サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

honto7周年&会員500万人突破記念!hontoポイント最大7倍キャンペーン(~6/30)

7周年施策(ポータルページ)(~6/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

社会運動 No.429(2018−1) あれから7年、福島の現実
社会運動 No.429(2018−1) あれから7年、福島の現実 社会運動 No.429(2018−1) あれから7年、福島の現実 社会運動 No.429(2018−1) あれから7年、福島の現実
  • みんなの評価 5つ星のうち 1
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2018/01/19
  • 出版社: 市民セクター政策機構
  • サイズ:21cm/183p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7752-0108-4

紙の本

社会運動 No.429(2018−1) あれから7年、福島の現実

著者 吉田 千亜 (著),後藤 政志 (著),崎山 比早子 (著),白井和宏 (著),疋田 香澄 (著),大渡 美咲 (著),伴 英幸 (著),村田 弘 (著),甫守 一樹 (著),おしどりマコ (著),斎藤 真理子 (著),室田 元美 (著)

7年目のいま、改めて原発事故後の福島を多方面から取材。原子力が作る不条理な状況から一日も早く逃れるべ、その現実をまとめた1冊。【「TRC MARC」の商品解説】7年目の今...

もっと見る

社会運動 No.429(2018−1) あれから7年、福島の現実

税込 1,080 10pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

7年目のいま、改めて原発事故後の福島を多方面から取材。原子力が作る不条理な状況から一日も早く逃れるべ、その現実をまとめた1冊。【「TRC MARC」の商品解説】

7年目の今、改めて原発事故後の福島を多方面から取材!原子力が作る不条理な状況から一日も早く逃れるべく企画。その現実を1冊にまとめました。

例えば……
●多発する甲状腺がん
福島県では多発する甲状腺がんに不安を感じながら生活している親子が多数いるのに、検査体制は不備のまま。しかも健康を案じることが「復興」の妨げになるとして、その声はかき消されようとしている。(71ページ、崎山比早子氏)
●いまだに把握できていない核廃棄物
政府が描いた廃炉計画は絵に描いた餅でしかなく、現実にはまったくめどが立っていない。そもそも事故で溶け落ちた核燃料がどこに、どのような状態で存在しているかさえ、いまだに把握できていない。(54ページ、後藤政志氏)
●分断する被災者の生活
「自主避難者」に対する住宅支援を打ち切った福島県の姿勢は、被災者の生活を分断する。国や東京電力に対する「賠償請求訴訟」も全国で起きているが、勝訴してもその金額はわずかでしかない。(115ページ、村田弘氏)【商品解説】

目次

  • 特集 あれから7年、福島の現実
  •    年表&巻頭写真……野田 雅也(写真家)
  • Ⅰ 被災地、避難者たちのいま
  •  FOR READERS「原発事故によって引き裂かれた日本」
  •  「住宅支援」打ち切り―区域外避難者の苦悩……吉田 千亜(フリーライター)
  •  保養という選択肢を用意する意味……疋田 香澄(リフレッシュサポート代表)
  •  避難指示が解除された飯舘村のいま……大渡 美咲(産経新聞記者)
  • Ⅱ 原発、放射能に抗する

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価1.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

災害・事故・防災 ランキング

災害・事故・防災のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。