サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 私が22歳で出会いたかった本 ポイント5倍キャンペーン (~5/23)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 私が22歳で出会いたかった本 ポイント5倍キャンペーン (~5/23)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

日米地位協定 その歴史と現在
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/12/16
  • 出版社: みすず書房
  • サイズ:20cm/320,23p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-622-08647-5
  • 国内送料無料

紙の本

日米地位協定 その歴史と現在

著者 明田川融 (著)

日本は主権国家と言えるのか。沖縄への構造的差別はどう絡んでくるのか。占領期から現在まで、日本全域に影響力をもつ「不平等協定」のすべてを、過去から現在にいたるさまざまな出来...

もっと見る

日米地位協定 その歴史と現在

3,888(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

日本は主権国家と言えるのか。沖縄への構造的差別はどう絡んでくるのか。占領期から現在まで、日本全域に影響力をもつ「不平等協定」のすべてを、過去から現在にいたるさまざまな出来事や関連資料と併せながら描く。【「TRC MARC」の商品解説】

〈普天間基地移設の強行、いぜん気前のよい思いやり予算、問題山積にもかかわらず未改定の地位協定と、いったい日本は米国に対してどこまで“協力”すればよいのか〉

沖縄・普天間基地の辺野古移転問題や米兵による犯罪事件のときなどに常に取り沙汰される「日米地位協定」。この協定およびその前身である「日米行政協定」は、どのような経緯で生まれ、具体的に何が書かれているのか。そこからどんな事態が生まれ、問題が起きているのか。なぜ改定も廃止もされないまま現在に至っているのか。沖縄と本土の関係はどうなっているのか。
米軍属の一次裁判権の扱いや日本政府による基地の費用負担、非公開の合同委員会や密約によって協定が維持されてきた経緯、また沖縄の構造的差別の諸相など「被占領」を今に残すこの協定についてのすべてを、過去から現在にいたるさまざまな出来事や関連資料と併せながら描く。
日本は主権国家と言えるのか。日本全域に影響力をもつ「不平等協定」について、第一に読むべき書である。【商品解説】

沖縄・普天間基地の移転問題や米兵による犯罪事件がおきたときなどに常に取り沙汰される「日米地位協定」。本書は、米軍属の一次裁判権の扱いや基地の費用負担、排他的管理権などについて、協定にどのように書かれているのかを丁寧にたどり、また非公開の委員会や密約によって協定が維持されてきたことを明らかにする。沖縄のみならず、日本全域に影響力をもつ「不平等協定」を今こそ読み返す。【本の内容】

目次

  • まえがき
  • 第一部
  • I 類例のない「全土基地方式」
  • 白紙委任の基地協定/マッカーサーの“平和”憲法/「6・23メモ」の戦争観/日本全土基地化構想への収斂/起こらなかった衝突/日本側の真意/米側の真意/核心に触れなかった日本側の修正意見/“不平等協定”の論理/主権残存と恒久基地化/「領土問題は解決済み」/「潜在主権」とは何か/基地使用を「原則的に」許す/減りゆく本土基地、維持される在沖基地
  • II 解放と再接収の政治(ポリティクス)
  • 小突きの序列/接収にみる軍事の論理/「国民全体の負担」による解決を/接収解除“外交”と住民運動/県下自治体のさまざまな要望/「茅ヶ崎ビーチ」問題/解放と再接収──横浜と座間・相模原の明暗
  • III 基地をめぐる歴史認識の相剋

著者紹介

明田川融

略歴
〈明田川融〉1963年生まれ。法政大学で博士号取得。同大学教授。著書に「日米行政協定の政治史」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2018/04/04 18:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

日本の外交 ランキング

日本の外交のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む