サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 私が22歳で出会いたかった本 ポイント5倍キャンペーン (~5/23)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 私が22歳で出会いたかった本 ポイント5倍キャンペーン (~5/23)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

母・娘・祖母が共存するために
母・娘・祖母が共存するために 母・娘・祖母が共存するために
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/12/07
  • 出版社: 朝日新聞出版
  • サイズ:20cm/228p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-02-251508-7
  • 国内送料無料

紙の本

母・娘・祖母が共存するために

著者 信田さよ子 (著)

母が重たい娘たち、団塊女性の母であることの困難、存在感を増す祖母…。母娘問題の第一人者であるカウンセラーが、豊富な事例とともに、3世代の共存の方向性を探る。『一冊の本』連...

もっと見る

母・娘・祖母が共存するために

1,512(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

母が重たい娘たち、団塊女性の母であることの困難、存在感を増す祖母…。母娘問題の第一人者であるカウンセラーが、豊富な事例とともに、3世代の共存の方向性を探る。『一冊の本』連載を加筆し書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

【文学/日本文学評論随筆その他】超高齢社会で存在感を増す祖母、「毒母」という言葉の点検、団塊男女のつくった家族、娘を身代わりにした教育虐待、息子は母が重くないのか……母娘問題の第一人者であるカウンセラーが豊富な事例とともに、3世代の共存の方向性を探る決定版。【商品解説】

ベストセラー『母が重くてたまらない 墓守娘の嘆き』から10年。母の愛に疑念をいだいた娘たちは「墓守娘」「母重」という自己確認の言葉を獲得した。その母は団塊世代に属し、また高齢の母を介護する立場は娘である。あまり言及されてこなかった団塊女性を1970~80年代の時代背景を入れて考えると、何がみえてくるのか。また100歳超えの高齢者が6万人という現代に、母娘問題は「老いた母とのつきあい」をぬきには語れない。娘の子育てに懸念をいだき孫のことが心配でたまらない、孫の不登校を悩む祖母の相談は増える一方だ。

本書では娘、母、祖母の3世代と家族という視点を入れ、団塊女性に象徴される母親のかかえる困難さに言及する。そして女性だけの問題にとどまらず、父親(夫)である男性、息子と母と関係にもふれる。

この10年の臨床をもとに3世代の共存の方向性を提言する、母娘問題の第一人者による力作。

●目次から

1 家族愛帝国の難民女性たち――まえがきに代えて /2 「毒母」という言葉を点検する1 /3 「毒母」という言葉を点検する2 /4 1995年という転換点 /5 母娘関係をめぐる歴史 /6 母娘問題の中核となった女性たち /7 団塊世代の男性たち /8 団塊世代がつくった家族/9 団塊女性たちの挫折感/10 僕は生き直したいんだ/

11 母はなぜ不幸しか語らないのか /12 娘を身代わりにした母と教育虐待 /13 娘としての団塊女性たち /14 孫によって延命する祖母 /15 息子は母が重くないのか? /16 母への愛がなければ、母ロスは起きないのか /17 出口はあるのだろうか /18 仲間とともに /19 離脱か和解か /20 存在感を増す祖母たち /終章 母・娘・祖母が共存するための提言【本の内容】

著者紹介

信田さよ子

略歴
〈信田さよ子〉1946年岐阜県生まれ。お茶の水女子大学大学院修士課程児童学専攻修了。原宿カウンセリングセンター所長。臨床心理士。著書に「アディクションアプローチ」「依存症」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2018/04/07 16:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/12/07 18:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/01/28 13:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

家族関係 ランキング

家族関係のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む