/03 23:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

日本の小説 ランキング

日本の小説のランキングをご紹介します一覧を見る