サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~2/28)

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~2/28)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

改憲的護憲論(集英社新書)
改憲的護憲論(集英社新書) 改憲的護憲論(集英社新書) 改憲的護憲論(集英社新書)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 5
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/12/15
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: 集英社新書
  • サイズ:18cm/222p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-08-721014-9
  • 国内送料無料
新書

紙の本

改憲的護憲論 (集英社新書)

著者 松竹 伸幸 (著)

改憲派と護憲派の争いの焦点が、自衛隊を認めるかどうかにあるとすれば、圧倒的多数が自衛隊に共感を持っている今、護憲派はどんな論点を提示できるのか。護憲・改憲の立場を超えたリ...

もっと見る

改憲的護憲論 (集英社新書)

799(税込)

改憲的護憲論

724 (税込)

改憲的護憲論

ポイント :6pt / 紙の本より75おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

改憲派と護憲派の争いの焦点が、自衛隊を認めるかどうかにあるとすれば、圧倒的多数が自衛隊に共感を持っている今、護憲派はどんな論点を提示できるのか。護憲・改憲の立場を超えたリアルな落とし所を探る。【「TRC MARC」の商品解説】

◆推薦◆

「あるがままの9条が大切、
そして災害救援と専守防衛の自衛隊をリスペクト。


そんな国民合意が、すでに広く深く根付いている。これが、憲法とともに歩んだ私たちの70年目の到達点だとしたら、それはまた、「9条のもとの自衛隊」はどうあるべきかを、腹をくくって追求する出発点であるはずだ。9条に自衛隊を付記するという安倍改憲パフォーマンスの出る幕はない」
池田香代子(ドイツ文学翻訳家/九条の会・世話人)

◆内容◆

1946年、
吉田茂は自衛権を否定し、
日本共産党は肯定し、その後も一度も否定していなかった--。

憲法論議の「思い込み」を解きほぐす!


2017年10月の衆議院選挙で争点となった改憲。しかし政権与党が提示する、憲法9条に自衛隊を明記する加憲案をめぐって、国民、メディアの間で、その狙いや問題点に関する議論はどれほど深まっただろうか。
自衛隊を明記しようという加憲案と明記を許さないという護憲派。護憲派が従来の立場からどんなに批判を展開しても、改憲派と護憲派の争いの焦点は、自衛隊を認めるかどうかにあると国民の目に映るとすれば、圧倒的多数が自衛隊に共感を持っている現状において、護憲派は見放されるのではないか。だとしたら、護憲派はどんな論点を提示できるのか――。著者が深い危機感からたどりついた「改憲的護憲論」を世に問う一冊。

【本の内容】

目次

  • ◆目次◆
  • 第一章 護憲派とはどういう人のことか
  • 1 非武装の改憲派、専守防衛の護憲派の登場
  • 2 専守防衛か非武装中立かの対立は見せかけ
  • 3 九条に加憲する案とどう向き合うのか
  • 第二章 「戦争」と「平和」は対義語なのか
  • 1 侵略戦争と同じ数だけの自衛戦争がある
  • 2 戦争と平和は通じ合っている

著者紹介

松竹 伸幸

略歴
松竹 伸幸(まつたけ のぶゆき)
1955年長崎県生まれ。 ジャーナリスト・編集者、日本平和学会会員、自衛隊を活かす会(代表・柳澤協二)事務局長。専門は外交・安全保障。一橋大学社会学部卒業。『9条が世界を変える』『「日本会議」史観の乗り越え方。』(かもがわ出版)、『反戦の世界史』『「基地国家・日本」の形成と展開』(新日本出版社)、『憲法九条の軍事戦略』『集団的自衛権の深層』『対米従属の謎』(平凡社新書)など著作多数。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む