サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

SS アウトレットブックポイント2倍キャンペーン ~1/31

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

彼方の友へ

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.6 25件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/11/17
  • 出版社: 実業之日本社
  • サイズ:20cm/445p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-408-53716-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

彼方の友へ

著者 伊吹有喜 (著)

平成の老人施設でまどろむ佐倉波津子に、「乙女の友・昭和十三年新年号附録 長谷川純司作」と印刷された可憐な箱が届く。昭和初期から現在へ。雑誌の附録に秘められた想いとは−。『...

もっと見る

彼方の友へ

1,836(税込)

ポイント :17pt

紙の本をカートに入れる

  • 発送可能日: 7~21日

    ご注文後に出版社・製造元から取り寄せます。在庫切れなどにより取り寄せできない場合があります。

  • 納期/配送の目安について

彼方の友へ

1,652 (税込)

彼方の友へ

ポイント :15pt / 紙の本より184おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

平成の老人施設でまどろむ佐倉波津子に、「乙女の友・昭和十三年新年号附録 長谷川純司作」と印刷された可憐な箱が届く。昭和初期から現在へ。雑誌の附録に秘められた想いとは−。『紡』掲載等に加筆・修正。【「TRC MARC」の商品解説】

戦時下の東京で、少女雑誌編集の道を歩む女の子の青春と、現代に受け継がれた付録に秘められた“謎”をあざやかに描く感動長編!【本の内容】

著者紹介

伊吹有喜

略歴
〈伊吹有喜〉1969年三重県生まれ。中央大学法学部卒。「風待ちのひと」でポプラ社小説大賞・特別賞を受賞してデビュー。ほかの著書に「ミッドナイト・バス」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー25件

みんなの評価4.6

評価内訳

  • 星 5 (14件)
  • 星 4 (7件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

進化型“伊吹有喜”デビュー!

2017/12/13 22:40

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:タンポポ旦那 - この投稿者のレビュー一覧を見る

新たな分野に挑んだ力作。ファンにとっては、お馴染みの人物造詣の“面影”を残しつつ、終戦前後を中心に、出版業界と当時の女性の生き方に焦点を当て、今までの作品と異なる魅力を醸し出していると思う。
参考文献の多さと種類からも、綿密な取材と構成への拘りを感じる気がする。朝ドラから広く知られるようになった「暮らしの手帖」の物語に似て思えるかもしれないが、少女雑誌のそれは、理念も理想も違い、しかも経済主体の出版社における、その位置付けとは、想像すらしたことのない新鮮な世界であり、読書体験だった。
「少女の友」や中原淳一は知っていても、親しんだことは無かっただけに、一冊の本としても興味深く、そして最後まで面白く読ませてもらった。タイトルもテーマを良く表現している、ここはファンに馴染みの“らしい”好タイトルと思う。
ただ、「ジェイド」が出て来た処で、北村薫の「街の灯」を彷彿とさせられただけに、その後のジェイドの所在はどうなった? 有賀主筆は何をさせられていた?…等々というのが、心残りというか、強いて言えば残念なところではある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/01/08 17:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/12/26 16:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/12/18 19:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/11/27 16:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/01/03 23:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/12/13 16:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/01/06 07:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/01/13 12:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/12/30 23:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/01/06 22:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/01/17 23:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/12/29 20:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/12/24 17:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/01/10 22:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る