サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

	ブックオフ宅本便ページ修正(2017/11/22~12/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. シリーズ日本文学の展望を拓く 2 絵画・イメージの回廊

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

シリーズ日本文学の展望を拓く 2 絵画・イメージの回廊

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:研究者
  • 発売日:2017/11/10
  • 出版社: 笠間書院
  • サイズ:22cm/24,344p
  • 利用対象:研究者
  • ISBN:978-4-305-70882-3
  • 国内送料無料
専門書

紙の本

シリーズ日本文学の展望を拓く 2 絵画・イメージの回廊新刊

著者 小峯 和明 (監修),出口 久徳 (編),鈴木 彰 (ほか著)

日本文学あるいは日本文学研究のもつ可能性を、さまざまな観点から展望するシリーズ。2は、文学と絵画・イメージといった視覚的想像力が交わる動態について、絵巻など多様なメディア...

もっと見る

シリーズ日本文学の展望を拓く 2 絵画・イメージの回廊

9,720(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

日本文学あるいは日本文学研究のもつ可能性を、さまざまな観点から展望するシリーズ。2は、文学と絵画・イメージといった視覚的想像力が交わる動態について、絵巻など多様なメディアを視野に入れて検討する。【「TRC MARC」の商品解説】

多様な研究分野が競い合うフィールドで、
各分野の解析法がどう重なり、ずれるのか、
読みと研究のあり方が問われている。

日本文学とその研究がこれまでに担ってきた領域、これから創造していく可能性をもつ領域とは何か。
人文学としての文学が人間社会に果たしうる役割に関して、
より豊かな議論を成り立たせるには、これからどうしていけばよいのか。
日本文学の窓の向こうに広がるものの総体を捉えようとするシリーズ、「日本文学の展望を拓く」第2巻。

【執筆者】鈴木 彰/出口久徳/小峯和明/キャロライン・ヒラサワ/塩川和広/吉橋さやか/西山美香/山本聡美/阿部龍一/吉原浩人/髙岸 輝/ヴェロニック・ベランジェ/山口眞琴/金 英珠/ケラー・キンブロー/伊藤信博/宇野瑞木/軍司直子/安原眞琴/琴 榮辰/グェン・ティ・ラン・アィン/楊 暁捷/川鶴進一【商品解説】

目次

  • 緒言──本シリーズの趣意──(鈴木 彰)
  • 総論──絵画・イメージの〈読み〉から拓かれる世界──(出口久徳)
  • 1 絵画・イメージ研究の現在/2 物語をつむぎだす絵画(第1部) /3 社会をうつしだす絵画(第2部)/4 〈武〉の神話と物語(第3部)/5 絵画メディアの展開(第4部)/6 絵画・イメージ研究の今後に向けて
  • 第1部 物語をつむぎだす絵画
  • 1 絵巻・〈絵画物語〉論(小峯和明)
  • *絵巻、絵画物語、画中詞、図巻、中国絵巻
  • 1 研究の動向と経緯/2 絵巻と図巻/3 絵をいかに読むか、イメージの翻訳へ/4 絵画と言葉/5 画中詞の世界/6 絵画を読むこと/7 東アジアへの視界・中国絵巻の世界──メトロポリタン美術館にて
  • 2 光の救済──「光明真言功徳絵詞(絵巻)」の成立とその表現をめぐって──(キャロライン・ヒラサワ)

著者紹介

小峯 和明

略歴
1947年生まれ。立教大学名誉教授、中国人民大学高端外国専家、早稲田大学客員上級研究員、放送大学客員教授。早稲田大学大学院修了。日本中世文学、東アジア比較説話専攻。物語、説話、絵巻、琉球文学、法会文学など。著作に『説話の森』(岩波現代文庫)、『説話の声』(新曜社)、『説話の言説』(森話社)、『今昔物語集の世界』(岩波ジュニア新書)、『野馬台詩の謎』(岩波書店)、『中世日本の予言書』(岩波新書)、『今昔物語集の形成と構造』『院政期文学論』『中世法会文芸論』(笠間書院)、『東洋文庫809 新羅殊異伝』(共編訳)、『東洋文庫875 海東高僧伝』(共編訳)など、編著に、『東アジアの仏伝文学』(勉誠出版)、『東アジアの女性と仏教と文学 アジア遊学207』(勉誠出版)、『日本文学史』(吉川弘文館)、『日本文学史―古代・中世編』(ミネルヴァ書房)、『東アジアの今昔物語集―翻訳・変成・予言』(勉誠出版)ほか多数。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

文学論 ランキング

文学論のランキングをご紹介します一覧を見る