サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

お買い物金額分全額還元祭(~1/6)

11/30~ <honto限定!電子おまけ>大洋図書・岩本薫キャンペーン(~1/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 小説・文学の通販
  4. 小説の通販
  5. 早川書房の通販
  6. ミレニアム 5上 復讐の炎を吐く女 上の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ミレニアム 5上 復讐の炎を吐く女 上
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 28件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/12/19
  • 出版社: 早川書房
  • サイズ:19cm/299p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-15-209734-7

紙の本

ミレニアム 5上 復讐の炎を吐く女 上

著者 ダヴィド・ラーゲルクランツ (著),ヘレンハルメ美穂 (訳),久山 葉子 (訳)

人工知能研究の世界的権威バルデルの息子の命を救ったときに取った行動が違法行為にあたり、女子刑務所に収容されたリスベット。そこで彼女は、囚人はおろか看守までも支配するベニー...

もっと見る

ミレニアム 5上 復讐の炎を吐く女 上

1,620(税込)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

人工知能研究の世界的権威バルデルの息子の命を救ったときに取った行動が違法行為にあたり、女子刑務所に収容されたリスベット。そこで彼女は、囚人はおろか看守までも支配するベニートとの対決を決意して…。【「TRC MARC」の商品解説】

ミカエルの協力を得て、自らの過去の秘密を解き明かそうするリスベット。イスラム原理主義者、犯罪組織のボス、そして双子の妹カミラの妨害を受けながらも、彼女は誰もが隠蔽したがる謎の実験「レジストリ」の真実に近づいていくが……。2018年映画化続篇決定【商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー28件

みんなの評価3.5

評価内訳

紙の本

作者は違うが

2018/05/22 00:08

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:マー君 - この投稿者のレビュー一覧を見る

第4作も読んだが、作者は違うがミレニアムはミレニアム。ただ、前3作を本当によく読み込んでおり、ストーリーがうまく繋がり発展している。
ただリスペットが少し優しくなり、人に頼るようになっているような気がする。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

前作もそうだったが、表紙にもっと工夫ができないものだろうか・・・。

2018/10/17 04:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かしこん - この投稿者のレビュー一覧を見る

また出遅れたが、今回は早々に読み始めたつもり・・・なのに冒頭からいまいち入り込めなくて。4作目は作者が変わったことに対する覚悟ができていたからであろうか、それとも作者が気を遣ってオリジナルのテイストに寄せていたからだろうか。
つまり本作はもう寄せていない、ダヴィド・ラーゲルクランツが独自性を出してきたのだけれど、それが私には慣れない、ということ?
微妙な気持ちになってしまった。

前作の事件のため、リスベット・サランデルは短期ながら有期刑となり女子刑務所に収監されている。ジャーナリストのミカエル・ブルムクヴィストらは緊急避難や正当防衛を叫んだが、リスベットは意に介さず刑務所生活を送っている。ある日、リスベットの後見人であった弁護士のホルゲル・パルムグレンが面会に来て、その会話からリスベットがかつてある組織による双子対象の人体実験に利用されていたことを知る。さらにその女子刑務所内では一人の囚人の殺害計画が進んでおり、それを知ったリスベットは主犯格ベニートを半殺しにするが・・・という話。

<リスベットのドラゴン・タトゥーの秘密がついに明かされる衝撃作!>ということですが・・・個人的にはそんなに“秘密”だとは思ってなかったのでそこにそんなにこだわりはなくて。
最初の三部作のメインキャラクターが登場してくれるのはうれしいんだけど、ミカちゃん(ミカエル・ブルムクヴィストを私は勝手にそう呼んでいる)ってこんなに使えない人だったっけ?、とか、リスベットがそんな手抜かりを!、とか、いや、パルムグレンに対してそんな!、とか。
結果的にスティーグ・ラーソンがそうしても私は「ひどい!」と言うだろうけど、違う作者にされるとよりいきどおりを覚えてしまうよ・・・だから私は今でも新しい『グイン・サーガ』が読めないのかしら。
これも最初は「どうしよう、読めないかもしれない」と思ったけれど、上巻1/3ぐらいから勢いがついてきた。謎の組織というでっかい話にもなっているのだけれど、読み手に迫るのは個人にかかわる悲劇のほうで。イスラム原理主義に苦しめられる女性(名誉の殺人も含む)についてだけでなく、同じムスリムでも原理主義はやりすぎだとする人々が出てきてブブランスキー警部も対処に苦慮している描写が出てくるのも、スウェーデンの現状なのであろう。
抑圧された人々の苦しみ、というのは<ミレニアム>の大きなテーマの一つである。
ここさえ外さなければ、シリーズとしては問題ないのかもしれないが・・・やっぱりキャラクターの放つ熱量がなー、なんか足りない気がしてしまう。
ミカちゃんのうっかりも増え、女性にフラフラするようにもなったんだけど、そのうっかりの種類は違うんじゃない?、と。勝手だぜ、自分。
とはいえ、「消えた誰かを探し求めている人はたくさんいる」という一節には胸を突かれる思いでしたよ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/01/15 10:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/01/13 12:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/10/31 12:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/01/30 22:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/01/08 03:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/04/01 14:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/01/07 12:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/11/15 14:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/04/29 10:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/01/05 14:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/01/28 22:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/03/01 14:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/01/18 07:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

推理・ミステリー ランキング

推理・ミステリーのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。