サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善日本橋店×hontoブックツリー ~12人の賢者に学ぶ!~日本橋ビジネススクール(~1/13)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 哲学・思想・宗教・心理
  4. つらいと言えない人がマインドフルネスとスキーマ療法をやってみた。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

つらいと言えない人がマインドフルネスとスキーマ療法をやってみた。
  • みんなの評価 5つ星のうち 5
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/10/23
  • 出版社: 医学書院
  • サイズ:19cm/269p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-260-03459-3
  • 国内送料無料
専門書

紙の本

つらいと言えない人がマインドフルネスとスキーマ療法をやってみた。

著者 伊藤 絵美 (著)

自分の感情をないものとし、感情を出す人を「レベルが低い」と見下す“オレ様”開業医と、自分の感情より相手の感情を優先する“いい人”心理士。ふたりの物語を通して、マインドフル...

もっと見る

つらいと言えない人がマインドフルネスとスキーマ療法をやってみた。

1,944(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

自分の感情をないものとし、感情を出す人を「レベルが低い」と見下す“オレ様”開業医と、自分の感情より相手の感情を優先する“いい人”心理士。ふたりの物語を通して、マインドフルネスとスキーマ療法の効果を伝える。【「TRC MARC」の商品解説】

人とを助けるひとは、なぜ自分を助けられないのか。 自分の感情をないものとし、感情を出す人を「レベルが低い」と見下す“オレ様”開業医のヨウスケさん。 自分の感情より相手の感情を優先して、他人の世話ばかりしてしまう“いい人”心理士のワカバさん。 一見対照的なふたりですが、意外なところが似ています。それはどちらも「つらいと言えない」人たちだということ。 いえ、これはもしかして、医療や福祉に携わる専門職や、ボランティア活動に勤しむ人たちに共通した特徴なのかもしれません。日々他人のために活動し、自らの感情に目を向けない。そして、そんな自分は強くなくてはならない。 とても重要なことですが、ときどき息苦しくなりませんか? というわけで、そんな人たちがマインドフルネスとスキーマ療法をやってみたら……世界が違って見えてきました! ………… (「私はなぜこの本を書いたのか」より抜粋) BPD【境界性パーソナリティ障害】を抱える人以上に、はるかにそれができない人たちがいます。すなわち感情を感じられない、特に「つらい」「傷ついた」「怖い」「寂しい」「腹が立つ」といった、いわゆるネガティブな感情を感じたり、表現したりすることが本当に難しい人たち。 BPDの人たちはつらい感情を抱えていることを自ら知っているがゆえにそれを出すことを恐れるのですが、これらの人たちは、むしろ自分にそのような感情があること自体を知らない。 というか無意識レベルで「知らんぷり」しています。あるいは「感情なんか馬鹿馬鹿しい」「感情なんか必要ない」「感情なんかくだらない」「感情より理性が重要」というように、感情を見下し、感情なんかあたかも「ない」かのように信じて、生きてきた人。そういう人は自分の感情だけでなく、他人の感情も見下します。感情を出す人を「レベルの低い人」として見下すのです。 一方で、感情があることは知ってはいるのですが、あるいは感情を感じられないこともないのですが、自分の感情より他人の感情を優先する癖がついてしまっている人も、自らのネガティブな感情を認め、誰かに「つらいから助けて」と言うことができません。 こういう人は他人のつらい感情には敏感で、「助けてあげたい」と思うのですが、他人の感情を優先してしまっているがゆえに、自分のつらい感情をつかまえることが非常に苦手なのです。非常に自己犠牲的です。 …………【商品解説】

著者紹介

伊藤 絵美

略歴
〈伊藤絵美〉慶應義塾大学大学院修了。洗足ストレスコーピング・サポートオフィス所長。臨床心理士、精神保健福祉士。博士(社会学)。著書に「事例で学ぶ認知行動療法」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

心理学 ランキング

心理学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む