サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

名画の謎 陰謀の歴史篇(文春文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2018/03/09
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • サイズ:16cm/251p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-791040-2
文庫

紙の本

名画の謎 陰謀の歴史篇 (文春文庫)

著者 中野 京子 (著)

古代のハンニバルから、印象派時代のパリの庶民を経て、ナチスに追われるユダヤ人画家まで、過去の実在の人間たちを描いた絵画を紹介し、そこに込められた意味を読み解く。中野京子の...

もっと見る

名画の謎 陰謀の歴史篇 (文春文庫)

929(税込)

名画の謎 陰謀の歴史篇

880 (税込)

名画の謎 陰謀の歴史篇

ポイント :8pt / 紙の本より49おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

このシリーズの最新巻を自動購入できます

続刊予約とは

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • ①お気に入りのシリーズは買い忘れしたくない
  • ②不定期の発売情報を得るのが面倒だ
  • シリーズ購読一覧から、いつでも簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 23.9MB 無制限
Android EPUB 23.9MB 無制限
Win EPUB 23.9MB 無制限
Mac EPUB 23.9MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

古代のハンニバルから、印象派時代のパリの庶民を経て、ナチスに追われるユダヤ人画家まで、過去の実在の人間たちを描いた絵画を紹介し、そこに込められた意味を読み解く。中野京子の人気「名画」シリーズ第3弾。【「TRC MARC」の商品解説】

フェルメール、ゴヤ、グレコなどが描いた絵画から読み解く時代の息吹と人々の思惑。『怖い絵』シリーズも人気の著者の絵画エッセイ。【本の内容】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

花咲く名画たち

2018/10/16 22:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:pinpoko - この投稿者のレビュー一覧を見る

ご存知『怖い絵』シリーズの中野京子氏の新シリーズ。
あとがきにも触れられていることだが、この手の名画鑑賞解説書は、どうしても地域や時代で分類されて編集されることがほとんどだ。でも仕方のないことなんだろう。だってこの長い美術史上に数ある名画たちをどういうくくりで取捨選択すれば、よりみんなの興味をかきたてるのか?歴史画や神話画なら、そのもとになったストーリーか、人物や小道具の微細な描写か、ひょっとしたら登場人物の衣装の美しさに注目する鑑賞者だっているだろう。本当に一枚の絵は、あらゆる要素をその中に含んでいてどのような角度、態度で見るかは人それぞれだから、万人向けの解説などはあるはずもなく、そのため一般的な美術史風にまとめるしかなくなる。

本作品は中野氏がドイツ文学者ということもあってか、やはりその絵が描かれた時代背景や歴史に重点が置かれている。それでも歴史にあまり詳しくないひとのために、それぞれの解説のうしろに歴史年表が添えられているのが今までありそうでなかった工夫だろう。すごくわかりやすかった。

ただ「怖い」とか「陰謀」とか、かなりざっくりしたくくりなので、「怖い絵」展のために絵の貸し出しをお願いしにいったときは、「怖い」の定義を細かく訊かれたりして中々思うように捗らなかったという苦労話を「芸術新潮」で読んだ記憶がある。本作品も「陰謀」の意味合いに拘ると首をかしげるチョイスもあったが、そこはそれ少しでも敷居の高い美術鑑賞に親しみをもってもらうという点ではとても有益だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

楽しく読めて勉強にもなる。

2018/10/06 22:19

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:無能リキ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ハプスブルク家12の物語などのヒット作で知られる中野京子先生の作品
歴史物となると難しい言葉や文章が並ぶ事もあるが先生の作品は読みやすく今まで知らなかった歴史的事項も知れて楽しく読めます。個人的にはあの凜々しいカール五世の絵画、その裏側を知ってビックリその流れでナポレオンに裏も知ってビックリ。何がビックリか本を買いましょう(立ち読み厳禁で)しかし問題はこの本の主役は絵画なのですが文庫なのでどうしても小さく見えづらいなってしまう拡大鏡必需かも。それと見開きに絵画がに載ると真ん中がどうしても見えない、2冊買って一冊はバラして繋ぎ拡大コピーで確認してやろうかと思ったりして。(法律的どうなんだ?)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

この中では

2018/06/03 16:19

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:るう - この投稿者のレビュー一覧を見る

やはり表紙に使われているロンドン塔に閉じ込められた二人の王子の絵が一番印象的。濃厚な悲劇の気配を感じさせる絵を中野さんの硬質な文章で解説。読みごたえがある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/04/08 10:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/01/16 18:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/03/01 12:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

文春文庫 ランキング

文春文庫のランキングをご紹介します一覧を見る