サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

【店舗】初めての“店舗お受け取り”ご利用で50ポイントプレゼントキャンペーン(~10/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

医者には絶対書けない幸せな死に方(講談社+α新書)
医者には絶対書けない幸せな死に方(講談社+α新書) 医者には絶対書けない幸せな死に方(講談社+α新書) 医者には絶対書けない幸せな死に方(講談社+α新書)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2018/01/19
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社+α新書
  • サイズ:18cm/222p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-291514-4

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

新書

紙の本

医者には絶対書けない幸せな死に方 (講談社+α新書)

著者 たくきよしみつ (著)

人生最期の日々を、本人、家族にとって最良のものとするには、どのように医療・介護と付き合えばいいのか。「看取り医」の選び方、「死に場所」の見つけ方、お金やお墓の問題…。後悔...

もっと見る

医者には絶対書けない幸せな死に方 (講談社+α新書)

907(税込)

医者には絶対書けない幸せな死に方

756 (税込)

医者には絶対書けない幸せな死に方

ポイント :7pt / 紙の本より151おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 7.3MB 無制限
Android EPUB 7.3MB 無制限
Win EPUB 7.3MB 無制限
Mac EPUB 7.3MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

人生最期の日々を、本人、家族にとって最良のものとするには、どのように医療・介護と付き合えばいいのか。「看取り医」の選び方、「死に場所」の見つけ方、お金やお墓の問題…。後悔しないためのヒントが満載。【「TRC MARC」の商品解説】

「できればポックリと死にたい」「穏やかに死にたい」。
でも、そのためには準備が必要。
このままでは、死ぬに死ねない!

病院死が8割を超える現代日本。
そのほとんどの人が終末医療を経て亡くなる。
じつはこの終末医療、死にゆく人にとっては、「拷問」に等しい苦しみということはご存じだろうか。
人は死ぬ間際になると、栄養をほとんど必要としなくなり、枯れるように亡くなる。
いわゆる餓死のような状態が自然で楽な死に方。
しかし終末医療では、そうした状態の人に延命と称して、チューブで無理矢理栄養や水分を送り込む「処置」が行われる。
そうやって死ぬに死ねない状態で、苦しみながらベッドの上で数ヵ月生き続けることになる。

それが本人にとって、家族にとって幸せな死に方なのだろうか?

いまでは「ムダな延命措置を拒否する」ことを希望する人も増えてきたが、
それでも一度、状態が悪化してチューブを取り付けられたら最後、
それを途中から外すことは、いまの日本ではきわめて難しい。

そのような状態にならないためにはどうすればいいのか。

本書では家族を相次いで介護することになった著者が、
自らの体験をベースに、本人にとって、家族にとってベストの選択とはなにか、
どうすればそのベストの選択ができるのかを明らかにしていく。

医者との付き合い方、介護施設の見つけ方、どのくらいカネがかかるのかなどなど。

人生でもっとも大切な最期の時間をみんなハッピーに過ごすためのガイドブック。【商品解説】

人生最期の日々を、本人、家族にとって最良のものとするには、どのように医療・介護と付き合えばいいのか。そのための知識とやり方。【本の内容】

人生最期の日々を、本人、家族にとって最良のものとするには、どのように医療・介護と付き合えばいいのか。そのための知識とやり方。【本の内容】

著者紹介

たくきよしみつ

略歴
〈たくきよしみつ〉1955年福島市生まれ。「マリアの父親」で小説すばる新人賞受賞。作曲、小説、デジタル文化論、狛犬研究など幅広い分野で活動。ほかの著書に「裸のフクシマ」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

万能薬のような本

2018/01/31 11:53

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:じょーじぁ - この投稿者のレビュー一覧を見る

題名は凡庸で、またその手の本か、と思いがちだが、本当に医者には絶対書けないのかという少し意地悪な気持ちで読み始めた。
想像は心地よく裏切られた。
これだけ丁寧に、合理的に、必要な情報が網羅され、しかも妙な味付けなどはなく、淡々と事実を積み上げていく筆者の態度にまず感服した。
「死に方」とあるが、死ぬときだけの話ではなく、今の時代、人生の後半をどう生き延びられるかという「生き方」を教えてくれる。
終末医療のことだけでなく、介護保険や介護施設、認知症、老後資金、葬儀や墓、歳を取ってからの住み替え術、最後は自殺の方法まで言及していて、こんなに真面目に生と死について考察した本は珍しい。
新書のコンパクトさの中にこれだけの内容が詰め込まれているとは、読む前には想像できなかった。
また、小説家でもある著者の交友関係(『ぼくが医者を辞めた理由』の永井明氏や、野村秋介拳銃自殺事件当時の週刊朝日編集長だった穴吹史士氏など)や、その人たちの死に方、死に対する哲学なども知ることができ、読み物としても大変興味深かった。
中高年にはもちろんのこと、若い世代の人たちにも勧めたい1冊である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

避けられないテーマです

2018/04/16 23:04

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:マグマ - この投稿者のレビュー一覧を見る

病院に治療を任せきりにすると大変なことになるということを強く警告しています。これは多くの人が認識しているのでしょうが、実際にそのような死に方をしてしまう人がたくさんいるようです。
人の死という、タブーのようなテーマでありながら、きれいごとなど交えずに率直な意見が書かれている本です。
日本人として読んでおくべき一冊でしょうが、少し気が重くなってしまうかもしれません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む