サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

アウトレットブック ポイント4倍キャンペーン(~2/28)

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~2/28)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. エッセイ・自伝・ノンフィクション
  4. ノンフィクション・ルポルタージュ
  5. 小学館
  6. 笑顔のママと僕と息子の973日間 シングルファーザーは今日も奮闘中

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

笑顔のママと僕と息子の973日間 シングルファーザーは今日も奮闘中

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/10/03
  • 出版社: 小学館
  • サイズ:19cm/207p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-09-388582-9

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

笑顔のママと僕と息子の973日間 シングルファーザーは今日も奮闘中

著者 清水 健 (著)

乳がんで亡くなった妻(享年29)、そのとき生後112日だった息子−。シングルファーザーとなった関西の人気キャスター・清水健が、退社を決断し、前を向いて歩き始めるまでの97...

もっと見る

笑顔のママと僕と息子の973日間 シングルファーザーは今日も奮闘中

1,404(税込)

笑顔のママと僕と息子の973日間~シングルファーザーは今日も奮闘中~

1,264 (税込)

笑顔のママと僕と息子の973日間~シングルファーザーは今日も奮闘中~

ポイント :11pt / 紙の本より140おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

乳がんで亡くなった妻(享年29)、そのとき生後112日だった息子−。シングルファーザーとなった関西の人気キャスター・清水健が、退社を決断し、前を向いて歩き始めるまでの973日間の記録。【「TRC MARC」の商品解説】

ベストセラーの後、人気キャスターと息子は

2016年2月に発売した『112日間のママ』は、多くの読者が涙し、15万部のベストセラーとなりました。
妊娠中に乳がんが発覚した妻が出産後3ヶ月で亡くなるまでを書いた著者。息子を育てながら、キャスターとして週5日の生放送出演と土日を利用しての講演活動を続けていましたが、20キロもやせ、笑えていない自分に気づき、2017年1月に読売テレビを退社。今は週4から5回の講演を続けています。妻をなくしたあとの孤独、子育ての大変さ、退社の決意、今の心境などについて本書で初めて綴られています。
息子が夜中に発熱したのをどうしたらいいか、振りかけご飯しか食べないが大丈夫か、駄々をこねられて亡妻ならどうしたかと途方に暮れる・・シングルファーザーの毎日は不安が続きます。
本人はもちろん、家族ががんになった時から「大変ですね」と気を遣われる存在になってしまっているのを感じ、孤独を味わうことになる。著者はそんな多くの人を元気づけるためにも、たくさんの同じように苦しんでいるかたたちと出会っている講演のこと、成長した長男の可愛いやんちゃぶりに、やっとみんなで笑うようになってきた日常を語ります。


【編集担当からのおすすめ情報】
「シミケン」の愛称で人気のキャスター、清水健さん。
しかし、妻の奈緒さんを亡くしたのち、スムーズに周囲の助けを借りることもできず、孤独の殻にとじこもっていた日々があったことを本書で語っています。
その苦しい時間を経たのち、どうやって前を向いて歩き始めるようになったのか。
明かされる赤裸々なエピソードに、病気と闘う人、大切な人を失った人、子育てが思うように行かない人、誰もが勇気づけられます。【商品解説】

著者紹介

清水 健

略歴
〈清水健〉1976年大阪府生まれ。中央大学文学部社会学科卒。読売テレビで夕方の報道番組「かんさい情報ネットten.」のメインキャスターをつとめた。一般社団法人清水健基金を設立し、代表理事に。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

大切な思いが溢れました

2017/10/18 21:21

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ユカポン - この投稿者のレビュー一覧を見る

前作の『112日間のママ』も、涙が溢れましたが今作も涙が溢れました。 奥様への愛や、お子様への愛情とシングルファーザーとしての子育てや、仕事、また仕事への思いや、葛藤など、伝わってきました。清水健さんがキャスターをされてた、番組、いつもリアルタイムで見てましたので、その当時のことがよみがえりました、このときに、こんな思いが、清水健さんの中にあったのかと、こんな思いで、番組をされてたのかと、涙が溢れました。また、お子様との日常での、笑いもあり、大変さもあり、そんな、普段の子育てなど、お母様や、お姉様家族への、感謝など、読んでて、いえ、読んでよかったと思います。前作同様に、私にとって、大切な本になりました。ありがとうございます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

育児 ランキング

育児のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む