サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】9/1~ 最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン~買えば買うほど当選確率アップ~(~9/30)

8/31 honto限定!電子おまけフェア~飯田実樹『我が王と賢者が囁く』発売記念~(~9/29)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

島抜けの女(ハルキ文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2017/11/11
  • 出版社: 角川春樹事務所
  • レーベル: ハルキ文庫
  • サイズ:16cm/312p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7584-4131-5
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

島抜けの女 (ハルキ文庫 時代小説文庫 鎌倉河岸捕物控)

著者 佐伯 泰英 (著)

宗五郎たちが江戸を不在にしていたある日、政次は、夜桜お寅なる女賊が島抜けをし、「小田切奉行に恥をかかせて恨みを晴らす」といって江戸に潜んでいると聞かされる。同じ頃、愛猫の...

もっと見る

島抜けの女 (ハルキ文庫 時代小説文庫 鎌倉河岸捕物控)

745(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

本の通販ストア 全商品対象
3,000円以上のご注文で
3%OFFクーポンプレゼント!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3,000円以上のご注文で、10月から使える3%OFFクーポンプレゼントキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間

2018年9月1日(土)~2018年9月30日(日)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

宗五郎たちが江戸を不在にしていたある日、政次は、夜桜お寅なる女賊が島抜けをし、「小田切奉行に恥をかかせて恨みを晴らす」といって江戸に潜んでいると聞かされる。同じ頃、愛猫の菊小僧が忽然と消え…。シリーズ第31弾。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

所感

2017/11/28 09:46

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:如水 - この投稿者のレビュー一覧を見る

政次と内与力嘉門との心の読み合いが、特に面白く読ませて頂きました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

豪華客船の旅

2017/12/11 12:50

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:BHUTAN - この投稿者のレビュー一覧を見る

金座裏宗五郎はじめ隠居連の京都への旅は、今で言えば豪華客船それも最高級スイートルームでの旅だろう。
どうも庶民の感覚からずれてやしないか?
まぁ、お話しだからいいんだろうが、あまりにかけ離れてどうだろう。安易すぎやしないか?
江戸では夜桜お寅の捕り物だが、この一冊はチョット残念だ。
というか、もうシリーズを閉じる時期かもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/01/05 20:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/01/22 16:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/03/04 21:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/12/24 21:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/03/16 22:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/07/14 09:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る