サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

SS アウトレットブックポイント2倍キャンペーン ~1/31

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

人生にムダなことはひとつもない
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2018/01/05
  • 出版社: 潮出版社
  • サイズ:19cm/182p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-267-02094-0
  • 国内送料無料

紙の本

人生にムダなことはひとつもない新刊

著者 佐藤 優 (著),ナイツ (著)

青春時代、仕事、友情、夫婦関係、オカネ…。お笑い芸人「ナイツ」のふたりと作家・佐藤優が、人生と信仰を語りつくす。逆境に負けない“生きるヒント”が満載。『潮WEB』連載をも...

もっと見る

人生にムダなことはひとつもない

1,000(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

青春時代、仕事、友情、夫婦関係、オカネ…。お笑い芸人「ナイツ」のふたりと作家・佐藤優が、人生と信仰を語りつくす。逆境に負けない“生きるヒント”が満載。『潮WEB』連載をもとに単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

目次

  • 【内容】
  • 第1章:ナイツ・佐藤優の青春時代
  • 第2章:逆境に負けない
  • 第3章:人生にムダはひとつもない
  • 第4章:仕事と人生
  • 第5章:友情と夫婦関係

著者紹介

佐藤 優

略歴
1960 年生まれ。同志社大学卒業後、外務省で主任分析官として活躍。2002 年背任と偽計業務妨害容疑で逮捕。09 年6 月執行猶予付有罪確定。13 年6 月執行猶予満了。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

確固たる信仰を持って生きるということ

2018/01/14 02:20

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まるこしまるたろう - この投稿者のレビュー一覧を見る

唐突な組み合わせの鼎談だと思われるが、この三人に共通するところがある。それは3人とも確固とした信仰を持っているということだ。

 佐藤優は同志社大学大学院の神学部で組織神学を学んだ経験を持つ。敬虔なプロテスタントのキリスト教徒だ。また、ナイツの両氏は、創価大学(創価学会の教義・信仰を学ぶ場ではないが)の落語研究会で出会うこととなる。この二人は創価学会の熱心な信徒である。

 この3人はもう一つ、共通する面を持つ。それは、レベルの差こそあれ、三人とも挫折を経験しているところだ。佐藤優は外務省にいた際、背任容疑で逮捕・拘留された。塙はバイク事故で再起不能なところまで行く。土屋は公認会計士を目指すも挫折し、それを諦める。ナイツとしては、なかなかM-1グランプリで勝てない。そういう経験から、何が大事で、どのように乗り越えてきたかがわかる。

 最近、佐藤優は創価学会の息のかかった知識人として扱われることがあるが、それは間違いだということは本書を見るだけでもわかる。佐藤は創価学会をより深く認識した稀有な良心的な知識人といったほうがいいだろう。
 
 この三人が自分たちの少年時代を語りあい、青春時代の挫折をどう乗り越えていったのか、そこを中心軸にして青春時代・仕事・友情・夫婦・お金、ひいては人生とは、信仰とは、ということを真剣に語りあっていくのがこの本だ。
 
 この本のタイトルは、挫折というムダと思われることも、後になってみるとすべて必要だったということを語っている。宗教的なことを軸に語ってはいるが、宗教臭くはない点は特筆すべきだろう。また、創価学会(=日蓮仏教)とプロテスタントという違う宗教がどのように共存しているか、という点から本書を読んでみても面白いかもしれない。

 私自身、勇気づけられた本であるし、もう一歩前へと進むのをためらっている人にこそ読んでもらいたい本である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

日本 ランキング

日本のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む