サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree第三弾 ポイント5倍キャンペーン(~11/5)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

故郷はなきや(新潮文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/12/25
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • サイズ:16cm/382p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-138060-5
文庫

紙の本

故郷はなきや (新潮文庫 新・古着屋総兵衛)

著者 佐伯泰英 (著)

越南に着いた信一郎率いる交易船団は皇帝への謁見を目指し、さらに安否不明だった総兵衛の母親の消息を調査する。一方、江戸では総兵衛暗殺計画の刺客、筑後平十郎を知恵者の小僧忠吉...

もっと見る

故郷はなきや (新潮文庫 新・古着屋総兵衛)

680(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

越南に着いた信一郎率いる交易船団は皇帝への謁見を目指し、さらに安否不明だった総兵衛の母親の消息を調査する。一方、江戸では総兵衛暗殺計画の刺客、筑後平十郎を知恵者の小僧忠吉が懐柔し、なびかせることに成功するが…。【「TRC MARC」の商品解説】

鳶沢信一郎率いる交易船団がようやく越南に到着した。一行は政変時に離れてしまった総兵衛の母親今坂恭子の安否確認に総力を挙げる。一方、江戸では、丹石流の剣を遣う手練れの浪人筑後平十郎が総兵衛暗殺の刺客を請け負ったとの情報がもたらされた。平十郎は、稀代の名刀福岡一文字則宗に執心しているという。知恵者の小僧の忠吉は犬の甲斐を連れて何食わぬ顔でその長屋へと向かった……。【商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.6

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

母との再会

2018/07/14 09:44

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:高山 - この投稿者のレビュー一覧を見る

二艘の船が総兵衛の母国に向かって進んでゆく。ベトナムに到着後現政権から逃れる様にひっそりと暮らしている母の情報を得て、おりんは総兵衛との再会に意欲を燃やす。現皇帝に謁見し交易の許しを得て母を日本に向かえることとなった。又母が生活していた地域の産業織物を交易の対象とし、母への恩を返すことにも繋がる糸口が得られた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/08/02 17:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/05/11 13:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/02/26 14:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る