サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ぼぎわんが、来る(角川ホラー文庫)
ぼぎわんが、来る(角川ホラー文庫) ぼぎわんが、来る(角川ホラー文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 43件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

文庫

紙の本

ぼぎわんが、来る (角川ホラー文庫)

著者 澤村伊智 (著)

【日本ホラー小説大賞大賞(第22回)】それが来たら、絶対に答えたり、入れたらあかんて−。田原秀樹のもとに来訪者があった。取り次いだ後輩の伝言に戦慄する。それは生誕を目前に...

もっと見る

ぼぎわんが、来る (角川ホラー文庫)

734(税込)

ぼぎわんが、来る

734 (税込)

ぼぎわんが、来る

ポイント :6pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

このシリーズの最新巻を自動購入できます

続刊予約とは

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • ①お気に入りのシリーズは買い忘れしたくない
  • ②不定期の発売情報を得るのが面倒だ
  • シリーズ購読一覧から、いつでも簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 6.6MB 無制限
Android EPUB 6.6MB 無制限
Win EPUB 6.6MB 無制限
Mac EPUB 6.6MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【日本ホラー小説大賞大賞(第22回)】それが来たら、絶対に答えたり、入れたらあかんて−。田原秀樹のもとに来訪者があった。取り次いだ後輩の伝言に戦慄する。それは生誕を目前にした娘の名前だった…。怪談・都市伝説・民俗学など、様々な要素を孕んだホラー。【「TRC MARC」の商品解説】

中島哲也監督による映画化決定! 空前絶後のノンストップ・ホラー、待望の文庫化!
映画タイトル:「来る」 公開:2018年12月 配給:東宝 
出演:岡田准一 黒木華 小松菜奈/松たか子/妻夫木聡

幸せな新婚生活を営んでいた田原秀樹の会社に、とある来訪者があった。取り次いだ後輩の伝言に戦慄する。
それは生誕を目前にした娘・知紗の名前であった。原因不明の怪我を負った後輩は、入院先で憔悴してゆく。
その後も秀樹の周囲に不審な電話やメールが届く。一連の怪異は、今は亡き祖父が恐れていた“ぼぎわん”という化け物の仕業なのか?
愛する家族を守るため秀樹は伝手をたどり、比嘉真琴という女性霊媒師に出会う。
真琴は田原家に通いはじめるが、迫り来る存在が極めて凶暴なものだと知る。はたして“ぼぎわん”の魔の手から、逃れることはできるのか……。

“あれ”からは決して逃れられない――。綾辻行人・貴志祐介・宮部みゆきら絶賛の第22回日本ホラー小説大賞〈大賞〉受賞作!【商品解説】

著者紹介

澤村伊智

略歴
1979年、大阪府生まれ。東京都在住。幼少時より怪談/ホラー作品に慣れ親しみ、岡本綺堂を敬愛する。2015年に「ぼぎわんが、来る」(受賞時のタイトルは「ぼぎわん」)で第22回ホラー小説大賞<大賞>を受賞しデビュー。巧妙な語り口と物語構成が高く評価されており、新たなホラーブームを巻き起こす旗手として期待されている。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー43件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

最高

2018/11/17 16:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:腐女子であり、リア充(笑) - この投稿者のレビュー一覧を見る

映画化決定作品です。今冬公開らしい。
もうまずストーリーが最高です。
ちなみに人は割と沢山死ぬので注意した方が良いかと。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

映画楽しみ。

2018/09/29 20:41

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ナナカマド - この投稿者のレビュー一覧を見る

面白かった。
怖くはなかったですが。
ホラー的な意味とは別な意味で不快感があって、
その不快感を感じている作中人物たちに共感しました。
そして、
「ぼぎわん」という言葉を思いついたセンスが素敵に好みです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

謎解きが面白さを引き立てる。そして、人の闇が垣間見える

2018/10/13 20:29

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しょうちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

こういう少しずつ迫ってくるホラー小説って好き。
ラストは霊能力者とのバトルのような展開になって、ちょっとラノベ調のホラーかなとも感じましたが、その文章がテンポがよくて読みやすく、頭の中で映像に変換されていきます。
映画化されるのもうなずけます。ただ、1章・2章に面白さを感じていた人にとっては、3章の霊(?)と霊能力者との命をかけたバトルは好みが分かれるところかもしれません。
死の描写も怖くて残酷なはずなのに、気持ち悪さを感じずに一気に読み終えることができました。
とくに好みだったのは、「ぼぎわん」という存在と残された言葉の謎解き部分かな。
民俗学とも絡めていて、説得力を感じさせてくれます。
1章と2章、3章で主役が変わり、「いい人」と思っていた人の「闇」の部分が浮かびあがり、ぼぎわんとは別に人間の仄暗い怖さを感じさせるところも面白く感じました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/10/01 18:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/09/05 21:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/09/22 08:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/03/08 11:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/10/25 16:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/09/24 23:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/08/13 14:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/11/01 23:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/08/14 14:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/08/19 00:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/03/21 21:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/07/18 18:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

角川ホラー文庫 ランキング

角川ホラー文庫のランキングをご紹介します一覧を見る