サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

カレンダーポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. エッセイ・自伝・ノンフィクション
  4. 私のトリノ物語 人がクルマと生きる街で

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

私のトリノ物語 人がクルマと生きる街で
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/11/10
  • 出版社: カーグラフィック
  • サイズ:20cm/223p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-907234-16-4
  • 国内送料無料

紙の本

私のトリノ物語 人がクルマと生きる街で (CG BOOK)新刊

著者 松本 葉 (著)

トリノは明るい光も暗い闇もすべてクルマが作り出している−。1990年に渡伊した著者が、トリノに生き、トリノで働き、トリノを走るクルマや自動車人たちを活き活きと描く。『EN...

もっと見る

私のトリノ物語 人がクルマと生きる街で (CG BOOK)

1,944(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

トリノは明るい光も暗い闇もすべてクルマが作り出している−。1990年に渡伊した著者が、トリノに生き、トリノで働き、トリノを走るクルマや自動車人たちを活き活きと描く。『ENGINE』連載をもとに単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

イタリア・トリノ。著者の松本 葉は、自動車を軸に回るこの街に暮らした。本書は、彼女がそこで見たクルマや出会った人々、聞いたこと・見たことを日常の1ページとして綴った珠玉のストーリー集。ジウジアーロにアニエッリ、ジアコーザ、マルキオンネ、神の手をもつモデラーから神の目をもつ塗装屋まで。トリノに生き、トリノで働き、トリノを走るクルマや自動車人たちが活き活きと、ありありと描き出された14篇。クルマと自動車人への愛着と感謝に溢れた一冊。読めば、きっと、トリノへ旅がしたくなる。【商品解説】

目次

  • プロローグ 自動車を中心に回る街
  • 第一章 駐屯地から工業都市へ
  • 第二章 カフェ・ブレッロ
  • 第三章 フィアット・チンクエチェント
  • 第四章 ダンテ・ジアコーザ
  • 第五章 ジャンニ・アニエッリ
  • 第六章 セルジオ・マルキオンネ
  • 第七章 カロッツェリア
  • 第八章 自動車デザイナー
  • 第九章 ピニンファリーナ

著者紹介

松本 葉

略歴
神奈川県鎌倉市生まれ。1984年自動車雑誌『NAVI』(二玄社)
の創刊から編集者として携わるかたわら、『カーグラフィック
TV』のキャスターも務める。1990年渡伊。2000年より南仏在住。
自動車雑誌を中心に執筆。著書に『愛しのティーナ』(二玄社)
『踊るイタリア語 喋るイタリア人』(日本放送出版協会)ほか、『フ
ェラーリエンサイクロペディア』『タルガ・フローリオの神話』(二
玄社)など翻訳を手掛ける。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

海外紀行・旅行記 ランキング

海外紀行・旅行記のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む