サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~3/31

読書一生分プレゼントキャンペーン ~5/31

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2018/01/10
  • 出版社: 東京堂出版
  • サイズ:20cm/318p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-490-20978-5

紙の本

核戦争の瀬戸際で

著者 ウィリアム・J.ペリー (著),松谷 基和 (訳)

核戦争の危機は、冷戦終結とともに消滅したわけではない。60年代のキューバ危機、90年代の北朝鮮危機に深く関与した元アメリカ国防長官が、安穏と暮らす我々へ警鐘を鳴らす。【「...

もっと見る

核戦争の瀬戸際で

税込 2,750 25pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

核戦争の危機は、冷戦終結とともに消滅したわけではない。60年代のキューバ危機、90年代の北朝鮮危機に深く関与した元アメリカ国防長官が、安穏と暮らす我々へ警鐘を鳴らす。【「TRC MARC」の商品解説】

現在、北朝鮮の核問題に世界中が注目しているが、北朝鮮と米国を巡る危機は、すでに1994年に起こっていた。当時のクリントン政権で国防長官を務めたペリー氏が、核戦争の瀬戸際で生きてきた自らの人生を振り返った自伝、 『My Journey at the Nuclear Brink 』 待望の翻訳。【商品解説】

目次

  • 序 章  もしワシントンで核兵器テロが起こったら?
  • 第1章  キューバ危機、核の悪夢
  • 第2章  天空の火
  • 第3章  ソビエト核ミサイルの脅威
  • 第4章  シリコンバレーの原風景
  • 第5章  国防次官への就任要請
  • 第6章  「相殺戦略」の実施とステルス技術の登場
  • 第7章  アメリカの核戦力強化
  • 第8章  核警報、軍縮、そして失われた核不拡散の機会
  • 第9章  外交官としての国防次官

著者紹介

ウィリアム・J.ペリー

略歴
〈ウィリアム・J.ペリー〉1927年生まれ。ペンシルベニア州立大学博士課程修了(数学Ph.D)。94年に国防長官就任。退任後も「核なき世界」を実現するために活動を続ける。ペリー提督は5世代前の伯父にあたる。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

ペリー氏の遺言

2022/02/17 20:15

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:BB - この投稿者のレビュー一覧を見る

アメリカ元国防長官ウイリアム・ペリー氏による回顧録。タイトルのように、戦争体験から、キューバ危機、そして現在の米ロ対立まで、人類の「瀬戸際」に立ち会ってきた人間として、いかに核の危険性を根絶するか、冷徹に分析しつつ、熱い思いを述べている。
アメリカの視点から書かれており、全てに賛同はできないが、今日のウクライナ情勢などを見るにつけ、こうした発言力のある知識人が必要だと考えさせられた。
訳者のあとがきも素晴らしい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/05/21 21:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/04/15 07:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。