サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ブックオフ宅本便ページ修正(2018/1/1~1/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 哲学・思想・宗教・心理
  4. 哲学・思想
  5. 未來社
  6. 加藤尚武著作集 第1巻 ヘーゲル哲学のなりたち

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

加藤尚武著作集 第1巻 ヘーゲル哲学のなりたち
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/11/30
  • 出版社: 未來社
  • サイズ:22cm/441,8p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-624-93601-3
  • 国内送料無料

紙の本

加藤尚武著作集 第1巻 ヘーゲル哲学のなりたち

著者 加藤 尚武 (著)

現代日本を代表する哲学者・加藤尚武の全主要業績を網羅。第1巻は、「ドイツ観念論の文化的背景」「カントとドイツ観念論」など、単行本未収録論文全4編を収録する。著者による解題...

もっと見る

加藤尚武著作集 第1巻 ヘーゲル哲学のなりたち

6,264(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

現代日本を代表する哲学者・加藤尚武の全主要業績を網羅。第1巻は、「ドイツ観念論の文化的背景」「カントとドイツ観念論」など、単行本未収録論文全4編を収録する。著者による解題付き。【「TRC MARC」の商品解説】

「加藤尚武著作集」全15巻 第1回配本 第1巻『ヘーゲル哲学のなりたち』。
ヘーゲル学者として出発し、そのテキストの解読をふくめた優れた業績を上げ、そこからさらに生命倫理学、環境倫理学など広く社会の現状に対応する応用倫理学的理論と実践にまで、哲学的知見を生かしてさまざまな領域の現代的課題を考察し、問題提起する現代日本を代表する哲学者の全主要業績を網羅する。単行本未収録論文をふくめて、将来に読みつがれるべき思考の痕跡を、多様なテーマにもとづいて整理し、配列する。各巻末に著者解題付き。著者は、山形大学、東北大学、千葉大学、京都大学、鳥取環境大学初代学長などの経歴をもち、日本ヘーゲル学会会長、元日本哲学会会長といった要職をかねて日本の哲学界の指導的立場をこなされてきた。日本哲学界待望の著作集。

第1回配本は著者の仕事の原点ともいうべきヘーゲル哲学研究の基本を示す最初の著書『ヘーゲル哲学の形成と原理』ほかを収録。【商品解説】

目次

  • 目次
  • 『ヘーゲル哲学の形成と原理――理念的なものと経験的なものの交差』(1980年、未來社、山崎賞受賞)
  • *単行本未収録論文
  •  カントと「ドイツ観念論」
  •  ヘーゲル
  •  ドイツ観念論の文化的背景
  •  ヘーゲル論理学の形成と変容

収録作品一覧

ヘーゲル哲学の形成と原理 7−291
ドイツ観念論の文化的背景 295−305
カントとドイツ観念論 306−321

著者紹介

加藤 尚武

略歴
〈加藤尚武〉1937年東京生まれ。東京大学文学部哲学科卒業。元日本哲学会委員長。京都大学名誉教授。徳倫理学、貢献心等の研究開発に従事。瑞宝中綬章受章。著書に「災害論」「死を迎える心構え」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

西洋哲学 ランキング

西洋哲学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む