サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

8/1~ 本のご購入で全員もらえる! 夏のポイントキャンペーン(~8/31)

8/1~ 本のご購入で全員もらえる! 夏のポイントキャンペーン(~8/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ショスタコーヴィチとスターリン
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2018/04/06
  • 出版社: 慶應義塾大学出版会
  • サイズ:20cm/525,15p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7664-2499-7
  • 国内送料無料
専門書

紙の本

ショスタコーヴィチとスターリン

著者 ソロモン・ヴォルコフ (著),亀山郁夫 (訳),梅津紀雄 (訳),前田和泉 (訳),古川哲 (訳)

独裁者スターリンに対し抵抗とも服従ともいいがたい両義的な態度をとったショスタコーヴィチ。内面的なジレンマを抱えながらもスターリンとわたりあう芸術家の姿を、ロシア史上の独特...

もっと見る

ショスタコーヴィチとスターリン

税込 6,264 58pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

独裁者スターリンに対し抵抗とも服従ともいいがたい両義的な態度をとったショスタコーヴィチ。内面的なジレンマを抱えながらもスターリンとわたりあう芸術家の姿を、ロシア史上の独特の人格、聖愚者に見立て、詳細に分析する。【「TRC MARC」の商品解説】

天才芸術家と独裁者の奇妙な「共犯」関係を暴きだす

ソヴィエト社会主義時代、独裁者スターリンにたいし抵抗とも服従ともいいがたい両義的な態度をとったショスタコーヴィチ。彼が生み出した作品もまた、時にプロパガンダ風であり、時に反体制的であるような二重性を帯びていた。
著者ヴォルコフは、ショスタコーヴィチ再評価の機運をつくった前著『ショスタコーヴィチの証言』刊行四半世紀を経て、歴史的裏付けをとりつつ、独自の手法により作曲家の実像にさらに迫ろうと試みている。本書では、内面的なジレンマを抱えながらも、スターリンと直接わたりあうショスタコーヴィチを、ロシア史上の独特の人格、聖愚者(ユローディヴィ)に見立て、権力者との対峙の仕方を詳細に分析しているのである。
スターリンは冷酷な顔をもつと同時に、芸術を愛する独裁者でもあった。しかし単に芸術家を庇護したわけではなく、彼らを国家的プロパガンダに利用し、弾圧した。パステルナーク、マンデリシターム、ブルガーコフ、エイゼンシュテイン、ゴーリキー、プロコーフィエフ……同時代の芸術家との関わりのなかで、ショスタコーヴィチは全体主義と芸術の相克をどのように乗り越えようとしたのか、スリリングに描き出していく。【商品解説】

粛清の嵐のなか、冷酷な独裁者への抵抗に全生涯をかけたショスタコーヴィチ。彼は、全体主義と芸術の相克をどのように乗り越えていったのか。スターリンに対する、ロシア芸術家たちの血の滲むような戦いを、貴重な証言資料とともにドキュメンタリータッチで描く。【本の内容】

目次

  • 序文
  • プロローグ 皇帝と詩人
  • 第一章 幻影と誘惑
  • 第二章 一九三六年――原因と結果
  • 第三章 一九三六年――スフィンクスの目前で

著者紹介

ソロモン・ヴォルコフ

略歴
〈ソロモン・ヴォルコフ〉1944年旧ソ連タジク共和国生まれ。レニングラード音楽院卒業。アメリカを拠点として活躍する音楽学者・ロシア文化史家・ジャーナリスト。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

酷評した人物の伝記よりいいのは皮肉な事だ。

2018/04/16 21:31

3人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オタク。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

今は絶版のようだが、「証言」を偽書だと見抜いたフェイのショスタコーヴィチ伝より読みやすいのは翻訳者がいいからか、それともヴォルコフが序文で書いているように「証言」からの引用を最小限に控えているからか、のどちらかだろう。それにフェイの本は彼女が偽書だと見破ったはずの「証言」にこだわり過ぎるのが難点だ。つまりフェイの本は、よりにもよってヴォルコフの本より出来が悪い上に著者名を「ファーイ」と表記しているように、翻訳もよくないようだ。
 ソロモン・ヴォルコフが晩年のアンナ・アフマートヴァと面識があるのには驚いた。ヴォルコフの年齢からして、アフマートヴァと関わりを持てるのはギリギリだろう。それでブロツキーとも親交を持っているのだろう。どこかのドイツ軍や武装SS崇拝者が「過酷な対パルチザン掃討戦」の結果とでも書きそうな(だけではないし、むしろソ連の反ユダヤ主義を題材にした)「バービーヤール」の詩人のエフトゥシェンコとも個人的に知り合いのようだ。序文に名前が出ている人々を見れば、彼がどれだけの人々と面識があるのか、よく分かる。ただし、ロストロポーヴィチの名前はあるが、ヴィシネフスカヤの名前は出てこない。彼女の自伝を使っているが、この本、「証言」を否定する為にソ連当局が編集した本からの引用はあっても、「証言」は出て来ないので、ヴォルコフはヴィシネフスカヤとは関係がよくないのだろうか。
 色々と知らない事が書かれていて、色々な著名人が出て来る本だが、「大祖国戦争」当時のペテルブルグ封鎖で有名な詩人を本文では「ベルグゴーリツ」、人名紹介では「ベルゴーリツ」となっている。普通は後者だが、スペル通りに読めば前者になるようだ。彼女が投獄されていたのは知っていたが、それは夫が逮捕されていて、獄死したまでは知らなかった。
 「収容所群島」で「典型的な獄中記」を書いた党員作家と酷評されているセレブリャコーヴァについて、彼女がどういう体験をしたのか、を語った事やショスタコーヴィチが倒れた事も知らなかった。ヴィシネフスカヤとは面識があるかもしれないが、彼女の自伝にはセレブリャコーヴァの事は微塵も出て来ない。「収容所群島」の党員作家についてで出て来る人物が粛清された軍人達を調べていたというから、それだけでは分からないと言う事だろうか?トロツキーの「裏切られた革命」の末尾に1918年からの党員で「右翼反対派」だったが流刑地から国外に脱走出来たペトロフという人物が書いたものを否定的に言及されているので、「収容所群島」だけでは分からない、という事だろうか。
 「証言」では自身が逮捕されるまでトゥハチェフスキーの肖像画を壁に掛けていたはずのジリャーエフが元帥の肖像画を隠した事になっている。フェイの本では、どこかへ行ったかのようになっていた。どこの本でもトゥハチェフスキーがヴァイオリンを作った事は書かれていても、エーリヒ・ヴォレンベルクの「赤軍」に書かれているように、彼がフランス文学に精通していた事は出て来ない。「証言」流に言えば、トゥハチェフスキーの「墓標」(追悼曲と言い換えた方がいいが)という事になるはずの交響曲第5番について、そこは触れていない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/10/22 23:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/01/06 21:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

クラシック・オペラ ランキング

クラシック・オペラのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。