サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

【HB】honto withダウンロードキャンペーン(~8/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 社会・時事・政治・行政の通販
  4. 外交・国際関係の通販
  5. 育鵬社の通販
  6. 中国に勝つ日本の大戦略 プーチン流現実主義が日本を救う 戦闘なしで中国に勝つ方法とは?の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

中国に勝つ日本の大戦略 プーチン流現実主義が日本を救う 戦闘なしで中国に勝つ方法とは?

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/12/04
  • 出版社: 育鵬社
  • サイズ:19cm/319p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-594-07875-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

中国に勝つ日本の大戦略 プーチン流現実主義が日本を救う 戦闘なしで中国に勝つ方法とは?

著者 北野幸伯 (著)

中国・ロシア・韓国で「反日統一共同戦線」をつくり、尖閣のみならず沖縄を奪う−。対日戦略を明らかにした中国から尖閣・沖縄を守りつつ、日中戦争(実際の戦闘)を回避する道や、や...

もっと見る

中国に勝つ日本の大戦略 プーチン流現実主義が日本を救う 戦闘なしで中国に勝つ方法とは?

1,728(税込)

中国に勝つ 日本の大戦略 プーチン流現実主義が日本を救う

1,728 (税込)

中国に勝つ 日本の大戦略 プーチン流現実主義が日本を救う

ポイント :16pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 9.8MB 無制限
Android EPUB 9.8MB 無制限
Win EPUB 9.8MB 無制限
Mac EPUB 9.8MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

中国・ロシア・韓国で「反日統一共同戦線」をつくり、尖閣のみならず沖縄を奪う−。対日戦略を明らかにした中国から尖閣・沖縄を守りつつ、日中戦争(実際の戦闘)を回避する道や、やむを得ず戦争になったときに勝つ道を示す。【「TRC MARC」の商品解説】

「日中戦争は、もうはじまっています!」
こんなことをいう人がいたら、あなたはどう思いますか?
 「うわ~、この人ネトウヨだ~」
 「ぎゃ~、トンデモ系、陰謀論者だ~」
 きっと、こんなリアクションになるでしょう。
 それが、普通です。
 しかし、「日中戦争」がはじまっているのは事実です。
 証拠をいますぐお見せすることもできます。
グーグルでもヤフーでもいいですが、「反日統一共同戦線」で検索してみてください。
 検索しましたか?
 あなたは、「ロシアの声」2012年11月15日付「反日統一共同戦線を呼びかける中国」という記事を、容易に見つけることができるでしょう。
ここには、驚くべき事実が記されています。
たとえば、
・中国は、ロシアと韓国に、「反日統一共同戦線」構築を提案した。
 ・中国は、中ロ韓で一体化して、「日本の領土要求を断念させよう」と呼びかけた。
 ・日本に断念させる領土とは、「北方4島」「竹島」「尖閣および沖縄」である。
 ・日本に、沖縄の領有権はない!
 ・反日統一共同戦線には、米国も引き入れなければならない。
どうでしょうか?
 「・・・・・驚きました。
しかし、これで『日中戦争がはじまっている』というのは、やはり大げさなのでは?」
確かに、「実際の戦闘」という意味での「戦争」は、まだ起こっていません。
 しかし、「戦争」は、「実際の戦闘」の、ずっと前にはじまるのです。
就職、結婚、離婚、起業、投資などは、まずそれをする人の「頭の中」ではじまります。
 「戦争」も同様で、まず指導者の「頭の中」ではじまります。
 彼は、今日「戦争しよう」と決意して、明日軍隊を送るわけではありません。
 まず、「戦争に勝つ方法」(=戦略)を考えます。
次に「情報戦」を仕掛け、敵国を「悪魔化」させます。
 (例、中国は1930年代はじめ、「日本の世界征服計画」(=田中メモリアル)(=偽書)を世界に拡散し、「日本悪魔化」に成功した。)
さらに「外交戦」によって仲間を増やし、敵国を孤立させる。
 必要があれば、「経済戦」(=経済制裁)などによって、敵国のパワーを削ぎます。
 (例、アメリカは、日本が石油を買えないよう、「ABCD包囲網」を作った。)
最期に、必要があれば、実際の戦闘によって敵国を倒し、望む結果を手に入れる。
 つまり、敵国の指導者が戦争を決意し戦略をたててから、実際の戦闘が開始されるまでに時間差がある。
 そして、戦略が発動された時点で対処しないと、実際の戦闘がはじまる前に「負けが確定してしまう」のです。
先の大戦時、日本の指導者たちは、このことをまったく理解していなかった。
それで、完全敗北した。
 【商品解説】

目次

  • 今回も、「平和ボケ」したナイーブな人物が日本の指導者であれば、あれよあれよという間に「世界の敵」にされ、中国は無傷で尖閣、沖縄を奪うことに成功するでしょう。
  • では、どうすればいいのでしょうか?孫子はいいます。
  • <上兵は謀を伐つ。
  •  其の次は交を伐つ。
  •  其の次は兵を伐つ。
  •  其の下は城を攻む。
  •  城を攻むるのは已むを得ざるが為なり。>
  • 意味は、「最上の戦いは、敵の謀略を読んで無力化することである。その次は、敵の同盟、友好関係を断ち切って孤立させること。それができなければ敵と戦うことになるが、城攻めは、他に方法がない場合に行う最後の手段である」。
  • そう、最上の戦いは、「相手の謀略(あるいは戦略)読んで無力化させること」。
  • 「・・・・しかし、中国の戦略をどうすれば知ることができますか?」

著者紹介

北野幸伯

略歴
〈北野幸伯〉1970年生まれ。モスクワ国際関係大学(MGIMO)を日本人として初めて卒業(政治学修士)。国際関係アナリスト。著書に「日本自立のためのプーチン最強講義」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

理路整然と現実的に

2018/01/07 01:04

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:コアラ - この投稿者のレビュー一覧を見る

以前読んだ「プーチン最強講義」と異なり一貫してまじめな本(先の本も内容はまじめなのですが…)。日本の進むべき道を,平易にかつ理路整然と説いている。「本当に頭のよい人は誰にでもわかるように書く」の見本のような書籍。感情的に反発したくなるところもあるが,落ち着いて考えれば,考えれば「それしかないよな」である。多くの政治家,とりわけ自民党の政治家に読んでもらいたい本である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

全日本人に読んでもらいたい本

2017/12/20 13:19

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ZATO - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、日本人が自由を失わずに生きていくための戦略が書いてある本です。
現状、わが国の最大の敵は間違いなく中華人民共和国です。中共に支配されたら、今の日本の自由は間違いなく抑圧されます。
そうならないためには、本書で強調されているように、米国との同盟を強化し、ロシアと友好関係を保ち、韓国を引きとどめておく必要があります。
ただ、個人的には韓国に関しては別意見を持っていますが…。
さらにインドとの実質的な同盟を本格的な同盟に引き上げることも重要だと思います。フィリピン、ベトナム、欧州なども味方につけるべきです。
こうした戦略は、実は安倍総理が実践しているものですが、永久に安倍さんが総理大臣を続けられるわけではありません。日本人全体の、少なくとも大多数の合意事項とすることが大切です。
外交や国防は政治家や官僚が実務的には行ってますが、国民の支持があってこそ、力をなすものです。
ぜひ心ある人は本書を読んで、他の話を聞く耳を持つ人々に進めて貰いたいと思ってます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/03/03 09:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/03/04 21:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

日本の外交 ランキング

日本の外交のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む