サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

インプレス カレンダー・手帳・年賀状素材集 ポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. 平家物語の女たち 大力・尼・白拍子

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

平家物語の女たち 大力・尼・白拍子
  • みんなの評価 5つ星のうち 3
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/11/13
  • 出版社: 吉川弘文館
  • サイズ:19cm/193p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-642-06756-0
  • 国内送料無料

紙の本

平家物語の女たち 大力・尼・白拍子 (読みなおす日本史)新刊

著者 細川 涼一 (著)

男の合戦を描く「平家物語」には、魅力的な女性も多く登場する。男勝りの武者巴、白拍子祇王、義経の愛妾静、悲劇の女房小督、平家を弔う建礼門院など、彼女らの背後にある歴史事象か...

もっと見る

平家物語の女たち 大力・尼・白拍子 (読みなおす日本史)

2,376(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

男の合戦を描く「平家物語」には、魅力的な女性も多く登場する。男勝りの武者巴、白拍子祇王、義経の愛妾静、悲劇の女房小督、平家を弔う建礼門院など、彼女らの背後にある歴史事象から、描かれたイメージを読み解く。〔講談社 1998年刊の再刊〕【「TRC MARC」の商品解説】

男の合戦を描く『平家物語』には、魅力的な女性も多く登場する。男勝りの武者巴、白拍子祇王、義経の愛妾静、悲劇の女房小督、平家を弔う建礼門院など、彼女らの背後にある歴史事象から、描かれたイメージを読み解く。【商品解説】

男の合戦を描く『平家物語』には、魅力的な女性も多く登場する。男勝りの武者巴(ともえ)、白拍子祇(ぎ)王(おう)、義経の愛妾静、悲劇の女房小督(こごう)、平家を弔う建礼門院など、彼女らの背後にある歴史事象から、描かれたイメージを読み解く。【本の内容】

目次

  • 巴―大力の女性の伝説(『平家物語』の巴/巴の出自/女冠者と女騎/大力の女性の伝説/巴の後日談/奥州留守氏の大力伝承/畠山重忠の姉妹/武装による男装と小袖を着る女装/越中国石黒の在地領主と巴伝説/巴の末裔)/補説1 原文と訳で味わう『平家物語』―「巴」/祇王・仏・静―白拍子の廻国(白拍子の廻国/白拍子微妙の鎌倉への旅/『平家物語』の祇王/近江野洲の祇王伝説/加賀の小松市原の仏伝説/祇女・閉の名前―長岡京市光林寺/下総葛飾地方の静伝説/侍女琴柱の活躍/奥州留守氏と白拍子/白拍子の二人づれ/静と女人禁制)以下細目略/補説2 原文と訳で味わう『平家物語』―「祇王」/小督―王権と音楽/建礼門院―尼の行方/補説3 原文と訳で味わう『平家物語』―「髑髏の尼」/平経正―僧侶と児男色/補論

著者紹介

細川 涼一

略歴
〈細川涼一〉1955年東京都生まれ。中央大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学。大阪大学博士(文学)。京都橘大学学長・教授。著書に「中世の律宗寺院と民衆」「漂泊の日本中世」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

古典文学・文学史・作家論 ランキング

古典文学・文学史・作家論のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む