サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

SS アウトレットブックポイント2倍キャンペーン ~1/31

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

韓国と日本がわかる最強の韓国史(扶桑社新書)
韓国と日本がわかる最強の韓国史(扶桑社新書) 韓国と日本がわかる最強の韓国史(扶桑社新書)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 2 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/12/26
  • 出版社: 育鵬社
  • レーベル: 扶桑社新書
  • サイズ:18cm/254p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-594-07890-4

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

韓国と日本がわかる最強の韓国史 (扶桑社新書)新刊

著者 八幡和郎 (著)

南北朝鮮の「迷走」は、その歴史を知らなくては理解できない! 新羅は日本領任那と友好国百済を侵略した、日韓併合の原因は朝鮮にもある、南北分断は米中ソの責任など、日本の立場を...

もっと見る

韓国と日本がわかる最強の韓国史 (扶桑社新書)

907(税込)

韓国と日本がわかる最強の韓国史

907 (税込)

韓国と日本がわかる最強の韓国史

ポイント :8pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

南北朝鮮の「迷走」は、その歴史を知らなくては理解できない! 新羅は日本領任那と友好国百済を侵略した、日韓併合の原因は朝鮮にもある、南北分断は米中ソの責任など、日本の立場を鮮明にし、韓国・朝鮮の歴史を解説する。【「TRC MARC」の商品解説】

半島史であっても韓国の主張に日本が合わせる必要はない。
日本は日本の立場からの歴史認識を主張すべきだ!
ベストセラー歴史作家が放つ日本国民のための韓国史の真実!

◎日本人の半島史観は唯我独尊の“コリアン視点”だった!
◎南北朝鮮の「迷走」は歴史を知らなくては理解できない!

【目次】より
序 章 韓国史は新羅の建国から論じるべき(韓国・朝鮮とはなんなのか)
第一章 日本が成立したころ韓国・朝鮮はなかった(楽浪郡は植民地でなく漢族の土地)
第二章 百済の継承国家は韓国ではない(高句麗と百済を滅ぼし併合したのは唐だ)
第三章 新羅は日本領任那を侵略し友好国百済を唐に売った(半独立国で半島を統一)
第四章 高麗文化は韓国史の黄金時代(高句麗人がつくった新羅後継国家)
第五章 蒙古と高麗の侵略が日韓関係不幸の始まり(元寇でなく元・高麗寇と呼ぶべきだ)
第六章 朝鮮通信使は対等外交でなく日本への朝貢使節(文禄・慶長の役と鎖国の時代)
第七章 国家より私益優先だった高宗・大院君・閔妃(明治天皇のようになりたくなかった国王)
第八章 韓国語は日本人が日本語からつくった言葉(書き言葉は日本統治以前にはなかった)
第九章 南北分裂に日本はなんの責任もない(日本からの円満な分離独立とすべきだった)
第十章 日韓・日朝関係は媚びても改善しない(コリアンとは熱く議論した方が仲良なれる)
【商品解説】

著者紹介

八幡和郎

略歴
〈八幡和郎〉1951年滋賀県生まれ。東京大学法学部卒業。通商産業省(現経済産業省)入省。国土庁長官官房参事官等を経て、徳島文理大学教授。作家・評論家。著書に「誤解だらけの京都の真実」等。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価2.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (1件)

紙の本

邦良親王の生没年を「不詳」と書いた人の本

2017/12/25 09:46

8人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オタク。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

鎌倉末を書いた本を読めば分かる邦良親王の生没年を「不詳」と書いた人の本で、「嫌鮮流」ものを量産している扶桑社新書(何故か知らないが、「発売 育鵬社」となっている)の本だから、内容は読まなくても分かる程度のものだ。
 ハングルが出来るまでの韓国語は「実態不明」と書きながら、韓国語の「書き言葉」は朝鮮総督府が制定するまでは定まっていなかったかのように書いている。この種の本では毎度の事だが、この著者は「春香伝」、「沈清伝」、「洪吉童伝」といったハングル文学や「日東壮遊歌」のようなハングルで書かれた本も知らないし、朝鮮総督府が朝鮮語で発行していた「毎日新報」(「毎日申報」)の歴史も知らないのが見え見えだ。
 高宗の「嫡孫」(実際は甥で、祖父にあたる大院君が擁立しようとしていた。第一、高宗に「嫡孫」などいない)とあったり、朴槿恵前大統領の両親を暗殺した事には違いがないが、北朝鮮の工作員が絡んだ文世光事件とKCIA長官が朴大統領を射殺した10・26事態の背景の区別も出来ていない。これで「最強の韓国史」と名乗れるものだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

アジア史 ランキング

アジア史のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む