サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

SS アウトレットブックポイント2倍キャンペーン ~1/31

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 歴史・地理・民俗
  4. 民俗・文化
  5. 明石書店
  6. 「社会的なもの」の人類学 フィリピンのグローバル化と開発にみるつながりの諸相

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

「社会的なもの」の人類学 フィリピンのグローバル化と開発にみるつながりの諸相
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:研究者
  • 取扱開始日:2017/12/07
  • 出版社: 明石書店
  • サイズ:22cm/331p
  • 利用対象:研究者
  • ISBN:978-4-7503-4602-1
  • 国内送料無料
専門書

紙の本

「社会的なもの」の人類学 フィリピンのグローバル化と開発にみるつながりの諸相新刊

著者 関 恒樹 (著)

今日のフィリピンが経験しつつある、開発とグローバル化のエスノグラフィーを提示。人々のつながりから生まれつつある「社会的なもの」に、生の解放と規律化の両義的な可能性を見よう...

もっと見る

「社会的なもの」の人類学 フィリピンのグローバル化と開発にみるつながりの諸相

5,616(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

今日のフィリピンが経験しつつある、開発とグローバル化のエスノグラフィーを提示。人々のつながりから生まれつつある「社会的なもの」に、生の解放と規律化の両義的な可能性を見ようとする文化人類学的探究の書。【「TRC MARC」の商品解説】

目次

  • 序章
    • 第1節 「社会的なもの」とは?
    • 第2節 「社会的なもの」の変容−問題の所在と意義
    • 第3節 「社会的なもの」と統治性−分析の視点
    • 第4節 「社会的なもの」の人類学−先行研究の整理
    • 第5節 「社会的なもの」とフィリピン−事例の位置づけ
    • 第6節 本書の構成と各章の概要
  • 第1部 都市における貧困とクライエンテリズム的なつながり
  • プロローグ
  • 第1章 侵食されるアソシエーション

著者紹介

関 恒樹

略歴
〈関恒樹〉1968年生まれ。立教大学大学院文学研究科博士後期課程満期退学。広島大学大学院国際協力研究科准教授。博士(文学)。専門は文化人類学。著書に「海域世界の民族誌」がある。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

文化人類学 ランキング

文化人類学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む