サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 「本」の本 ポイント5倍キャンペーン(~4/25)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 「本」の本 ポイント5倍キャンペーン(~4/25)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. 新書
  5. KADOKAWA
  6. 角川新書
  7. 平成トレンド史 これから日本人は何を買うのか?

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

平成トレンド史 これから日本人は何を買うのか?(角川新書)
平成トレンド史 これから日本人は何を買うのか?(角川新書) 平成トレンド史 これから日本人は何を買うのか?(角川新書)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2018/01/10
  • 出版社: KADOKAWA
  • レーベル: 角川新書
  • サイズ:18cm/191p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-105167-2

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

平成トレンド史 これから日本人は何を買うのか? (角川新書)

著者 原田曜平 (著)

バブルの絶頂期で幕を開けた平成は、デフレやリーマンショック、東日本大震災などで苦しい時代となった。消費者のマインドはどのように変化したのか? 平成時代を「経済」「消費」「...

もっと見る

平成トレンド史 これから日本人は何を買うのか? (角川新書)

886(税込)

平成トレンド史 これから日本人は何を買うのか?

886 (税込)

平成トレンド史 これから日本人は何を買うのか?

ポイント :8pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

バブルの絶頂期で幕を開けた平成は、デフレやリーマンショック、東日本大震災などで苦しい時代となった。消費者のマインドはどのように変化したのか? 平成時代を「経済」「消費」「トレンド」という観点から総括する。【「TRC MARC」の商品解説】

お立ち台からスマホへ。平成消費はどう変わったか?
平成時代を「消費」の変化という視点から総括。バブルの絶頂期で幕を開けた平成は、デフレやリーマンショック、東日本大震災などで苦しい時代になっていく。気が付けば、若者は「消費の主役」から降りていた……。いっぽうでIT革命やSNSの普及により消費構造は大きく変わっていった。そこで何が起きていたのか? 次の時代の消費はどうなるのか? 若者研究の第一人者・原田曜平が分析する。【商品解説】

バブルの絶頂期で始まった平成時代。しかし長引く不況、リーマンショック、東日本大震災などで消費は冷え込んでいった。消費者のマインドはどのように変化したのか? そして今後、日本人は何を買うのか?【本の内容】

目次

  • 第1期 平成元―4年 不自由と享楽(ジュリアナ東京/フラワーロック/『101回目のプロポーズ』)
  • 第2期 平成5―7年 デフレと団塊ジュニア(Windows95/アウトレット/Jリーグ/小室哲也プロデュース)
  • 第3期 平成8―12年 ネットとケータイ(PHS/iモード/iMac/たまごっち/アムラー/中田英寿)
  • 第4期 平成13―18年 変化への期待と格差(日韓W杯サッカー/『世界の中心で、愛を叫ぶ』/六本木ヒルズ)
  • 第5期 平成19―24年 失望と不安(Wii/Facebook/なでしこジャパン/ビリーズ・ブートキャンプ)
  • 第6期 平成25―29年 SNSと炎上(ツイッター/インスタグラム/ポケモンGO/『君の名は。』)

著者紹介

原田曜平

略歴
〈原田曜平〉1977年東京都生まれ。慶應義塾大学商学部卒業。博報堂ブランドデザイン若者研究所リーダー。JAAA広告賞・新人部門賞受賞。著書に「さとり世代」「ヤンキー経済」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (1件)

紙の本

平成の時代を「消費」という視点で見た興味深い書です!

2018/01/10 10:10

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、平成という30年近い時代を「消費」という点に焦点を当ててみた画期的な書です。平成の時代は、私たちの記憶にも残るバブルの絶頂期から始まりましたが、その後、長期のデフレ、そしてリーマンショックに代表される経済不況、東日本大震災による大被害など、数々の困難に直面した時代でもありました。そうした平成の時代を生き抜いた私たちは、どんなものを買い、消費してきたのか。そして、今後、その消費はどういう方向に向かうのか。「消費」というかってない切り口で一時代を語るとても興味深い内容です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

日本はださく、韓国は流行の最先端だ!

2018/01/23 20:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:キック - この投稿者のレビュー一覧を見る

平成の流行トレンドの変遷を振り返った本。
 キーワードは「インターネット」「団塊世代と団塊ジュニア」「非正規雇用」「女性の社会進出」等々。中でも最重要キーワードは「インターネット」。昭和が未だ残る平成の序盤は、まだテレビが主役でしたが、中盤以降急速にインターネットが普及し、近年は「SNS」が主役、テレビは脇役に追いやられてしまいました。そして社会も大きく変容したことが理解できました。
 ただ、「日本はださく、韓国は流行の最先端」「アジアの文化的リーダーは韓国」と原田氏は断言しており、一気に読む気が失せました。

 流行トレンドは1年毎に精緻に分析し、その結果として区分(大きな括り)ができるものと私は考えます。ところが、本書は紙幅の制約のためか、肝心の分析はなく、何の基準もなく、原田氏の独断と偏見で30年間を3~5年の一塊で6期に区分し、その期間を一単位にして、30年間を振り返る構成となっています。区分分けには原田氏の恣意性を感じますし、1年毎のトレンドを知りたかった私としては、全く物足りない内容でした。平成を振り返る本は、今後、続々と出版されるでしょうから、他の本に期待します。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む