サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~2/28)

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~2/28)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

美術の力 表現の原点を辿る(光文社新書)
美術の力 表現の原点を辿る(光文社新書) 美術の力 表現の原点を辿る(光文社新書)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.7 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2018/01/17
  • 出版社: 光文社
  • レーベル: 光文社新書
  • サイズ:18cm/267p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-334-04331-5

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

美術の力 表現の原点を辿る (光文社新書)新刊

著者 宮下 規久朗 (著)

初めてのイスラエルで訪ね歩いたキリストの事蹟から、津軽の供養人形まで、美術の本質を見つめ続けた美術史家が、「美の原点」をテーマに綴った全35編をカラー図版とともに収録。『...

もっと見る

美術の力 表現の原点を辿る (光文社新書)

1,058(税込)

美術の力~表現の原点を辿る~

1,058 (税込)

美術の力~表現の原点を辿る~

ポイント :9pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

初めてのイスラエルで訪ね歩いたキリストの事蹟から、津軽の供養人形まで、美術の本質を見つめ続けた美術史家が、「美の原点」をテーマに綴った全35編をカラー図版とともに収録。『産経新聞』夕刊連載記事に加筆して書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

博覧強記の美術史家による好評シリーズ『欲望の美術史』『美術の誘惑』に続く三部作完結編。今回は「美の原点」をテーマに綴る。【本の内容】

著者紹介

宮下 規久朗

略歴
〈宮下規久朗〉1963年愛知県生まれ。東京大学大学院修了。美術史家。神戸大学大学院人文学研究科教授。「カラヴァッジョ」でサントリー学芸賞などを受賞。他の著書に「モチーフで読む美術史」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.7

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

生と生の永遠を願う人々の欲望の発露としての美術について考えさせられる

2018/01/27 12:09

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くりくり - この投稿者のレビュー一覧を見る

「表現の原点を辿る」と題するサブタイトルである。
著者は4年前に一人娘を亡くされている。そのため「この世に対する情熱の大半を失ってしまった」「虚無で荒廃した心境で、かろうじて興味を引いた美術について綴った」とあとがきに記されている。
「美術の原点の章」で取り上げられるのはアウトサイダーアート。知的障害・精神障害を持つ人の表現、死刑囚の絵画、供養人形、来世のヴィジョンなどが取り上げられる。死刑囚の絵画の記述では、死と生の狭間で「美術とは何か、人間が表現するとはどういうことか」の問いが突きつけられる。供養人形では故人の魂を供物に投影し、個人の永遠の願い、生者の「供養」という魂の安寧、慰めとなる。著者の苦しみと「美術の力」が交叉するものとなっている。
「かつて美術の主流であった宗教美術は寺社と不可分の関係似合った」「どこに飾られようと作品自体の質は変わらない。しかしどのような作品であれ美術は常に周囲の空間と一体化して観客に働きかける」「真に優れた美術は常に宗教的であり、美術と宗教は実は同じものだ」という著者の言葉には、生と生の永遠を願う人々の欲望の発露としての美術について考えさせられる。
しかし、本書はそうした、やや哲学的な絵画論だけではなく、クレパスの表現の可能性や美術館の特徴の違い、日本の絵画教育「思ったままに描け」は間違い、藤田嗣治の戦争絵画について語りながら、戦争画が日本で初めて美術が公共性を獲得した記念碑と紹介するなど、美術を総合的に知る上でも好著。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む