サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 『~今だからこそ~読んでおきたい50冊』 ポイント5倍キャンペーン ~9/29

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 147件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/11/17
  • 出版社: 実業之日本社
  • サイズ:20cm/445p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-408-53716-0

紙の本

彼方の友へ

著者 伊吹有喜 (著)

平成の老人施設でまどろむ佐倉波津子に、「乙女の友・昭和十三年新年号附録 長谷川純司作」と印刷された可憐な箱が届く。昭和初期から現在へ。雑誌の附録に秘められた想いとは−。『...

もっと見る

彼方の友へ

税込 1,870 17pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

平成の老人施設でまどろむ佐倉波津子に、「乙女の友・昭和十三年新年号附録 長谷川純司作」と印刷された可憐な箱が届く。昭和初期から現在へ。雑誌の附録に秘められた想いとは−。『紡』掲載等に加筆・修正。【「TRC MARC」の商品解説】

戦時下の東京で、少女雑誌編集の道を歩む女の子の青春と、現代に受け継がれた付録に秘められた“謎”をあざやかに描く感動長編!【本の内容】

著者紹介

伊吹有喜

略歴
〈伊吹有喜〉1969年三重県生まれ。中央大学法学部卒。「風待ちのひと」でポプラ社小説大賞・特別賞を受賞してデビュー。ほかの著書に「ミッドナイト・バス」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー147件

みんなの評価4.5

評価内訳

紙の本

進化型“伊吹有喜”デビュー!

2017/12/13 22:40

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:タンポポ旦那 - この投稿者のレビュー一覧を見る

新たな分野に挑んだ力作。ファンにとっては、お馴染みの人物造詣の“面影”を残しつつ、終戦前後を中心に、出版業界と当時の女性の生き方に焦点を当て、今までの作品と異なる魅力を醸し出していると思う。
参考文献の多さと種類からも、綿密な取材と構成への拘りを感じる気がする。朝ドラから広く知られるようになった「暮らしの手帖」の物語に似て思えるかもしれないが、少女雑誌のそれは、理念も理想も違い、しかも経済主体の出版社における、その位置付けとは、想像すらしたことのない新鮮な世界であり、読書体験だった。
「少女の友」や中原淳一は知っていても、親しんだことは無かっただけに、一冊の本としても興味深く、そして最後まで面白く読ませてもらった。タイトルもテーマを良く表現している、ここはファンに馴染みの“らしい”好タイトルと思う。
ただ、「ジェイド」が出て来た処で、北村薫の「街の灯」を彷彿とさせられただけに、その後のジェイドの所在はどうなった? 有賀主筆は何をさせられていた?…等々というのが、心残りというか、強いて言えば残念なところではある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

朝ドラを見ているようでした

2020/09/29 14:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なのはな - この投稿者のレビュー一覧を見る

戦時下の女編集者を描いた感動長編。主人公の女性を初めとして、周りの人物も生き生きと描かれ、まるで朝ドラを見ているようなスリリングでコミカルで感動的な物語でした。戦争のシーンもあったりで、哀しく悲惨な場面もありますが、全編に暖かさと希望があふれる素晴らしい作品です。物書きなら是非読んで欲しい小説。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ぜひ朝ドラにしませんか

2018/05/19 09:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

第158回直木賞候補作。
 老人施設に暮らすハツのもとに届いた昭和13年の「乙女の友」の新年号の付録。花の絵と思わせぶりな言葉が綴られたカードの束。
 それをきっかけにして主人公佐藤ハツの昭和12年、同じく15年、18年、20年の姿が描かれる長編小説である。
 ハツは見習いのようにして就職した雑誌「乙女の友」でこれらの年代をたくましく生きていく。戦前戦中の「お仕事小説」ではあるが、ハツがほのかに心を寄せる雑誌の主筆である有賀や乙女チックな絵で多くの少女を虜にする長谷川画伯などハツをめぐる人間関係も巧みに仕組まれている。
 私はとても面白く読んだ。

 ところが、直木賞の選評ではほとんど評が集まらなかった。
 直木賞の候補になるということは、厳しい批評も受けることがあるということだろうが、それでもこうして選評が聞けるというのは著者にとってはきっとありがたいことだろう。
 選評で面白かったのが、東野圭吾委員のもので「完全に朝の連続テレビ小説の世界」とある。同じような評価が宮部みゆき委員で「このまま即NHKの朝ドラになりそうな仕上がり」とある。
 それを「お行儀が良すぎた」と宮部みゆきは優しく書いているが、つまりは東野圭吾がいう「既視感」だろう。

 しかし、直木賞には至らなかったにしても、朝ドラ仕立てになっていようが、この物語は面白かった。
 できれば本気で朝ドラになればいいのに。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/01/08 17:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/12/26 16:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/12/18 19:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/04/08 17:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/06/20 01:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/03/05 21:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/10/24 21:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/06/28 08:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/11/18 08:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/02/12 17:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/02/25 20:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/06/24 19:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。