サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

アウトレットブックポイント2倍キャンペーン  ~12月31日

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

「北の国から」で読む日本社会(日経プレミアシリーズ)
「北の国から」で読む日本社会(日経プレミアシリーズ) 「北の国から」で読む日本社会(日経プレミアシリーズ)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.8 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

「北の国から」で読む日本社会 (日経プレミアシリーズ)新刊

著者 藤波 匠 (著)

国民的な人気ドラマ「北の国から」。黒板五郎を中心としたドラマの登場人物たちの人間模様を取り上げ、その背景となっている日本社会の激動を、東京への人口移動、農業の衰退、ゴミ問...

もっと見る

「北の国から」で読む日本社会 (日経プレミアシリーズ)

918(税込)

「北の国から」で読む日本社会

918 (税込)

「北の国から」で読む日本社会

ポイント :8pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

国民的な人気ドラマ「北の国から」。黒板五郎を中心としたドラマの登場人物たちの人間模様を取り上げ、その背景となっている日本社会の激動を、東京への人口移動、農業の衰退、ゴミ問題など象徴的な切り口から分析する。【「TRC MARC」の商品解説】

五郎さんが生きた、あの時代。
集団就職、東京への人口移動、農業の衰退、バブル崩壊、交通事情の変化、恋愛の変遷、受験戦争、ゴミ問題――名作ドラマが映した社会の激動を描きとる。
「北の国から」ファン必読の1冊! !

フジテレビで1981年から2002年にわたって放映され、国民的な人気ドラマとなった「北の国から」。単なるヒューマンドラマにとどまらず、戦後間もないころから現代までの日本の社会のあり様とその変化を描いた秀作でもある。
ドラマがリアルタイムで描いた1980年代から2002年まではもちろんのこと、戦後の富良野で黒板五郎が成長し、東京で家族を持つまでの時代をも物語の背景として取り込み、ドラマは1 人の男の生涯を描いたものとなっている。

本書では、そうした黒板五郎を中心としたドラマの登場人物たちの人間模様を取り上げ、その背景にある社会の変化に注目し、改めて戦後日本のあり様を見直す。ドラマ内の名場面を多数引用しながら、日本社会の変遷を振り返る意欲作。【商品解説】

目次

  • 第1章 なぜ五郎は北の国のボロ家へ帰ってきたのか
  • 子どもを富良野に連れ帰った五郎の真意
  • “もの"に対する純の意識の変化
  • 螢の複雑な想い
  • 現代の暮らしが形作られた1980年ごろ
  • 東京に多くの若者が流入した1960年代
  • 富良野からも失われた五郎の理想
  • あえてボロ家に帰ったわけ
  • 第2章 『北の国から』の農家はなぜ失敗するのか

著者紹介

藤波 匠

略歴
〈藤波匠〉東京農工大学農学研究科環境保護学専攻修士課程修了。(株)日本総合研究所調査部上席主任研究員。主として地方再生の研究に従事。著書に「人口減が地方を強くする」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.8

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

思い出すだけでなく、今を見つめるために

2017/11/20 18:18

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あいん - この投稿者のレビュー一覧を見る

1990年代以降の経済の中で、携帯電話やスマートフォンを筆頭に目覚ましく進歩したコミュニケーションツールが、実は人を幸せにしていないことを気付かせてくれる一冊かと。亡くなった親父世代(昭和ひと桁)の黒板五郎と、その次男の自分自身である純と、我が子世代(今の大学生・中学生)、それぞれが目を通して話し合ってみたい一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

すらっと読破

2017/12/08 10:50

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぶたたぬき - この投稿者のレビュー一覧を見る

良い本である。 この内容をふまえて、もう一度「北の国から」を見直したくなる。
今は観光や大規模農業が、盛んな北海道を違った目線で見ることができる。
実は富良野は農業に適さない荒野であったことなど、この著書で改めて知った。
昭和から平成の北海道の社会の移り変わりを知る者として(純とほぼ同世代)
一連のドラマを思い出しながら、その裏話を覗くような気持ちで読み進められ、
テレビドラマで見る社会学といった風体。 
何なのだろうか? その北海道に郷愁を感じてしまう分というものは・・・。
決して生易しい社会や自然環境ではなかったであろうに。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/11/22 21:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む