サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

7/1【HB】hontoポイントおかわりキャンペーン(~7/31)

【HB】丸善日本橋店×hontoブックツリー ものがたりを楽しもう~作家と編集者がお薦めする この夏読みたい、ものがたり~ ポイント5倍キャンペーン(~8/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 旅行・地図の通販
  4. 国内旅行ガイドの通販
  5. 亜璃西社の通販
  6. 北海道地図の中の廃線 旧国鉄の廃線跡を歩く追憶の旅の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

北海道地図の中の廃線 旧国鉄の廃線跡を歩く追憶の旅
北海道地図の中の廃線 旧国鉄の廃線跡を歩く追憶の旅 北海道地図の中の廃線 旧国鉄の廃線跡を歩く追憶の旅

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/12/01
  • 出版社: 亜璃西社
  • サイズ:22cm/443p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-906740-30-7
  • 国内送料無料

紙の本

北海道地図の中の廃線 旧国鉄の廃線跡を歩く追憶の旅

著者 堀 淳一 (著)

地図エッセイの名手が、北海道の旧国鉄28路線の廃線跡を探訪した日々を、のべ220枚の新旧地形図で追想する。復刻版「北海道鉄道地図(昭和37年)」や特製リーフレット付き。ジ...

もっと見る

北海道地図の中の廃線 旧国鉄の廃線跡を歩く追憶の旅

6,480(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

地図エッセイの名手が、北海道の旧国鉄28路線の廃線跡を探訪した日々を、のべ220枚の新旧地形図で追想する。復刻版「北海道鉄道地図(昭和37年)」や特製リーフレット付き。ジャケットの上下折り返しを開くと地図あり。【「TRC MARC」の商品解説】

「鉄道への郷愁と憧憬を伝えてやまない」――芦原伸(紀行作家、「旅と鉄道」統括編集長)

『地図の中の札幌』『北海道 地図の中の鉄路』に続く、珠玉の地図エッセイ三部作がついに完結! 道内旧国鉄の廃線直後に著者が歩いた、全28線におよぶ廃線跡歩きの記録がここに蘇る。
 レールの残照に慨嘆し、廃墟の風景ならではの寂寞感に身を震わせた日々を、のべ220枚の新旧地形図とともに追想した、卒寿の著者渾身の書き下ろし作品。
 さらに、各路線に駅名一覧を付し、駅名の由来も併記。復刻版「北海道鉄道地図」(昭和37年、札幌鉄道管理局)と特製リーフレット(書き下ろし自伝エッセイ、略年譜、著作目録収録)を特別付録にした、地図&鉄道&堀ファン垂涎の保存版!【商品解説】

目次

  •   はしがき
  •   旧国鉄道内廃止路線図
  • Ⅰ オホーツク海斜面
  •  1 天北線
  •  2 興浜北線
  •  3 興浜南線
  •  4 名寄本線
  •  5 湧網線
  •  6 根北線

著者紹介

堀 淳一

略歴
〈堀淳一〉1926年京都府生まれ。理学博士。北海道大学理学部教授を経て、エッセイスト。「コンターサークルS」を主宰。「地図のたのしみ」で日本エッセイスト・クラブ賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

少々残念

2018/05/03 22:12

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:つばめ - この投稿者のレビュー一覧を見る

地図に造詣が深く、地図に関する多くの著作のある著者が北海道の鉄道廃線跡を歩いて探訪した記録を地形図とともに取りまとめられた書籍である。鉄道と地形に興味のある読者にとっては、前作の「北海道 地図の中の鉄路」に比べかなり落胆する内容ではなかろうか。著者が廃線跡を歩いた記録ではあるが、「線路跡を歩きだす。や否や、草はますます荒れ狂って、レールも枕木もほとんど見えない手強いヤブと化して」のような風景描写が大半を占め、地形と鉄道線形に関する考察がほとんど見られない。広尾線の十勝平野の無願の坂と呼ばれる急斜面を通過する忠類付近の記述ぐらいが地形と線形を関連付けた記述ではなかろうか。士幌線では糠平ダムの建設に伴い糠平湖の両岸に廃線跡がみられるが、右岸側の廃線跡の記録のみであり、左岸側の有名なタウシュベッツ川橋梁について一切触れられていないのも少々残念である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/03/02 12:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

北海道地方 ランキング

北海道地方のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む