サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree ~今の気分で探す新しい本~ 第二弾 ポイント5倍キャンペーン(~6/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

「日本の伝統」の正体
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 19件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/12/01
  • 出版社: 柏書房
  • サイズ:19cm/239p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7601-4933-9
  • 国内送料無料

紙の本

「日本の伝統」の正体

著者 藤井 青銅 (著)

「日本の伝統」はいつ、いかにして創られ、私たちはどのようにして、受け入れてきたのか。初詣、神前結婚式、恵方巻、大安・仏滅、三世代同居など、さまざまな「伝統」を取り上げ、そ...

もっと見る

「日本の伝統」の正体

1,620(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「日本の伝統」はいつ、いかにして創られ、私たちはどのようにして、受け入れてきたのか。初詣、神前結婚式、恵方巻、大安・仏滅、三世代同居など、さまざまな「伝統」を取り上げ、その成り立ちなどを明らかにする。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

藤井 青銅

略歴
〈藤井青銅〉第1回「星新一ショートショート・コンテスト」入賞。これを機に作家・脚本家・放送作家としての活動に入る。著書に「ラジオな日々」「あなたに似た街」「ラジオにもほどがある」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー19件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

「伝統」って感じると、どれも、かなり古いもののように感じるが、意外と浅かったり・・・

2018/04/12 17:12

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オカメ八目 - この投稿者のレビュー一覧を見る

「伝統」って感じると、どれも、かなり古いものように感じるが、意外と浅かったり、「伝統だ」と言われだしたのが、結構新しかったりするのが面白い。ーーーたとえば、野菜の「白菜」なんかは、明治期に、日本に入って来て、大正期に普及したと本書にある。 また、ある伝統芸能にたずさわる人に言わせると「伝統とは、常なる革新だ」そうだ。 だから、いくら「伝統」でも、古いままじゃぁ、存在しえないのかもしれないとも言えそうだ。 その意味でも「伝統」を疑った方が、いいのかも。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

伝統とは

2018/05/15 21:36

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:451 - この投稿者のレビュー一覧を見る

年賀状って伝統って言われているけどそもそも郵便制度って前島密からでは?と言う疑問をもって調べていた矢先にこの本を発見。
「伝統」だと思われていたものがじつは案外歴史が短いほうが意外性があるため、諸説ある場合は意外性のあるほうを採用しているような気がするが…まあネタ本としては面白い。
ちなみに年賀状のはなしはありません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

伝統って移り変わるもの

2018/03/18 11:38

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:UMA1001 - この投稿者のレビュー一覧を見る

よく知られているさまざまな伝統を言われるものも、そんなに歴史が浅いのかとびっくりするものが多い。伝統という言葉に我々は弱いですが、都合のいいように情報操作されていることがよく分かりました。伝統にこだわらず、その時その時でいいと思ったことをやるべきですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/01/15 18:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/03/20 12:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/02/05 21:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/01/02 07:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/01/05 16:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/06/13 17:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/04/24 18:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/03/18 12:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/02/11 16:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/06/04 12:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/04/15 15:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/01/18 14:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

日本史 ランキング

日本史のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む