サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree第三弾 ポイント5倍キャンペーン(~11/5)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 経済・ビジネスの通販
  4. 産業の通販
  5. 日経BP社の通販
  6. 日経BPムックの通販
  7. まるわかりEV電気自動車 ついにトヨタが本気になった!過熱するEV競争、真の勝者はの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

まるわかりEV電気自動車 ついにトヨタが本気になった!過熱するEV競争、真の勝者は(日経BPムック)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2018/03/12
  • 出版社: 日経BP社
  • レーベル: 日経BPムック
  • サイズ:28cm/162p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8222-5736-1
ムック

紙の本

まるわかりEV電気自動車 ついにトヨタが本気になった!過熱するEV競争、真の勝者は (日経BPムック 日経ビジネス)

著者 日経ビジネス (編)

ついにトヨタが本気になった! 激化する電池競争、パナソニックの勝算は? 新旧プレーヤーが入り乱れ、業界勢力図が大変革した電気自動車の「今」を伝える。『日経ビジネス』『日経...

もっと見る

まるわかりEV電気自動車 ついにトヨタが本気になった!過熱するEV競争、真の勝者は (日経BPムック 日経ビジネス)

980(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ついにトヨタが本気になった! 激化する電池競争、パナソニックの勝算は? 新旧プレーヤーが入り乱れ、業界勢力図が大変革した電気自動車の「今」を伝える。『日経ビジネス』『日経ビジネスオンライン』掲載に加筆し書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

新旧プレーヤーが入り乱れ
業界勢力図が大変革

自動車業界を起点に、産業の地殻変動が起こっている。
「EV(電気自動車)」の普及によって、業界勢力図が大きく塗り替えられようとしているのだ。
2017年末には、トヨタがEVに本腰を入れることを発表。業界に激震が走った。
一方、海を渡った英米では新興勢力が着々と存在感を高めつつある。
早くからEVの可能性を見抜いていた米テスラに続き、
英国では家電メーカーのダイソンがEVに参入すると発表した。
勝算はあるのか。日経ビジネスでは国内外のEV最新動向を1冊にまとめて紹介する。
自動車メーカーだけに限らず、周辺の部品メーカーや半導体メーカー、地図、保険、カーシェアなど、
EVや自動運転などの普及によって変わる周辺産業の影響についても予測する。
【商品解説】

2017年末にはトヨタがEVに本腰を入れることを発表。早くからEVの可能性を見抜いていた米テスラに続き英国では家電メーカーのダイソンがEVに参入すると発表。こうした国内外のEV最新動向を1冊にまとめた。自動車メーカーに限らず周辺の部品や半導体メーカー、地図、保険、カーシェアなど、EVや自動運転の普及によって変わる周辺産業の影響についても予測する。【本の内容】

目次

  • ◆Prologue そして、トヨタが本気になった世界で加速するEVの奔流
  •  ・勢力図はこう変わる
  •    自動車メーカー:EV化で参入障壁下がる既存組を脅かす新興勢力
  •    電池:パナソニックと韓国・中国勢が激突航続距離、充電時間で革新を競う
  •    素材:素材の軽量化がEV普及のカギ 日本企業の強み生かすチャンス
  •    半導体:メガトレンドが引き起こす乱戦 米国の2社をルネサスなどが追う
  •    地図:自動運転のカギ握る3次元データ グーグルなど3陣営が連携築く
  •    カーシェアリング:完成車メーカーもシェア参入 中国が注目市場
  •    保険:テレマティクス保険を各社導入 「無事故」時代に改革不可避
  • ◆Chapter 1 EV大変革期戦う日本勢

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

確かに「世界中」が、EVへとなびくトレンドに成りつつ有る、この時代の一冊。

2018/07/17 04:08

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オカメ八目 - この投稿者のレビュー一覧を見る

確かに「世界中」が、EVへとなびくトレンドに成りつつ有るようだ。 一つには、技術的に内燃機関のエネルギー密度に「電池」が、ひたひたと追い上げていて、以前よりは、その「電池」の追い上げのゴールが、はっきりと「あそこだ!」と見えて来た事に有る様だ。ーーー例えば、今開発途上の「金属(Liとかアルミ)ー空気電池」では、エネルギー密度で、内燃機関と肩を並べられるか、追い抜くか当たりまで「理論上」では来てたりするからだ。 ただ、まだその実現には、いくつものハードルや壁があるようで、それらに「世界中」の、大小の企業が立ち向かおうとしてる事を、このムックは言っている様だ。 確かにEVに興味がある方はワクワクして読まれるかもしれないし、事情通の人は、一歩引いて読まれるだろう一冊。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/06/26 18:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

交通・運輸 ランキング

交通・運輸のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む