サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイント最大100倍キャンペーン(~3/31)

ポイント最大100倍キャンペーン(~3/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

教師の文章
教師の文章 教師の文章
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/11/09
  • 出版社: さくら社
  • サイズ:20cm/176p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-908983-18-4

紙の本

教師の文章

著者 宇佐美 寛 (著)

部分相互が矛盾していて、整合的なすじがない。論旨が飛躍していて、それをつなぐ証拠の事実がない…。教師の読み書き能力の著しい劣化を看過できない著者が、「治療のための手術」と...

もっと見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

部分相互が矛盾していて、整合的なすじがない。論旨が飛躍していて、それをつなぐ証拠の事実がない…。教師の読み書き能力の著しい劣化を看過できない著者が、「治療のための手術」として具体的に実例を挙げ、批判を展開する。【「TRC MARC」の商品解説】

教師の読み書き能力、その表れとしての文章の劣化を看過できないと、千葉大学名誉教授・宇佐美 寛先生が筆を執りました。

 前著『議論を逃げるな』で、きわめて論理的な言語である日本語が粗末に扱われている現状に怒り、不実な誤った教育言説を叩き切ったその筆で、今度は文章の劣化甚だしい教師に施す「治療のための手術」としての批判を展開。
燃え尽きることのない闘志で、具体的に実例を挙げ、齢八十三の筆者がより若い教師に共闘を訴えます。【商品解説】

目次

  • 第1章 「アクティブ・ラーニング」騒動
  •     ─なぜ「対話的」がいいのか?─
  • 第2章 自と他
  • 第3章 心理文を排す
  • 第4章 ジャンヌ・ダルク
  •     ─なめられるな、威張れ─
  • 第5章 「作文課題」論の誤り
  •     ─「明確な作文状況」は看板だけ─
  • 第6章 自己・状況・論争

著者紹介

宇佐美 寛

略歴
〈宇佐美寛〉1934年神奈川県生まれ。東京教育大学大学院教育学研究科修士課程修了。教育学博士(東京教育大学)の学位を取得。千葉大学名誉教授。著書に「議論を逃げるな」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

『教師の文章』

2018/06/14 18:53

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:百書繚乱 - この投稿者のレビュー一覧を見る

教師の文章(つまり読み書き能力)の劣化を、大学教師の文章を例にとり舌鋒鋭く批判する

《言葉は事実を指し示す記号である。言葉の学習と事実の学習は違う。》

《論説的文章において重要なのは、〈異・同のけじめ〉である。二箇所が異なっているならば、異なっている理由が明らかに書かれていなければならない。》

《状況・主体が有るような課題で作文を書かせよう。》

《作文指導で重視すべきは、文のつみ重ねである。段落など気にかけてはならない。》

《いずれ英語を学ばせるためには、小学校では、英語を教えるべきではない。日本語によって、言語の本質的構造がわかる。この学習が英語の学習の実質的な基礎として生きる》

タイトルから想定されるようなたんなる文章作法ではなく、批判のための批判でもなく、国語とは、教育とはを根源から考える切れ味のよい視点をあたえられる一書

著者は教育哲学者
八十歳をこえたいまも勉強会「宇佐美塾」を主宰し、旺盛な執筆活動をつづけている

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/04/26 22:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/01/02 15:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/01/17 20:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

教職員 ランキング

教職員のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。