サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

SS アウトレットブックポイント2倍キャンペーン ~1/31

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 小説・文学
  4. 日本の小説・文学
  5. 朝日新聞出版
  6. 司馬遼太郎と宗教 親鸞とザヴィエルの時代

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

司馬遼太郎と宗教 親鸞とザヴィエルの時代
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/11/28
  • 出版社: 朝日新聞出版
  • サイズ:21cm/306p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-02-277045-5
  • 国内送料無料
ムック

紙の本

司馬遼太郎と宗教 親鸞とザヴィエルの時代 (週刊朝日MOOK)

『週刊朝日』連載の、司馬遼太郎の作品世界を記者が歩くシリーズ「司馬遼太郎と宗教」を書籍化。第21回〈菜の花忌〉シンポジウム、講演録「法然と親鸞」、幻の直筆原稿“発見”秘話...

もっと見る

司馬遼太郎と宗教 親鸞とザヴィエルの時代 (週刊朝日MOOK)

994(税込)

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

『週刊朝日』連載の、司馬遼太郎の作品世界を記者が歩くシリーズ「司馬遼太郎と宗教」を書籍化。第21回〈菜の花忌〉シンポジウム、講演録「法然と親鸞」、幻の直筆原稿“発見”秘話なども収録。【「TRC MARC」の商品解説】

司馬遼太郎がこだわり続けた「宗教」とは――。
若き新聞記者時代、京都で宗教記者会に所属しており、亡くなるまで、宗教をテーマにした著作、講演が多かった司馬遼太郎。彼の追い続けた「宗教」についてまとめた新シリーズ。
浄土真宗の親鸞、蓮如、浄土宗の法然、道元禅、空海と遍路、雑賀孫市、ザビエル、天草の乱、隠れキリシタン、遠藤周作……小説や「街道をゆく」に即して、司馬さんの考え方を伝える連載23回分を軸に、宗教についての講演録2本も収録。映画化によって再注目されている名作「関が原」をテーマにした「菜の花忌シンポジウム」も収録します。【本の内容】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

古典文学・文学史・作家論 ランキング

古典文学・文学史・作家論のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む